医院情報

HOME > 医院情報

滅菌・感染症対策

感染させません

アップル歯科は超滅菌主義

スタンダードプリコーションという考え方

歯科医院には、毎日たくさんの患者様が来られます。そしてその患者様の中には、感染性の病気を持たられておられる方も当然おられます。ですから、歯科医院では毎日の治療において、スタンダードプリコーション(標準予防対策)という考えを持って治療にあたっています。これは、「すべての人は伝播する病原体を保有されておられるかもしれない」という考えを持つことで、自身や器具の滅菌・消毒、手指消毒や個人防護具による感染防御を行うことを日常的に徹底することを言います。

つまり、例えば「自分は感染する病気を持っている」という申告がない患者様が治療に来られたとしても、感染している患者様と同じように滅菌・消毒・感染防御を行うことで、自分自身への感染を防ぎ、次の患者様にも感染させることがないということです。

お口に入るものはすべて滅菌

当院では、普段からマスク・手洗い・消毒の徹底はもちろんですが、コロナ禍のような感染症蔓延時にはフェイスガードや防護服・ゴーグルの着用するなど、時勢に合わせて感染防御に対する指針を決定しています。これらはまず、患者様がお持ちの感染症や菌を、自分たちが感染しないための防御となります。

そして最も大切なのが、「患者様に感染させない」ことです。私達歯科医院が治療をするのはお口です。つまり粘膜に直接触れることも多々ある医療行為となります。また、お口の奥には食堂や気道があり、これらは直接体内につながるパイプとなっています。ですから、お口の中に入れる器具や手指は、絶対的に清潔でなければいけません。

そのために、最も大切なことが器具の滅菌です。滅菌とは、文字通り有害・無害問わずの微生物やウイルスなどを殺滅(さつめつ)ことを言い、当院では患者様のお口の中に入る器具はすべてこの@滅菌処理」を行っています。

治療に使用した器具の滅菌工程

洗浄・滅菌の工程

  • 01

    予備洗浄

    使用後の器材は洗浄用のカゴに分別し、手洗いで滅菌対象物(主に口腔内で使うもの)と消毒対象物に肉眼で見える汚れや付着物を除去します。

  • 02

    洗浄

    汚れが落ちにくいものやこびりついた汚れは超音波洗浄機にて音波の力でキレイに落とします。

  • 03

    乾燥・包装・滅菌

    洗浄後は乾燥させ、滅菌パックに包装した状態でオートクレーブ(内部を飽和蒸気によって高温高圧にすることで菌を滅する滅菌器)による滅菌を行います。

  • 04

    保存

    滅菌した器具はそのまま滅菌パックに入った状態で保存され、次回使用時は患者様の目の前で開封します。

タービンやハンドピースも滅菌

歯科医院で使う器具には、実はオートクレーブによる滅菌が難しい形状の機会があります。それがタービンやハンドピースという歯を削る際に使用するドリルの柄のような部分です。

平成24年3月に行われた調査では7割近くの歯科医院がこのタービンやハンドピースの滅菌を常時行っておらず、平成28年12月〜平成29年1月に行われた歯科医師会会員1千人で行われたアンケート調査でも5割近くがタービンやハンドピースの滅菌を常時行っていないということでした。

もちろん「感染症患者と分かった場合に交換・滅菌」という医院や「感染症患者に使用したものは滅菌している」という医院もありますが、感染させないという観点で考えるのであれば滅菌する必要があると私達は考えています。当院では、「DACユニバーサル」という、タービンやハンドピースなどの専用滅菌器を導入していますので、滅菌が難しい形状の器具に関しても患者様ごとに滅菌したものを使用しています。

基本セットもディスポーサブル

医療の現場では、感染症対策のためにしばしば「ディスポーサブル製品」を使用することがあります。歯科であればうがいをするコップ、患者様にかけるエプロン、治療に使用するグローブ、麻酔の注射針などがそれにあたります。

アップル歯科ではこれらに加え「基本セット」というすべての患者様に使用する治療器具に、滅菌済みのディスポーサブル製品を使用しています。滅菌済の治療器具ももちろん安全で感染のリスクはありませんが、これによって万が一のセメントの取り残しなども一切なくなるため、安心してお口の中で使用できます。

この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾 瞳子です。

待合室のご案内

待合室について

お待ち頂く時間を少なくするために

当院は診療台4台で、予約中心の診療を行っております。お一人様の時間は通常30分、自由診療であれば1時間程度と、一人ひとりにお時間をかけた治療が特徴の歯科医院です。

そのため、30分ごとに患者様の入れ替わりがあり、最大8名程度の患者様が院内に同時間におられ、入れ替わりの時間帯は待合室が混雑する可能性がございます。

ですから、可能な限り次回のご予約を診療台にてお取りさせていただくようにしております。また、お会計においてもアプリ内で登録したクレジットカードから決済頂くシステム(ご希望の場合はスタッフにお申し付け下さい)や、電子マネーやクレジットカードによる決済にも対応しております。

また、初めての患者様につきましては、WEB問診票をご利用頂くことで、記入時間(約5分程度)を短縮することも可能です。

待ち時間なく治療を受けて、治療が終わればなるべく早く医院を出ていただくことで、待合室での混雑・密な状態を回避できるよう努めておりますので、患者様におかれましても待合室の混雑回避・密な状態の防止にご協力頂けますようお願いいたします。

ご来院されたら

ご来院いただきましたら、まず受付にあるQRコードで診察券アプリから「チェックイン」をお選びいただき、受付をお願いいたします。アプリをご利用いただければ、診察券をお出し頂く必要はございません。

その後、順番が参りましたらお呼びいたしますので、しばらくおかけになってお待ち下さい。

ご用意しておりますコーヒーや紅茶、カフェオレなどの香り高いお飲み物は、診療前であってもお飲みいただいても構いません。(診療台につかれましたら軽くうがいをお願い致します。

待合室がいっぱいのときは

待合室が混雑している際は、恐れ入りますが医院入り口外の廊下にてお待ちいただけますようご協力お願いいたします。

廊下には椅子・簡易的な冷暖房器具・ウォーターサーバーや香り高いお飲み物をご用意しておりますので、受付(QRコード※診察券アプリご利用の場合)を済ませてから、医院前にてお待ちいただくことがあります。順番が参りましたらスタッフがお迎えにあがります。(外にてお待ちいただく場合は受付にお電話番号をお伝え下さい。

ご予約時間通りに院内にお通しできるよう努めますので、少しの間だけ入口の前でお待ちいただけますようお願いいたします。

お会計について

お会計は、現金(半自動精算機)・クレジットカード・電子マネー(タッチ決済・QRコード決済)・アプリ決済(要登録)が可能です。

現金の場合は精算機にお金を投入していただき、クレジットカード・電子マネーの場合はリーダーにタッチもしくはご自身のコードをリーダーに読み取らせて下さい。当院側のQRコードを読み込むタイプではございませんのでご注意下さい。

準備が整いましたら及び致しますので、受付前もしくは医院前にてお待ち下さい。(アプリ決済の場合はクリニックを出てからの決済も可能です)

当院のご案内

当院について

医院名 梅田アップル歯科
院長 丸尾瞳子
住所 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビルディング5階
診療台数 個室4台(内1台特別診察室【個室】)
電話番号 06-6371-0418
FAX番号 06-6371-0417
法人名 医療法人社団アップル歯科クリニック(兵庫県明石市)
理事長 吉見哲朗
開業日 2021年1月26日

梅田アップル歯科はJR大阪駅・阪急・地下鉄梅田駅よりほど近くに、兵庫県4医院の患者様より「大阪にもアップル歯科が欲しい」というご要望にお応えする形で開業した歯科医院です。駅前の歯科ですので、「歯が取れた」「急な痛み」の際にご利用頂くことももちろん歓迎ですが、アップル歯科の特徴は「しっかりキレイに治すための治療」です。

