すきっ歯、すぐに改善するなら

短期すきっ歯治療

前歯の隙間を埋めて改善、一時的なすきっ歯治療

予約する 電話で相談06-6371-0418
Image

すきっ歯でお悩みの方

相談だけでもOKです

「日本人は歯並びが悪い」と聞いたことはありませんか?実際、平成28年に行われた歯科疾患実態調査では、12〜20歳の間で叢生のある人は26%、空隙のある人は10%だったそうです。
つまり、これが全世代であてはまると考えた場合、10人に1人程度「空隙」つまりすきっ歯の方がおられるということです。当院では、このすきっ歯に対して、出来る限り永続的な効果が期待できる治療として、矯正治療やセラミック治療をご提案していますが、期間的にお急ぎの方に対し「ダイレクトボンディング」による一時的な治療をご提供しています。

こんなお悩みございませんか?

こんな方にお薦めの治療

  • 大切なイベントがあるので、早急に空隙の治療したい
  • 結婚式の前撮りのときにすきっ歯を治しておきたい
  • 来月から就職活動を始めるので口元をキレイにしたい
  • 矯正を考えているがまずお試しですきっ歯を閉じてみたい

しっかり治療をするなら

その他のすきっ歯治療法

一般的な矯正治療

ワイヤー矯正

一般的なワイヤーとマルチブラケットという装置を歯につけて歯を動かす矯正です。治療期間はおよそ2〜3年かかります。

透明で目立たない矯正

マウスピース矯正

マウスピース型の矯正装置です。部分的なiGOという装置の適応症例であれば、すきっ歯の場合半年程度で治療が終了します。

セラミックによる矯正

ラミネートベニア

付け爪のような薄いセラミックを貼り付ける矯正治療です。少し歯を削る場合があります。期間は2〜3ヶ月程度かかります。

ダイレクトボンディング治療後のご注意

すきっ歯のダイレクトボンディングによる治療は、永続的に保てる治療ではありません。ダイレクトボンディングで使用する樹脂は、着色や脱離の可能性があり、いずれ取れてしまうこともあります。一般的な樹脂による詰め物の治療の耐用年数はおよそ5年程度と言われていますが、それ以上持つことも、1年以内に取れてしまうこともあります。また、咬合力が強い方や、歯ぎしり・食いしばりの強い方は、適応できない場合もありますのでご了承ください。

1回〜2回の治療です

短期好きっ歯治療の流れ

ほどんどのケースが初心時(1回)で終わります。

WEB予約から「矯正・歯並び相談」をお選びください

お電話で予約→06-6371-0418

短期すきっ歯治療の詳しい説明

ダイレクトボンディングの特徴

最短1回(初診)で終わります

短期すきっ歯治療で行う「ダイレクトボンディング」は、コンポジットレジンという樹脂を歯に貼り付ける治療です。歯科医師の技術により、その樹脂を塗り重ね、形を整えることで前歯の隙間を閉じていきます。

このコンポジットレジンは、通常の虫歯治療で使う白い樹脂と、概ね材料は同じです。ただし、前歯に使うレジンは審美性の高いものを使いますので、一見して「樹脂」とわかるような仕上がりではありません。よく見れば薄ら樹脂と歯の境目に線が見えることがありますが、日常生活でそれに気付くのは困難な程度の仕上がりになります。

この樹脂による治療は、虫歯治療のように「形成」と呼ばれる歯を削る処置がほとんどない(少し削る場合もあります)のと、「型取り」という歯の型を作る処置を必要としませんので、最短当日(ほとんどが当日です)で終わることが可能な処置となっています。

Image

ちょっとした隙間にオススメ

ダイレクトボンディングによるすきっ歯治療は、歯の横幅を付け足すことで隙間をなくす治療です。そのため、歯の隙間が大きい場合や、もともとの歯が大きい場合は、ダイレクトボンディングを行うことで不格好になってしまうこともあります。

ですからダイレクトボンディングでのすきっ歯治療は「ちょっとした隙間」程度がオススメの症例となります。初診時に不格好になりそうな場合や、患者様が心配されておられる場合は一度型取りをして、模型上の歯にコンポジットレジンを盛ることで、仕上がりのイメージを確認していただいてから施術を行うこともあります。ただし、その場合「型取り」の処置が必要となるため、2回以上の処置が必要となります。

