部分矯正(インビザラインGo)

HOME > 自由診療 > 矯正歯科 > 部分矯正(インビザラインGo)

マウスピース型矯正装置による部分矯正

すべての歯を動かさない矯正

部分矯正とは

軽度にガタつきのある歯列や、すきっ歯などの場合、数本だけに力を付与して歯並びを変える矯正治療のことを部分矯正と言います。

部分矯正は適応が限られていますが、通常の矯正に比べて期間も短く、費用も抑えることが出来ます。

部分矯正にも色々あり、ブラケットにワイヤーを張って行うものもあれば、歯の裏側に着けるものもあります。当院ではその中でもマウスピース型の矯正装置を使って歯を動かす部分矯正を得意としています。

マウスピース型矯正装置とマルチブラケット装置の比較

マウスピース型矯正装置

主な特徴
  • ほぼ透明の薄いマウスピース矯正型の装置で歯を動かす
  • 食事やメインテナンスの都度取り外す
  • 装置の変更は歯科医師の指示の下自分で行う

マルチブラケット矯正装置

主な特徴
  • マルチブラケットという突起を着けワイヤーで歯を動かす
  • 食事やメインテナンスも着けたまま行う
  • 装置の変更は月に1度程度歯科医院にて歯科医師が行う

マウスピース型の矯正装置は、矯正治療を検討する上で最も大きな障壁となる「見た目」のデメリットをカバーする矯正装置です。更に痛みの少なさ、取り外しができるという利便性など、これまでの矯正装置にはなかったメリットが多くある矯正装置です。しかしながら、数年前までマウスピース型矯正装置の良し悪しは、どちらかというと「悪し」の評価が多かったのも事実です。実は当法人も当初は治療結果の問題から導入を本格化したのは2018年以降です。しかし、現在では診断を間違わなければ、しっかり歯を動かすことのできる装置として、適応症の患者様に自信を持ってご提案しています。マウスピース矯正が良いかどうかは、患者様のご希望もさることながら、歯科医師の診断が大切であると考えています。

invisalign GOについて

当院のマウスピース型部分矯正

当院が部分矯正で使用するiGO [invisalign GO] という装置は、上下の前から5番目までの歯を動かすことができます。移動可能な歯は前から5番目までとなりますが、全ての歯がマウスピースで覆われます。

アライナーの枚数が20枚までと制限があります。つまり、順調に進めばゴールまで約5ヶ月で歯を動かすことができます。

矯正治療を目立たず始めたい方に

気づかれにくい透明の装置

ほとんど透明で目立ちにくい装置です。歯全体を覆うため、最初は滑舌に影響が出る方もおられますが、全く気づかれないという方もおられます。人前に出る仕事やお話する仕事の方、矯正治療をしていることを人に気づかれたくない方に喜ばれている矯正装置です。

また、例えば短時間大勢の前で人前でお話す機械があったり、宣伝用の写真や結婚式の前撮りなど、矯正装置を外したいシチュエーションがあれば、簡単に取り外しが可能です。ただし、一日の着用時間(20時間程度)は守る必要がありますので頻繁に取り外すことは推奨されません。

普段どおりのセフルケア

取り外しが出来て衛生的

通常のワイヤー矯正の場合、マルチブラケット装置という複雑な形をした装置を歯に貼り付けます。年々装置は良くなっているものの、歯に複雑な形の突起物がつくことで、歯垢や食べかすが溜まりやすく、ブラッシングも困難になります。そのため、せっかく歯並びの改善ができても、矯正治療中にたくさんのむし歯を作ってしまう方もいます。

その点においてもマウスピース型の装置の場合、食事のたびに取り外して清掃ができるので、清潔な状態を保ちやすいといえます。

矯正で自分の歯がどう動くのかがわかる

シミュレーションで確認

当院のマウスピース型矯正装置は、光学式印象といって、iTeroという光学式口腔内スキャナーを使って口腔内をDATA化し、データ上の型取りを行います。インビザラインGoによる矯正は、このDATAを使って、矯正治療による歯の動きを予測することが可能です。

それにより患者様ごとの治療の難易度や、どれぐらいの期間でどの程度まで動くということが撮影しただけでわかります。また、そもそも部分矯正装置による治療が可能かどうかも、このシミュレーションによって確認することができます。

iTeroシミュレーション

部分矯正をご検討の場合は、治療するかしないかを判断するために、シミュレーションは費用無しで行うことができます。iTeroによるシミュレーションの精度は高く、大きく外すことはありません。そのため、ご自身の治療後の歯並びを視覚的に理解した上で矯正をスタートすることが可能です。

ゴール結果をイメージして矯正を開始できるので、不安を払拭した上で治療を始められることもマウスピース矯正のメリットとしてあげられます。

iGOによる空隙歯列の治療例

治療前

治療後

治療の内容 インビザラインGoを使用した空隙歯列(正中離開)の治療(三宮アップル歯科での丸尾の症例)
期間・回数 6ヶ月・6回(カウンセリング・検査含む)
費用 自由診療:インビザラインGo 400,000円+税
リスク・副作用
  • 歯磨きがわるい場合には、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。 長期の矯正治療により歯根吸収が生じる恐れがあります。
  • 歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
  • 補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。
  • ホワイトニングの処置後、何らかの不快な症状(歯の痛み・知覚過敏症状、また歯ぐきや口腔粘膜の炎症)が起きる場合があります。
  • ホワイトニングをしても白さは永久的に持続するものではありません。
  • ホワイトニングを行う歯の変色の原因によっては色調の改善が認められない場合もあります。

マウスピース型矯正治療が始まったら

装着時間は

1日20時間〜22時間

20時間以上装着できなければ計画通りに歯が動きません。マウスピース矯正治療の失敗の主な原因は着用時間が足りない場合です。

歯を守るために

セルフケア

食事後や就寝前は装置を取ってセルフケアを行ってください。磨き残しが多いとむし歯になったり、歯の移動を阻害することもあります。

装置の交換時期は

1〜2週間

装置の交換は歯科医師の指示通りに行ってください。早すぎても遅すぎても計画通りに動きません。迷った場合は歯科医師に相談しましょう。

マウスピース矯正装置による部分矯正の費用

インビザラインGO

  • 片顎400,000円~500,000円+税
  • 自由診療
  • 費用は難易度によって異なります。
  • 費用は調整料が含まれたトータルフィーです
  • マウスピースの材料は厚生労働省の認可を得たものですが、iGoは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります
この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。
タグ: , ,

部分矯正(インビザラインGo) | 公開日: 2020/12/15 | 更新日: 2020/12/15 | by アップル歯科尼崎駅前

このページの関連記事

梅田アップル歯科

  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビルディング5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2021年1月26日開院

休診日:水曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top