最初は「取れた・欠けた・痛い」でご来院頂ければ結構です。よければそこから「しっかりキレイに治す」治療を始める切っ掛けにして頂ければ幸いです。私たちの最終的な目標は「もう悪くならないようにキレイに治してしっかり予防」をすることです。また、カウンセリングや治療の相談なども承っておりますので、歯で悩んでおられる方でしたらお気軽にご相談頂ければ幸いです。スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

image

法人の概要

名称 医療法人社団アップル歯科クリニック
運営本部所在地 郵便674-0057
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1
TEL:078-935-9757
設立年月 2010年4月
理事長 吉見 哲朗
理事 和気 正和、前林 千代美、吉見 絹枝、吉見 公之
顧問弁護士 松尾 洋輔 (堂島法律事務所)
顧問社労士 石崎 清一(社労士げんき合同事務所)
業種 歯科診療所
診療内容 一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科、審美歯科、訪問歯科、スポーツ歯科、インプラント治療
事業所数 3箇所
明石アップル歯科(兵庫県明石市)
加古川アップル歯科(兵庫県加古川市)
三宮アップル歯科(兵庫県神戸市)
アップル歯科尼崎駅前(兵庫県尼崎市)
梅田アップル歯科(大阪府大阪市)
従業員数 105名

梅田アップル歯科は、兵庫県内に4医院を構える医療法人社団アップル歯科クリニックに属する大阪初の歯科診療所です。医療法人社団アップル歯科クリニックは、2004年、兵庫県明石市に開業し、2014年に加古川アップル歯科、2016年に三宮アップル歯科と患者様の増加に伴い新たな医院を展開してきた医療法人です。通常の分院展開とは異なり、全てが本院というコンセプトのもと、どこでどの歯科医師の治療を受けても同じ結果を得られるよう、技術・知識の底上げや治療設備の統一を図り、日々研鑽を続ける法人です。また、治療は予防への第一歩と考え、治療した後に予防でもう悪くならないようにする、そんな予防中心の診療で皆様のホームドクターを目指しています。

法人案内

医療法人社団アップル歯科クリニック

2004年に開院、2010年に法人化した医療法人です。

医療法人社団アップル歯科クリニックは、2004年に理事長 吉見哲朗が開院した明石市大久保町の「アップル歯科クリニック」という小さな歯科医院から始まった歯科医院です。当初から「レベルの高い治療を地域の皆様に」をモットーに、他のエリアでの開業など考えもしていませんでした。しかし、2014年、たくさんの患者様にお越し頂いた結果、「予約が取りづらい」という患者様のご不満を解消するため、信頼に至る歯科医師が成長したことをきっかけに、初の第2医院「加古川アップル歯科」を開院。その結果、「アップル歯科の治療クオリティ」を落とすことなくより多くの患者様を診させていただくことができるようになりました。それ以降アップル歯科は、信頼に至る歯科医師が育つとともに、他の地域でもアップル歯科の治療を受けて頂くことができるよう、新たな医院を展開しています。

当医療法人は、分院を作りません。すべてが本院、そして全ての歯科医師が学びを続ける集団です。

名称 医療法人社団アップル歯科クリニック
運営本部所在地 郵便674-0057
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1
TEL:078-935-9757
設立年月 2010年4月
理事長 吉見 哲朗
理事 和気 正和、前林 千代美、吉見 絹枝、吉見 公之
顧問弁護士 松尾 洋輔 (堂島法律事務所)
顧問社労士 石崎 清一(社労士げんき合同事務所)
業種 歯科診療所
診療内容 一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科、審美歯科、訪問歯科、スポーツ歯科、インプラント治療
事業所数 5箇所
明石アップル歯科(兵庫県明石市)
加古川アップル歯科(兵庫県加古川市)
三宮アップル歯科(兵庫県神戸市)
アップル歯科尼崎駅前(兵庫県尼崎市)
梅田アップル歯科(大阪市北区)
なんばアップル歯科(2021年開院予定)
従業員数 104名

兵庫・大阪のアップル歯科

アップル歯科のグループ医院

アップル歯科尼崎駅前

  • 兵庫県尼崎市長洲本通1-4-18 ヴィラレオーネ1F
  • 2020年開院

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • 2016年開院

明石アップル歯科

明石アップル歯科
  • 兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1
  • 2004年開院

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • 2014年開院

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2-1-21 大阪髙橋ビルディング5階
  • 2021年開院予定

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科
  • 開設準備中

医療法人社団アップル歯科クリニック

当法人について

当法人(医療法人社団アップル歯科クリニック)は、「お口の健康、それはHappy Lifeにつながります。あなたの幸せのお手伝い」という医院理念を掲げ、ただ単に歯を診るだけではなく、その先にある患者様の幸せにつながるような治療を提供することを目指し、日々診療に取り組んでいます。

私たちアップル歯科クリニックのスタッフは、患者様のためになることが医院のため、自分のためにつながるという考えのもと、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の有資格者はそれぞれ、年単位の勉強会や歯科セミナーに参加し、歯科助手や受付スタッフも接遇や歯科助手の勉強会等に参加しています。

アップル歯科クリニックは、患者様のお口の治療を通じて幸せにお手伝いできるよう、学び続けるスタッフの集団です。

image

理事長経歴と遠隔

医療法人社団アップル歯科クリニック

医療法人社団アップル歯科クリニックと理事長吉見哲朗のこれまでの歩み

年月 沿革
1999年 国立徳島大学卒業 医療法人社団歯友会 赤羽歯科(東京)勤務
2003年 うしじま歯科医院勤務(神戸)
2004年 5月 アップル歯科クリニック 開設
2006年 6月 アップル歯科クリニック 移転 リニューアルオープン
2009年 3月 CT機器導入(歯科用X線CT診断装置プレビスタ)
2010年 1月 マイクロスコープDENTA300 
2010年 5月 医療法人社団設立 法人名:医療法人社団アップル歯科クリニック
2010年 6月 アップルデンタルラボ(院内ラボ)新設
2011年 10月 手術室・リラックス(リカバリー)ルーム新設
2012年 8月 セレック導入
2013年 3月 院内IT化・チェアサイドWモニター導入
2013年 4月 ビストロアップル(院内食堂)オープン
2013年 12月 クラスB滅菌システム導入
2014年 7月 訪問診療開始
2014年 10月 加古川アップル歯科(CT・オペ室完備) 開院
2014年 12月 加古川アップル歯科 診療台数増設
2015年10月 明石アップル歯科 ペッパー導入
2016年 1月 加古川アップル歯科 ペッパー導入
2016年10月 訪問診療開始
2016年10月 三宮アップル歯科(CT・特別診察室完備) 開院
2017年10月 三宮アップル歯科 7階開設 診療台数増設
2017年12月 明石アップル歯科 高気圧酸素ボックス導入
2018年 3月 三宮アップル歯科・加古川アップル歯科 診療台数増設
2018年 7月 明石・加古川・三宮 電子マネー決済システム導入
2019年 3月 アップルデンタルラボ 三宮(院内ラボ)新設
2020年 6月 アップル歯科尼崎駅前(CT・特別診察室完備) 開院
2020年 9月 三宮アップル歯科 3Fリニューアル 診療台2台増設
2020年 9月 明石・加古川・三宮 電子マネー決済システム導入
2021年 1月 梅田アップル歯科開院

理事長 吉見について

医療法人社団アップル歯科クリニック

理事長

吉見 哲朗

略歴

1999年
国立徳島大学卒、医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 池袋病院勤務
2003年
うしじま歯科医院勤務(神戸)
2004年
アップル歯科クリニック 開設
2006年6月
アップル歯科 移転・リニューアルオープン
2010年5月
医療法人社団アップル歯科クリニック 理事長就任
2014年10月
加古川アップル歯科 開院
2016年10月
三宮アップル歯科 開院
2020年6月
アップル歯科尼崎駅前 開院
2021年1月
梅田アップル歯科 開院