Image

費用負担を抑えられる

すきっ歯の治療は、「見た目の改善」を目的とした治療のため、ルール上保険を使った治療ではできません。費用は自由診療で1歯30,000円ですから、2歯行った場合は66,000円(税込)となります。

すきっ歯治療の費用の比較

治療種 費用
ダイレクトボンディング 1歯30,000円(税込33,000円)
※2歯の場合税込66,000円
ワイヤー矯正 両顎650,000円(税込715,000円)
※上顎前歯のみでも両顎の矯正が必要です
マウスピース矯正(前歯のみ) 両顎400,000円(税込440,000円)
※上顎前歯のみでも両顎の矯正が必要です

上の表を見ても、アップル歯科で行っているすきっ歯の治療の中でも一番費用を抑えられる治療となります。

他の治療に移行できる

ダイレクトボンディングは、「取れてしまう可能性がある」というデメリットの反面、取れた後には別の治療に切り替えることができる治療です。例えば、ダイレクトボンディングの後に矯正をしたり、ラミネートベニアに変えたりすることもできるということです。

ラミネートベニアの場合、少し歯を削りますが、すきっ歯のダイレクトボンディングはほとんど削りませんので、2回目以降の治療を前提とした、いわばお試しで前歯の隙間が閉じれる治療とも言えます。

下記費用には手術代・抜糸代・被せ物代・仮歯代・麻酔代が含まれています。

すきっ歯治療の費用


  • ダイレクトボンディング
  • 1歯30,000円〜
    (税込1歯33,000円〜)
  • 治療回数:1回or2回
  • 治療期間:1日〜1週間
  • 通常は2歯以上の治療が必要となります
  • 脱離・破損・着色のリスクがあります

  • インビザラインGO
  • 両顎400,000円〜
    (税込両顎440,000円〜)
  • 治療回数:6回程度
  • 治療期間:6ヶ月程度
  • 咬合により適応出来ない場合もあります
  • 使用方法を守らなければ治らないことがあります

  • ワイヤー矯正
  • 両顎650,000円〜
    (税込両顎715,000円〜)
  • 治療回数:24〜36回程度
  • 治療期間:2〜3年
  • 装置は両顎に着ける必要があります
  • 1〜2ヶ月に一度の調整日に調整費として5,500円(税込)が必要です

  • ラミネートベニア
  • 1歯130,000円〜
    (税込1歯143,000円〜)
  • 治療回数:3〜4回程度
  • 治療期間:2週間〜1ヶ月
  • 咬合により適応出来ない場合もあります
  • 使用方法を守らなければ治らないことがあります

まず歯を閉じてから矯正もできる

「すぐに前歯の隙間も閉じたい」し、「矯正もしたい」という方にも、ダイレクトボンディングなら「前歯の隙間を閉じてから矯正」も可能です。

もちろん最終的にはダイレクトボンディングが取れた状態で前歯が閉じる咬み合わせになります。この場合、ダイレクトボンディングで前歯の治療を行ってからマウスピース型矯正装置の型取りを行います。その後少しずつダイレクトボンディングを小さくしていきながら、前歯をマウスピース型の矯正装置で動かします。

こうすることで、即日前歯を閉じて、そのまま矯正で歯並びを整えていくことが可能となります。すぐに治したいけど矯正もしたいというご要望がございましたら、お気軽にご相談ください。

歯科医師として学び続けることをお約束します

院長・歯科医師紹介

Dr.吉見 哲朗

法人理事長

1999年 国立大学法人 徳島大学歯学部 卒業
1999〜2002年 医療法人社団歯友会 赤羽歯科勤務
2003〜2004年 うしじま歯科勤務
2004年 アップル歯科クリニック開業
2021年 梅田アップル歯科 開業
Dr.幸田 昇

歯科医師

2019年 松本歯科大学 卒業
2019年 姫路赤十字病院 入社
2020年 医療法人社団アップル歯科クリニック入社
2020年 加古川アップル歯科 配属
2021年 梅田アップル歯科 勤務

梅田アップル歯科

  • 〒660-0803 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビルディング5階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーがご利用頂けます。
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top