所属学会

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本臨床歯周病学会
  • ICOI インプラント学会 ※1
    • 2006年 2月 認定医取得
    • 2010年 8月 専門医取得
    • 2011年 10月 指導医取得
  • IPOI インプラント学会
  • 顎咬合学会
  • 臨床研修指導医
  • OJ(オッセオインテグレイション・スタディクラブ・オブ・ジャパン)正会員

※1
ICOI国際口腔インプラント学会
「ICOI」とは、アメリカを中心に全世界で活動しているインプラントの専門学会で、日本には約200人の認定医が存在します。

StudyGroup

  • 臨床歯科を語る会(東京)会員
  • Mid-G 会員
  • デンタルコンセプト21
  • ISO(International Soceity of Osseointegration)
  • 大阪SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)
  • JACID(The Japan Association of Clinical Implant Dentistry)

食を通じて健康でHappyな生活が出来る。

皆様にそんな ~ Happy Life ~ を送る、お手伝いをさせて頂きたいと思います。

ライセンス・セミナー

  • ブローネマルク インプラント アドバンス コース
  • Dr.マロのオールオン 4コース
  • LSIイングリッシュスタディー 取得
  • バイオメンド(GTR法) 取得
  • フリアリット2インプラント取得
  • [インプラント] ストローマン インプラント 取得
  • [インプラント] POIインプラント 取得
  • [インプラント] アストラテックインプラント取得
  • メデントインストラクターコース取得
  • ホワイトニングセミナー取得
  • ミニ・インプラント取得
  • CHP ヘルスプロモーション リーダーズミーティング
  • 咬合育成ゼミ
  • GTR、GBRセミナー
  • [インプラント] ブローネンマルクインプラント取得
  • JMM インプラントマスターコース
  • [インプラント] ディアルトップインプラント取得
  • [矯正] ディップ・エッジ・フォローコース
  • [矯正] ローフリクション・ベーシック・アドバンスコース
  • [インプラント] JSOI(日本口腔インプラント学会)インプラント100時間コース
  • 日本顎咬合学会 「咬み合わせ認定医」
  • [インプラント] ニューヨーク大学CDE(Continuing Dental Education)インプラントプログラム卒業
  • SJCDレギュラーコース受講(×2)
  • AACD受講
  • Dr.Khayato インプラント研修会(フランス・パリ)終了
  • The 15th ICOI国際口腔インプラント学会 Asia Pacific Section Congress(ベトナム・ホーチミン)

医院理念

当院の理念

お口の健康、それはHappy Lifeにつながります。
あなたの幸せのお手伝い

Smile makes you happy!

医院理念の意味

医院理念について

当院の考え方

お口は健康の入り口と言われています。人が生きるために必要な栄養を摂取するのもお口からですし、人とコミュニケーションを取るために言葉を発するのもお口からです。

さらにはスポーツで力発揮するためにグッと食いしばるのもお口であり、呼吸をするのもお口です。

ですから、人が幸せに生きるために壊していけないものがお口であり、守らなければならないのがお口の健康です。

そして我々歯科医療従事者は、そんなお口の健康を守る重要な役割を担っています。

アップル歯科では、ただ何にむし歯や歯周病を治療するだけではなく、治療することで「悩みがなくなった」「笑顔で話せるようになった」「おいしい食事ができるようになった」と、患者様の幸せにつながるような治療を提供していきたいと考えています。

治療に対する考え方

1口腔1単位

アップル歯科では、お越し頂いた患者様の治療にあたる際、「悪くなった歯のみ」を診る治療は適切ではないと考えています。

お口にトラブルがあった時、実はその原因が噛み合っている隣の歯や対合する歯であったり、咬み合わせの問題であることは少なくありません。

また、むし歯や歯周病は感染症で、実は痛みが出ていない歯にも感染が進んでいるということはよくある話です。そしてせっかく歯医者に行ったものの、主訴以外の歯の疾患がみつけられなければ、次に患者さんが痛みを覚えて相談に来た際、再び大きく削らなければなりません。ですからアップル歯科では痛くない他の歯も含めて、ご来院頂いた際はお口全体を診させていただくことを徹底しています。

そして当院では予防を第一に考えた診療を行っております。治療した歯が再び悪くならないよう、そして他の健康な歯が今後悪くならないよう、予防で当院をご利用いただくことが、患者様の幸せのお手伝いになると考えています。

お口の健康それはHappy Lifeにつながります。

あなたの健康のお手伝い。

3つの「ため」を大切にしています
患者様のため

患者様のために一生懸命治療を行ない、患者様に喜ばれる治療を提供します。そしてそれは結果として、評判や口コミとなって医院の為になり、最終的に感謝やお礼として自分自身に還元されます。

医院のため

医院のために一丸となって働く事によりお互いがお互いを高めあい、自分自身が成長していきます。その成長はやがて治療の成果として実り、患者様のクオリティ・オブ・ライフを高めます。

自分のため

自分の為に働いているつもりが患者様からの感謝の言葉や励ましにより利他的な喜びを得ます。利他は利己的な自分を抑え人間的な成長を促し、その器が医院の受け皿となって新たな患者様への喜びとつなげます。

患者様のお口の健康を守ることで、幸せな人生をサポートし、その利他的な喜びが自分の成長へとつながっていく。その成長こそが医院のチカラとなり、さらに良い循環を続けていきます。

クレド(使命)

Action guidelines

クレドとは

クレド(Credo)とは、法人全体のスタッフが統一して心がける信条や行動指針のことです。

当院では、スタッフの意思統一を図るため、クレド(使命)という行動指針を定めています。私たちはこのクレドに沿った行動を心がけることで、医院理念である「お口の健康、それはHappy Lifeにつながります。あなたの幸せのお手伝い。」を実現させる一助としています。

アップル歯科の行動指針

私たちのクレド

  • 私たちは、患者様にとって一番のクリニックになります。
  • 私たちは、HAPPY LIFEをお手伝いします。
  • 私たちは、患者様もスタッフも笑顔が絶えないクリニックを作ります。
  • 私たちは、患者様に笑顔で接し、3回以上はお名前をお呼びします。
  • 私たちは、患者さまの身体だけでなく、心も癒し幸せにします。
  • 私たちは、患者様に感動を与えます。
  • 私たちは、患者様との時間を大切にします。
  • 私たちは、常に整理、整頓、清潔に全力を尽くします。
  • 私たちは、予防の定着化を実現させます。
  • 私たちは、患者様の立場になって考えます。
  • 私たちは、ていねい、親切な対応をします。
  • 私たちは、コミュニケ-ションを大切にし、満足な治療をします。
  • 私たちは、向上心を忘れずに日々勉強します。

アップル歯科クリニックはおもてなしの心と最良の医療を提供します。

image
image

よくある質問

よくある質問

Q.予約は必要ですか?
A.はい、基本的にはご予約頂いてからお越しください。予約なしでも診させていただきますがが、空き時間ができるまで待合室でお待ちいただくことになります。当日でもご連絡いただけましたら、キャンセル枠や急患枠をご案内致しますが、それがない場合でも比較的お時間がとりやすい時間帯をお知らせいたします。
Q.先生の指名はできますか?
A.ご希望に添えないこともあります。患者様のお口の状態を診た上で、症例に応じて適切なドクターにて担当させて頂きます。
Q.クレジットカードは使えますか?
A.はい。使えます。その他、電子マネーもほとんどご利用いただけます。保険診療・自由診療のくくりもございませんので、すべての治療でご利用いただくことが可能です。
Q.分割払いはできますか?
A.はい、インプラントや矯正治療、複数の歯のセラミック治療など、費用が大きな治療に関しては、分割払いも承っています。分割払いに手数料等はかかりません。お支払いは、治療が進むごとに納めて頂き、治療完了までにすべてお支払いいただけますようお願い致します。もっと長く回数をわけての支払いを希望される場合は、デンタルローンのご利用が便利です。(金利3.9%)
Q.他のアップル歯科から転院は可能ですか?
A.はい、もちろん可能です。これまでの治療履歴や治療情報は引き継いでお受けいたしますが、他のアップル歯科と当院は法人は同一でも別の医療機関となります。そのため、初診時には初診料が必要となります。また、レントゲンやCT等のデータは、移行できる場合とできない場合があります。移行できない場合は、時期を見て再度お撮りさせていただくこともございますのでご了承下さい。
Q.他の予約サイトからの予約も有効ですか?
A.はい、EPAR等の予約も有効ですが、仮予約となります。仮予約は一旦その日時でご予約希望としてお知らせいただき、改めてこちらからその日時にご予約可能かどうかをご連絡させていただく形になります。何度もやり取りをするのが煩わしい場合は当サイトの「簡単WEB予約」をご利用下さい。簡単WEB予約は本予約となります。
Q.当日の予約でも治療可能ですか?
A.はい、可能です。ただし、新患枠やキャンセル枠が空いていましたら通常通りの初診対応が可能ですが、急患枠の場合はお待ちいただく時間ができたり、応急処置に実生ってしまう場合もございます。その場合はお痛み等の処置が中心となり、後日きちんとした治療を行う予約をおとり頂きます。
Q.他院で治療中ですが転院は可能ですか?
A.はい、可能です。ただし、治療の状態を診させて頂いた上で当院での治療計画を立てさせて頂きます。レントゲン等のDATAはお持ちいただけましたら診断の材料として使用させていただきますが、治療にするためには当院のデジタル機器で撮影させていただく必要があります。ご了承いただけますようお願い致します。
この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。

待ち時間をなくすために

待ち時間ゼロをを目指す取り組み

当院ではご予約を患者様とのお約束と考えています。

患者様との時間を大切に

当院では患者様とのご予約を、大切な「お約束」と考え、ご予約頂いた時間どおりに診療室にお通しし、予定通りの時間にお帰りいただけるよう努めています。

「歯医者」とういと「待ち時間が長い場所」を連想する方も少なくないかと思います。歯医者に限らず、医療機関では待ち時間が長いと感じたことは一度はあると思います。しかし、例えばこれが美容院だとどうでしょうか?おそらく、時間通りに行って、時間通りに終わることが多いのではないでしょうか?おそらくこれは、予約をきちんと管理し、事前に「カット」「パーマ」「カラーリング」と、施術内容を確認しているからだと思います。

私たちは、このやり方であれば歯医者でも待ち時間をなくせると考えています。もちろん、そのためには施術を時間内にしっかり技術を身に着け、あらかじめ次回の治療内容を決めておく必要がありますが、それができれば、予約システムを使い、待ち時間の無い歯医者は実現できると信じています。アップル歯科は、患者様との大切なお約束をしっかり守り、ここに来て良かったと思ってもらえる歯医者になるため、ご予約通りの診療時間を徹底してまいります。

image

患者さんの予約を把握するため

予約システムを導入しています

予約時間を守るための取り組みの一つとして、WEBを使った予約システムを導入しています。

一昔前まで、歯医者の予約はノートに線を引き、手書きで管理されていました。手書きの予約表では、そのものがない場所では予約もできなければ、確認することもできません。しかしWEBの技術を使うことにより、複数のスタッフが、あらゆる場所から予約を確認・追加・変更することが可能です。もちろんWEB予約も可能となります。このWEB予約システムを利用することで、歯医者の予約はかなり精密に管理することができるようになっています。アップル歯科ではこの予約システムを利用し、前回の治療・次回の治療・担当医など細かに確認することで、待ち時間の削減に活かしています。

image

予定通りの治療を行うために

治療時間を長めに設定しています

アップル歯科では、患者様お一人お一人の治療時間を、保険診療の場合で30分、自由診療の場合は45〜60分、新規の患者様であれば60分と、長めにお取りしています。

これにより、歯科医師・歯科衛生士は余裕を持って施術に臨むことが出来る他、時間が余れば更に治療をすすめることも可能ととなります。アップル歯科にとって大切なことは、たくさんの患者様を診ることではなく、お越し頂いた患者様をしっかり治療することにあります。中には「少しでも早く終わらして欲しい」と思う方もおられるかもしれませんが、私たちの思う歯科治療のゴールは、もう悪くならないための予防歯科です。そのためにも、しっかり時間を確保し、丁寧に治療する必要があると私たちは考えます。

image

治療後もすぐにお帰りいただくために

お会計と次回予約も時間短縮

アップル歯科では、治療終了後にすぐに患者様がお会計を終え、お帰りいただけるように「チェアサイド予約」と「キャッシュレス決済」を導入しています。ご予約は、治療終了後にそのまま診療台でお取りいただくことも可能ですし、クレジットカードや電子マネーでお金のやり取りを省くことも可能です。一部の治療においては、アプリで後から決済できる「お会計さん」システムも

また、お薬はほとんどの場合が院内処方となりますので、終了後調剤薬局にお寄りいただく必要もありません。

image

患者様へのお願い

お願いとお知らせ

時間通りの快適な診療に向けて

ご予約について

ご予約をいただいておりますお時間は、皆様の貴重なお時間をいただき、診療を行なっております。当院では、ご予約の時間通りに診療が出来る様、細心の注意をはらって日々診療に臨んでいます。

そのため
皆様一人一人の「予約時間を守る」というご協力が必要になります。
誰かが遅れると
次の患者様をお待たせし、貴重なお時間を無駄にしかねません。
できれば
ご予約の5分前にお越し下さい。
現実には
医療現場の為、急なお痛みの方、事故の方等で予想以上にお時間がかかる場合もございます。 随時お知らせ致しますので、ご了承下さい。

これらはあくまでお願いになります。もちろん、お仕事の事情や交通事情など、不測の事態もあることは存じています。それでも患者様と当院スタッフがお互いに協力することで、待ち時間なく快適な治療につながるものと考えています。

image

急なご予定、ご事情ができた場合

ご予約の変更について

ご予約を頂いた日時に、どうしても来れない事情ができてしまった場合、

  • ご予約の日時に来られなくなった場合は、なるべくお早めにご連絡下さい。ご予約の変更をさせて頂きます。
  • 当日、急なご予定などでお越し出来ない場合もご連絡いただけますようお願い致します。
  • 無断キャンセルはおやめいただけますようお願い致します。
  • ご予約日時の変更は、お電話にてお願い致します。メール相談やLINE相談では変更を承れないことがあります。
image

ご予約日を忘れないために

予約確認連絡サービス

予約の日を忘れてしまいそう・・・と心配な方、ご予約の前日にこちらから診察券アプリにて予約日時のお知らせをしております。診察券アプリのご登録により、円滑な治療・ご予約にご利用下さい。

スマートフォンをお持ちでない方には、メールもしくはSMS(ショートメッセージサービス)による予約確認連絡を送信させていただいております。

image
確認方法 配信元
メールの場合 “noreply@stransa.co.jp” からメールを配信します。メールを受信できるよう設定の変更をお願いします。
SMS(ドコモ・au)の場合 “050-5213-0948” から送信します。
SMS(softbank)の場合 “21061” から送信します。

次回予約がなかなか取れない方へ

キャンセル待ちシステム

平日午後5時以降及び土曜日のご予約が混雑が見込まれます。そこで、次回のご予約まで日時があいてしまう方や、ご希望の方を対象に、他の患者様にキャンセルが出た場合、順次お電話させていただいております。キャンセル待ちをご希望される方は、お気軽にお申しつけ下さい。

image

アップル歯科の7つの特徴

アップル歯科の治療の特徴

特徴1

予防中心

予防や検診を大切にしています。

当院では、単純にむし歯や歯周病を治療するだけではなく、今回治療した歯が再びむし歯や歯周病にならないように治療するよう努めています。実は歯医者の治療の大半は、むし歯の西市町と言われています。また、歯周病は大げさにいうと日本人の80%が罹患しているとも言われています。せっかく治療をしても、しばらくするとまた同じ悩みで歯医者にかかる、そんな繰り返しをなくすために有効な手段が予防歯科です。しかし、保険診療が行き渡る日本では、治療費を抑えられるという反面、悪くなってから治療をするという習慣が常態化しています。歯は、一度削ると二度とは元に戻りません。大切な体の一部をこれ以上失わない為に予防をする、そんな予防歯科の普及を私たちは目指しています。

image

特徴2

笑顔と優しさ

私たちは患者様を笑顔でお迎えします。

日本には「歯医者が嫌い」という方がたくさんおられます。その理由の多くは「痛いから」「怖いから」。確かに、歯医者の治療は痛かったかもしれませんし、小さな虫歯をじっと見つめてムスッとした歯科医師に治療をされるのは心地の良いものではないかと思います。しかし、私たち歯医者で働く人間も何も嫌われたいわけではありません。できれば患者様と笑顔でご挨拶できる、そんな間柄でありたいと思っています。そのためには、まず歯科治療が痛くないこと、そして私たち医療従事者が怖くないことが大切であると考えています。これまで歯医者が苦手だった方も笑顔で通える歯科医院を私達は目指しています。

image

特徴3

痛くない治療

治療の痛みが苦手な人が通える歯科を目指します。

歯科治療は痛いものと、多くの人が信じて疑わないかと思います。もちろん、歯を削り、神経に触れることもある歯科治療の痛みは、麻酔なしでは我慢できないほどの痛みであることは確かです。しかし、現在ではこの「痛み」に対して、有効な手段がたくさんあります。そもそも、歯科治療時の痛みは麻酔をしっかり効かせることができれば、しっかり消失できると言われています。ですから私たちは、まずその麻酔が痛くないように、そして麻酔をしっかり効かせて治療時の痛みを抑えることを、アップル歯科の歯科医師の第一段階として定義付け、トレーニングを行っています。歯医者の痛みが苦手な方も治療が受けられる歯科医院、私たちはそんな歯医者を目指しています。

image

特徴4

インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセント(説明と同意)を徹底し、よく説明し、同意を得た上で治療します。

歯科治療のトラブルの多くは、説明不足や勘違いから起こることが多くあります。「こんなに削られるとは思っていなかった」「こんな歯になるとは思っていなかった」「こんなに費用のかかる治療は望んでいなかった」これらのトラブルは、しっかり説明をし、患者様の同意を得て行えば起こり得ないトラブルです。ですからアップル歯科では、すべての患者様に1回以上のカウンセリングを行うことで、説明と同意を徹底しています。また、普段の治療においても「今から○○をします」と、処置をする前にお声掛けすることも大切にしています。

image

特徴5

時間を大切に

予約時間を守り、待ち時間をなくす努力をします。

歯医者の嫌いな特徴として「待ち時間の長さ」があげられることが多くあります。これは歯医者の治療には、病院の「診察」と違って処置が伴うことが原因の一つとして考えられます。例えば病院なら、問診をして、聴診器を当てて、お口の中を診て、お薬が出て終わることもあるかもしれません。しかし歯医者はむし歯があればそれを処置する必要がありますし、お痛みがあればその原因を突き止め、痛みの原因を取り除く必要があります。しかし、どの処置も訓練を積み重ねれば、時間通りに終えることができるようになります。アップル歯科ではご予約制で処置にかかる時間をしっかり取ることで、待ち時間の少ない歯医者を徹底しています。私たちは患者様のご予約を「お約束」と考えています。

image

特徴6

長いお付き合い

資料を安全に保管し、永年に渡るお口の健康維持に役立てます。

アップル歯科は、治療にあたるための「資料の作成と保管」を徹底しています。特に初診の患者様のお口の状態は、その時点でしか保管することができません。そしてその資料には、今回歯医者にかかることになった疾患の原因が隠されています。レントゲン・写真、場合によっては光学印象・模型やCTなど、これらは治療をするためだけではなく、治療後に悪くならないためのヒントと言えます。また、私たちはいくら技術が上達しても、私たちが人間であることを忘れません。人は失敗をする生き物です。だからこそ失敗をしないために、自分以外の歯科医師の診断や見解を得るため、患者様ごとの資料を複数の歯科医師で治療法を検討しています。私たちは大切な資料からきちんと治療し、保管することで予防につなげています。

image

STEP7

日々勉強

常に新しい治療、良い治療を取り入れます。

医療は日進月歩、歯科治療も然りです。歯科の業界では、実は毎月・毎週のように至るところでセミナーや勉強会、学会が行われています。そしてその場には、新たに開発された治療や器具、お薬などが集まっています。私たちアップル歯科の歯科医師は、これらの新たな情報をつぶさにキャッチし、良いものはすぐに医院に落とし込めるよう、国内外のセミナーに参加し、診療の合間を縫って研鑽を続けています。私たちはライセンスを取れば終わりの仕事ではなく、スマートフォンやパソコンにアップデートがあるように、歯科医師もアップデートが必要な仕事であると考え、学びを続けています。

image

アップル歯科の治療の特徴

特徴1

予防中心

予防や検診を大切にしています。

当院では、単純にむし歯や歯周病を治療するだけではなく、今回治療した歯が再びむし歯や歯周病にならないように治療するよう努めています。実は歯医者の治療の大半は、むし歯の西市町と言われています。また、歯周病は大げさにいうと日本人の80%が罹患しているとも言われています。せっかく治療をしても、しばらくするとまた同じ悩みで歯医者にかかる、そんな繰り返しをなくすために有効な手段が予防歯科です。しかし、保険診療が行き渡る日本では、治療費を抑えられるという反面、悪くなってから治療をするという習慣が常態化しています。歯は、一度削ると二度とは元に戻りません。大切な体の一部をこれ以上失わない為に予防をする、そんな予防歯科の普及を私たちは目指しています。

image

特徴2

笑顔と優しさ

私たちは患者様を笑顔でお迎えします。

日本には「歯医者が嫌い」という方がたくさんおられます。その理由の多くは「痛いから」「怖いから」。確かに、歯医者の治療は痛かったかもしれませんし、小さな虫歯をじっと見つめてムスッとした歯科医師に治療をされるのは心地の良いものではないかと思います。しかし、私たち歯医者で働く人間も何も嫌われたいわけではありません。できれば患者様と笑顔でご挨拶できる、そんな間柄でありたいと思っています。そのためには、まず歯科治療が痛くないこと、そして私たち医療従事者が怖くないことが大切であると考えています。これまで歯医者が苦手だった方も笑顔で通える歯科医院を私達は目指しています。

image

特徴3

痛くない治療

治療の痛みが苦手な人が通える歯科を目指します。

歯科治療は痛いものと、多くの人が信じて疑わないかと思います。もちろん、歯を削り、神経に触れることもある歯科治療の痛みは、麻酔なしでは我慢できないほどの痛みであることは確かです。しかし、現在ではこの「痛み」に対して、有効な手段がたくさんあります。そもそも、歯科治療時の痛みは麻酔をしっかり効かせることができれば、しっかり消失できると言われています。ですから私たちは、まずその麻酔が痛くないように、そして麻酔をしっかり効かせて治療時の痛みを抑えることを、アップル歯科の歯科医師の第一段階として定義付け、トレーニングを行っています。歯医者の痛みが苦手な方も治療が受けられる歯科医院、私たちはそんな歯医者を目指しています。

image

特徴4

インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセント(説明と同意)を徹底し、よく説明し、同意を得た上で治療します。

歯科治療のトラブルの多くは、説明不足や勘違いから起こることが多くあります。「こんなに削られるとは思っていなかった」「こんな歯になるとは思っていなかった」「こんなに費用のかかる治療は望んでいなかった」これらのトラブルは、しっかり説明をし、患者様の同意を得て行えば起こり得ないトラブルです。ですからアップル歯科では、すべての患者様に1回以上のカウンセリングを行うことで、説明と同意を徹底しています。また、普段の治療においても「今から○○をします」と、処置をする前にお声掛けすることも大切にしています。

image

特徴5

時間を大切に

予約時間を守り、待ち時間をなくす努力をします。

歯医者の嫌いな特徴として「待ち時間の長さ」があげられることが多くあります。これは歯医者の治療には、病院の「診察」と違って処置が伴うことが原因の一つとして考えられます。例えば病院なら、問診をして、聴診器を当てて、お口の中を診て、お薬が出て終わることもあるかもしれません。しかし歯医者はむし歯があればそれを処置する必要がありますし、お痛みがあればその原因を突き止め、痛みの原因を取り除く必要があります。しかし、どの処置も訓練を積み重ねれば、時間通りに終えることができるようになります。アップル歯科ではご予約制で処置にかかる時間をしっかり取ることで、待ち時間の少ない歯医者を徹底しています。私たちは患者様のご予約を「お約束」と考えています。

image

特徴6

長いお付き合い

資料を安全に保管し、永年に渡るお口の健康維持に役立てます。

アップル歯科は、治療にあたるための「資料の作成と保管」を徹底しています。特に初診の患者様のお口の状態は、その時点でしか保管することができません。そしてその資料には、今回歯医者にかかることになった疾患の原因が隠されています。レントゲン・写真、場合によっては光学印象・模型やCTなど、これらは治療をするためだけではなく、治療後に悪くならないためのヒントと言えます。また、私たちはいくら技術が上達しても、私たちが人間であることを忘れません。人は失敗をする生き物です。だからこそ失敗をしないために、自分以外の歯科医師の診断や見解を得るため、患者様ごとの資料を複数の歯科医師で治療法を検討しています。私たちは大切な資料からきちんと治療し、保管することで予防につなげています。

image

STEP7

日々勉強

常に新しい治療、良い治療を取り入れます。

医療は日進月歩、歯科治療も然りです。歯科の業界では、実は毎月・毎週のように至るところでセミナーや勉強会、学会が行われています。そしてその場には、新たに開発された治療や器具、お薬などが集まっています。私たちアップル歯科の歯科医師は、これらの新たな情報をつぶさにキャッチし、良いものはすぐに医院に落とし込めるよう、国内外のセミナーに参加し、診療の合間を縫って研鑽を続けています。私たちはライセンスを取れば終わりの仕事ではなく、スマートフォンやパソコンにアップデートがあるように、歯科医師もアップデートが必要な仕事であると考え、学びを続けています。

image

むし歯の治療について

むし歯とは

口の中にいる細菌が、私達が食べたり飲んだりする糖分を餌にして作りだした酸によって、歯が溶けた状態のことを言います。むし歯菌はほとんどの人の口の中にいるような細菌ですが、口の中で増やさないようにすること、酸をつくりにくいような生活習慣をすることで、十分予防のできる病気です。通常は痛みなどの症状はありませんが、進行すると痛みが出るだけでなく、歯の内部の神経にまで影響が及ぶと、耐えがたい痛みの原因になったり、全身に細菌が回ってしまうこともあります。

むし歯とは、むし歯原因菌によって作り出された酸によって、歯質が溶けていく歯の疾患のことを言います。むし歯の原因菌が直接歯質を蝕むのではなく、お口の中の食べかす等の糖分を餌にして酸を発生します。その酸によって歯の表面の歯質であるエナメル質からカルシウムやリンが溶け出し、徐々に穴が開いていきます。

つまり、むし歯は「歯の質」「糖分」「細菌」が原因となり、「時間の経過」によって進行していくという病気です。

image

むし歯の原因

歯の質

image

酸に弱い歯の質。歯質の違いによってむし歯になりにくい人となりやすい人がいます。

糖分

image

砂糖を中心とした糖分。糖分は細菌の餌となり、細菌が酸を作る原因となります。

細菌

image

ミュータンス菌を主とした細菌。この細菌が酸を発生し歯を溶かします。

むし歯の進行と治療法

むし歯は、徐々に進行していく病気です。

CO

初期むし歯

状態
むし歯になりかけの時期。白っぽい斑点や薄茶っぽいシミのような状態。
症状
痛みはありません。見た目にも明らかにむし歯とわからないことも多いです。
治療法
この段階であれば歯を削る必要はありません。再石灰化によって自然治癒することもありますので、フッ素塗布などで再石灰化を促します。

C1

エナメル質のむし歯

状態
エナメル質という、歯の一番外側の歯質に小さな穴が開いた状態です。
症状
痛みはありません。茶色や黒っぽい小さな穴が開いているのがわかります。
治療法
むし歯に感染した部分のみを削り取り、レジンという樹脂で治療痕を埋めます。場合によっては削らずに経過を見ることもあります。

C2

象牙質のむし歯

状態
エナメル質の奥の象牙質にまでむし歯が到達した状態です。
症状
一時的な痛みや冷たいものを口に含むとしみたりすることがあります。
治療法
むし歯を削り、その周囲を形成して樹脂や金属、セラミックの詰め物をします。保険診療では樹脂もしくは銀色の金属による治療となります。

C3

歯髄付近のむし歯

状態
むし歯が歯髄(歯の神経)もしくは歯髄近くまで達した状態です。
症状
何もしなくても痛む「自発痛』を感じたり、激しく痛む場合もあります。
治療法
歯髄を取る抜髄という処置を行い、コアという歯を補強する土台を立て、被せ物をします。保険診療では強化プラスティックや銀色の金属の治療となります。

C4

歯根まで進んだむし歯

状態
むし歯により歯冠のほとんどがなくなり、歯根のみ残った状態。
症状
歯髄が蝕まれて痛みがなくなるか、根に膿がたまると激痛になることもあります。
治療法
歯を保存することが難しい場合が多く、抜歯となることが多いです。歯を抜いた後は、保険診療の場合入れ歯かブリッジ(銀歯)となります。
image

保険の詰め物と被せ物について

保険診療の詰め物や被せ物は、保険のルール上材料が決まっているので、自由に選べないこともあります。
(例:CAD&CAM冠を希望しても欠損があるため金属なる)
保険診療の費用はどこの歯科でも同じになります。

レジン修復

コンポジットレジンという樹脂による治療です。プラスティックとセラミックの合成樹脂ですが、着色しやすく、割れる・欠ける・取れるというようなリスクがやや高いです。

金属による修復

パラジウム合金という銀色の金属を使った治療です。強度はありますが、柔軟性に欠けるためたわみがなく、経年とともに歯との接着面にすき間ができることもあります。

CAD&CAM冠

ハイブリッドレジン冠とも言いますが、強化プラスティックによる治療です。保険で入る白い歯ですが、金属に比べれば強度は劣り、色は白いですが天然の歯とは見た目も異なります。

自由診療の詰め物・被せ物の種類

「見た目」や「予防」に特化した素材や治療をご希望される場合は
自由診療の詰め物や被せ物が必要となります。
当院では、以下の詰め物や被せ物をご用意しています。

詰め物の種類と特徴

セラミックインレー

セラミックを使った詰め物で、天然の歯と同じ風合いに仕上がります。

  • メリット
  • 審美性に優れ、強度もある
  • プラークがつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • デメリット
  • 歯を削る量が金属の物より多い
  • 咬合力が強いと割れるリスクがある
  • 最もコストがかかる

ゴールドインレー

金を使った詰め物で、適合性が固くむし歯が再発しにくい素材です。

  • メリット
  • しなやかさがあり歯との適合性が高い
  • 虫歯が再発しにくい
  • 人体への親和性が高い
  • デメリット
  • 健康な天然歯にも負担をかけない
  • 色が白くない
  • コストがかかる

ダイレクトボンディング

樹脂による治療で、短期間で白くて目立ちにくい仕上がりになります。

  • メリット
  • 治療回数が少ない
  • 白い素材で目立ちにくい
  • コストが抑えられる
  • デメリット
  • むし歯の場所や大きさで適応が限られる
  • 樹脂なので着色によわい
  • 割れたり欠けるリスクがある
  • 経年により劣化する

被せ物の種類と特徴

プレミアムジルコニア

ジルコニアセラミックのメリットを活かしながら、審美性に特化した被せ物です。セラミック技工を得意とする技工士によるクラウンで、見た目にこだわりたい方にお薦めしています。

  • メリット
  • 審美性に優れ、強度もある
  • プラークがつきにくい
  • 審美性に特化したジルコニアセラミック
  • 金属アレルギーの心配がない
  • デメリット
  • 歯を削る量が金属の物より多い
  • セット後の研磨・調整が難しい
  • 最もコストがかかる

オールセラミックジルコニア

セラミッククラウンのメリットを活かしながら、強度を増した被せ物です。強度はありつつも食いしばりや咬合力に弱いというセラミックの弱点をジルコニアで補った被せ物です。

  • メリット
  • 審美性に優れ、強度もある
  • プラークがつきにくい
  • 変色しにくく天然歯の美しさを保つ
  • 金属アレルギーの心配がない
  • デメリット
  • 歯を削る量が金属の物より多い
  • セット後の研磨・調整が難しい
  • コストがかかる

E-maxセラミック

E-maxという特殊なセラミックを使った被せ物です。透過性があり天然の歯に近い風合いになります。ただし歯ぎしりや咬合力が強い方にはお薦めできないこともあります。

  • メリット
  • 審美性に優れている
  • プラークがつきにくい
  • 変色しにくく最も天然歯に近い
  • 金属アレルギーの心配がない
  • デメリット
  • 歯を削る量が金属の物より多い
  • 歯ぎしりや咬合力が強いと割れるリスクがある
  • コストがかかる

ゴールド

金を使ったしなやかさのある被せ物です。しなやかさがあるため歯との適合性が高いので虫歯になりにくく、弾力性もあるので対合の歯にも優しい被せ物となります。

  • メリット
  • しなやかさがあり歯との適合性が高い
  • 虫歯が再発しにくい
  • 人体への親和性が高い
  • 健康な天然歯にも負担をかけない
  • デメリット
  • 色が白くない
  • コストがかかる

隣接面むし歯にご注意

むし歯の中でも、歯と歯の間の見えづらい場所にできるむし歯を隣接面う蝕歯(隣接面むし歯)と言います。この隣接面むし歯の怖いところは「発見しにくいこと」にあります。歯と歯の間ですから自身では見つけにくく、歯科医師でも肉眼では発見できないこともあります。レントゲンであれば、薄っすら写ることもありますので見つけることは可能ですが、それでも100%発見できるとは限りません。

そして次に怖いのは、「むし歯が内側に進行する」ことです。横に広がらず歯の内部へ進行したむし歯は、エナメル質を溶かして象牙質に達し、遂には歯髄に達してしまうこともあります。初期のむし歯は痛みがないため、痛みを感じる頃には歯の内側に空洞ができて抜髄が必要な状態になっているということもあります。

当院では、この隣接面むし歯を放射線を使わず発見することができる近赤外線を使ったNiri検査が可能です。お気軽にお申し込み下さい。(Niri検査のみの費用は必要ありません)

image

見た目は小さなむし歯

image

内側に進行したむし歯

むし歯の予防法

むし歯は一度罹って進行が始まると、削って治療することがほとんどです。そして削った歯質は戻ることはありません。また、神経を抜いた歯は脆くなり、歯の寿命が短くなったり変色することもあります。

そのため、むし歯にとって最高の治療は「予防(むし歯にならないようにする)」ことです。むし歯の原因は歯質・糖分・細菌、そして時間ですから、これらから歯を守る行動が大切にになります。歯質を強くするためにフッ素入の歯磨き粉や歯科医院でのフッ素塗布、糖分の摂取を制限したり口腔内に残らないように食後に歯磨きをする、細菌の温床となるプラークや歯石がたまらないように毎日のセルフケアと歯科医院でのクリーニングを行う、そして時間の経過とともにむし歯ができていないか検診でチェックすることが予防となります。

つまり、ご自身のセルフケアだけではなく、歯科医院でのプロケアが必要ということです。予防歯科は月に何度も通う治療と違って、年に数回通うだけの痛みを伴わない検査と施術です。歯を守り、歯のトラブルによるストレスを感じないためにも、予防歯科の習慣を見に付けましょう。当院は予防を第一に考える歯科医院です。

image
この記事の編集・責任者は歯科医師の幸田昇です。

治療の流れ

初診から治療終了まで

STEP1

ご来院・問診票の記入

はじめてのご来院の際は、まず受付に保険証をご提示下さい。(保険証をお忘れになった場合、一時的にない場合は当日分を10割本人負担でお支払い頂き、後日保険証提示にて差額のご返金となります。)

2回目以降はスマートフォンのアプリによるチェックイン、もしくは診察券のご提示をお願い致します。

治療に必要な情報として問診票をご記入いただきます。問診票は紙のものと、ご自身の端末でご入力いただくためのWEB版がございます。WEB版は事前入力が可能ですので、万が一受付から記入を促された場合は「WEBで入力済み」とお伝え頂ければ結構です。(入力が不完全・できていなかった場合は改めてご記入もしくはご入力をお願い致します)

問診票のご記入・ご入力にかかる時間は10分以内です。診療時間をしっかり確保するためにも初診時はご予約時間の10分前にはお越しいただけますようお願い致します。

image

STEP2

初診ヒアリング

ご記入(ご入力)頂いた問診票を見て、更に必要な情報を掘り下げてお伺いします。「どんな治療を希望されておられるのか」「どんな結果を期待されておられるのか」などの治療のゴールに必要な情報に加えて、「これまでの歯科で嫌な気持ちになった経験」などの治療に対する意識をお伺いすることで患者様ごとの対応方法を検討し、「食生活や嗜好品、趣味やスポーツ」などをお伺いすることで今回歯が悪くなった原因を検討していきます。これらの情報は、患者様の治療及び今後同じ症状を繰り返さないための大切な情報となりますので、

また、お伺いした内容以外で患者様が歯科医師・歯科医院側に伝えておきたい事項がある場合はお気軽にお申し付け下さい。

image

STEP3

検査と審査・診断

問診票・初診ヒアリングの内容を元に、治療・診断に必要な資料を撮影致します。レントゲン(パノラマレントゲン・セファログラム・デンタルレントゲン)、CT、光学印象・模型、口腔内撮影等、場合によっては資料が多くなることもありますが、初診時の口腔内の状態はこのときしか保存することができません。なるべくお時間・お手間をかけずにお撮り致しますのでご協力頂けますようお願い致します。

撮影した資料を元に院長が適切な担当医を判断致し、担当医が決まります。

今後は、この担当医が歯のお悩み解決に向け誠意を持って治療にあたらせて頂きます。

image

STEP4

痛みや腫れに対する処置

今回ご来院のきっかけとなった症状が、お痛みや腫れを伴うものである場合、それに対する処置から行っていきます。また、前歯のように著しい審美障害が認められる場合も当日の応急処置を行います。

また、ご来院の時点で激しいお痛みがある場合は、診察前に一旦歯科医師が診させいてただき、先に痛み止めを処方することも可能ですのでご相談下さい。

歯科治療は、1日で終わることの少ない治療です。もちろん、初診当日で終わるような処置や、再セット可能な詰め物・被せ物の脱離であれば当日内で終わるよう努めますが、通常むし歯でも歯周病でも、少なくとも3回以上はお越しいただく必要がある場合が多くなります。

途中で煩わしくなることもあるかもしれませんが、今回きっちり治療することで、次回以降悪くなりにくいお口にすることが私たちの目指すところです。一緒に悪くなりにくいお口のために治療を頑張っていきましょう。

image

STEP5

ドクターカウンセリング

問診票・初診ヒアリング・資料(レントゲンやCT)・診察結果を元に、患者様の治療計画をお作り致します。

治療計画は保険が適用されるものから、自由診療を含めたものまで複数立案し、患者様とご相談の上治療方法を決定していきます。

当院では、歯の疾患を「1口腔1単位」で診ることを心がけています。そのため、今回悪くなった歯が周りの歯に及ぼす影響、今回悪くなった原因を突き止め、再発しにくい口腔内にすることを考えて治療計画を検討しています。また、見落としや歯科医師の判断ミスを防ぐため、初診の患者様の治療計画を立てる前に複数の歯科医師がカルテを見ながら診断する「症例検討」を行った上で治療にあたっています。

どの選択肢を選ばれてもその中の最善を尽くしますので、最後まで治療にお付き合い頂けますようお願い致します。

image

STEP6

治療計画に沿った本格治療

治療計画が決まれば、本格治療に入ります。

本格治療といっても、すべての歯を治療するわけではなく、今回悪くなったところを含めて、悪くなる原因となった部位や症状、咬み合わせの問題を含めた治療となります。また、治療計画をお出しする際に、古くなって劣化した詰め物や被せ物がありましたら必要に応じてやりかえのご提案をすることも可能です。

保険診療で治療をしていて、途中でやはり自由診療のセラミックを希望された場合は変更可能ですのでお申し付け下さい。ただし、混合診療に該当するような治療はご提供できかねますのでご了承下さい。

image

STEP7

治療終了・予防

最終補綴(詰め物や被せ物)が入ったり、歯周病であれば進行を止め、欠損等の治療を終え、その他諸々の症状が治まりましたら治療終了となります。

期間としては、治療の内容や症状の度合いによって様々ですが、1週間程度ですべて終わられる方もおられれば、1年程度かかる方、矯正も含めるのであれば3年近くかかる人もおられます。しかし、治療が終わったからと言って安心ではありません。今後は同じ症状を繰り返さないよう、また別の疾患が合わられないよう予防することが大切です。

アップル歯科では、予防を第一に考えた治療を行っております。痛くなってから行う治療ではなく、痛くならないように予防する、予防歯科を推奨しています。今回治療した歯や、周りの歯を健康に保つためにも、予防のご予約をお取りいただけますと幸いです。痛い治療でなく、痛くない予防で年に数回笑顔でお会いする。私たちは患者様とそのような関係になれることを心より望んでいます。

image

ご予約のキャンセルについて

ご予約日に来れない場合は

ご来院ができないとわかったら

キャンセルのご連絡のお願い

ご予約日に「用事ができてしまった」、「体調が悪くなった」などご来院が難しくなった場合は、キャンセルのご連絡をお願い致します。急なご予定の場合は当日でも結構ですので、ご一報頂けますようお願い致します。

アポイントは、ご予約を頂いた時点で歯科医師(歯科衛生士)・歯科助手とお席を確保し、患者様用の治療器具を滅菌してお待ちしております。当院は予約優先制を取りいておりますので、ご連絡なくお越しになられなかった場合はそのアポイントのお時間が無駄になってしまいます。ご連絡をいただけましたら、キャンセル待ちの患者様や、急なお痛み等の患者様を受け入れることも可能となりますので、お手数ですがキャンセル時はご予定が分かり次第ご連絡頂けますようお願い致します。円滑な診療のためご協力をお願い致します。

image

無断キャンセルが続くと

当院のキャンセルポリシー

ご予約日前のキャンセルにつきましては、ご連絡頂けましたら改めて別日のアポイントをご用意致します。万が一ご連絡なくキャンセルが続いた場合、予約システムの利用ができなくなる場合がありますのでご了承下さい。(予約無しでご来院頂き、空き時間までお待ちいただくことになります。)

インプラント等の手術を伴う治療につきましては、別途キャンセルポリシーを設けておりますのでご注意下さい。

風邪や体調不良、親族の不幸などはキャンセルポリシーの適応外となっております。当院での治療のご予約を、私たちとのお約束とお考え頂けますと幸いです。

image

初診のご予約について

ご予約とご来院について

当院は予約優先の診療を行っています

初めて当院をご予約される場合

当院では、予約優先の診療を行っております。初めてのご来院の際はご予約の上お越しください。ご予約無しでもお越し診させていただくことは可能ですが、ご予約の患者様の空き時間での診察となりますので、お待ちいただくことがあります。時間帯によっては当日のご予約も可能です。急なお痛み等に関しましては出来る限り早く診させて頂きますので、まずは一度ご連絡の上お越し下さい。

ご予約はお電話もしくはWEBサイトの簡単WEb予約(初めての患者様専用)がご利用頂けます。

image

ご予約方法

当院のご予約方法は「お電話によるご予約」「簡単WEB予約によるご予約(初診の患者様専用)」「ご来院時の次回予約日のご相談」の3つが基本となります。

簡単WEB予約
image

初診の患者様専用です。5分程度での入力で本予約が可能です。(EPARK歯科等は仮予約となります)当院にご来院履歴のある患者様は、お手数ですがお電話にてご予約下さい。簡単WEB予約にてご希望のご予約希望日時に明きがない場合でも、お電話なら急患枠やキャンセル枠をご案内出来る場合があります。

お電話で予約

お電話は、基本的ご予約を取りまとめておりますコールセンターに繋がります。(医院に直接つながる場合もございます)ご希望する日時をお申し付け下さい。ご希望の時間端の近くで、空いている時間をご提案致します。担当医・歯科衛生士とのお話が必要な場合はそのままお繋ぎいたしますのでお申し付け下さい。

ご来院時のご注意

ご来院時は保険証をご持参下さい。保険証をお忘れになられたり、紛失された場合はご本人様10割負担の自由診療で受診可能となります。ただし、保険証がない場合でも、身元が確認できる書類(免許証等)のご提示をお願い致します。もちろん、後日保険証をお待ちいただけましたら、差額は全額お返し頂きます。

自由診療をご検討されておられる場合は、カウンセリング後にお決め頂ければ結構です。保険診療から自由診療への変更は可能ですが、一度自由診療の治療をした歯を保険診療に戻すことはできません。じっくりご相談の上ご検討下さい。

image

ご来院について

ご来院は、公共交通機関でのお越しが便利です。JR大阪駅から徒歩3分程度、阪急大阪梅田駅から徒歩1分程度、地下鉄梅田駅5番出口を出て南へ徒歩1分程度なになります。お車の場合、駐車料金10分220円前後のところが多いです。契約駐車場・駐車割引券等はご用意がございませんのでご注意下さい。

建物はリンクス梅田の南側、「芝田交差点」付近の吉野家さんの入ったビルの5階が当院となっております。お近くまで来られてわかりにくい場合は、お電話にてお問い合わせ下さい。その際、お近くの建物・ランドマークなどをご確認下さい。

image

急なお痛みがある場合

当院は予約優先制ですが、急患対応も随時行っております。特に急なお痛みや外傷等はなるべくお早めに診させていただくよう努めますので、ご来院前に一度お電話下さい。 緊急性がない場合や極端な審美障害がない場合は、通常のご予約をお願いする場合がございますので、お痛み・著しい見た目の問題がある場合は、その旨をお伝え下さい。 急なお痛みや審美障害の場合の当日の対応は、お痛み・腫れの緩和や見た目の一時的な修復等の応急処置のみとなります。

後日、お痛みや腫れ・審美障害の原因の治療を行いますので、次回のご予約をお取り下さい。

image

梅田アップル歯科

  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビルディング5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2021年1月26日開院

休診日:水曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top