患者様とのお約束

HOME > 医院情報 > 患者様とのお約束

患者様へのお願い

お願いとお知らせ

時間通りの快適な診療に向けて

ご予約について

ご予約をいただいておりますお時間は、皆様の貴重なお時間をいただき、診療を行なっております。当院では、ご予約の時間通りに診療が出来る様、細心の注意をはらって日々診療に臨んでいます。

そのため
皆様一人一人の「予約時間を守る」というご協力が必要になります。
誰かが遅れると
次の患者様をお待たせし、貴重なお時間を無駄にしかねません。
できれば
ご予約の5分前にお越し下さい。
現実には
医療現場の為、急なお痛みの方、事故の方等で予想以上にお時間がかかる場合もございます。 随時お知らせ致しますので、ご了承下さい。

これらはあくまでお願いになります。もちろん、お仕事の事情や交通事情など、不測の事態もあることは存じています。それでも患者様と当院スタッフがお互いに協力することで、待ち時間なく快適な治療につながるものと考えています。

image

急なご予定、ご事情ができた場合

ご予約の変更について

ご予約を頂いた日時に、どうしても来れない事情ができてしまった場合、

  • ご予約の日時に来られなくなった場合は、なるべくお早めにご連絡下さい。ご予約の変更をさせて頂きます。
  • 当日、急なご予定などでお越し出来ない場合もご連絡いただけますようお願い致します。
  • 無断キャンセルはおやめいただけますようお願い致します。
  • ご予約日時の変更は、お電話にてお願い致します。メール相談やLINE相談では変更を承れないことがあります。
image

ご予約日を忘れないために

予約確認連絡サービス

予約の日を忘れてしまいそう・・・と心配な方、ご予約の前日にこちらから診察券アプリにて予約日時のお知らせをしております。診察券アプリのご登録により、円滑な治療・ご予約にご利用下さい。

スマートフォンをお持ちでない方には、メールもしくはSMS(ショートメッセージサービス)による予約確認連絡を送信させていただいております。

image
確認方法 配信元
メールの場合 “noreply@stransa.co.jp” からメールを配信します。メールを受信できるよう設定の変更をお願いします。
SMS(ドコモ・au)の場合 “050-5213-0948” から送信します。
SMS(softbank)の場合 “21061” から送信します。

次回予約がなかなか取れない方へ

キャンセル待ちシステム

平日午後5時以降及び土曜日のご予約が混雑が見込まれます。そこで、次回のご予約まで日時があいてしまう方や、ご希望の方を対象に、他の患者様にキャンセルが出た場合、順次お電話させていただいております。キャンセル待ちをご希望される方は、お気軽にお申しつけ下さい。

image

アップル歯科の7つの特徴

アップル歯科の治療の特徴

特徴1

予防中心

予防や検診を大切にしています。

当院では、単純にむし歯や歯周病を治療するだけではなく、今回治療した歯が再びむし歯や歯周病にならないように治療するよう努めています。実は歯医者の治療の大半は、むし歯の西市町と言われています。また、歯周病は大げさにいうと日本人の80%が罹患しているとも言われています。せっかく治療をしても、しばらくするとまた同じ悩みで歯医者にかかる、そんな繰り返しをなくすために有効な手段が予防歯科です。しかし、保険診療が行き渡る日本では、治療費を抑えられるという反面、悪くなってから治療をするという習慣が常態化しています。歯は、一度削ると二度とは元に戻りません。大切な体の一部をこれ以上失わない為に予防をする、そんな予防歯科の普及を私たちは目指しています。

image

特徴2

笑顔と優しさ

私たちは患者様を笑顔でお迎えします。

日本には「歯医者が嫌い」という方がたくさんおられます。その理由の多くは「痛いから」「怖いから」。確かに、歯医者の治療は痛かったかもしれませんし、小さな虫歯をじっと見つめてムスッとした歯科医師に治療をされるのは心地の良いものではないかと思います。しかし、私たち歯医者で働く人間も何も嫌われたいわけではありません。できれば患者様と笑顔でご挨拶できる、そんな間柄でありたいと思っています。そのためには、まず歯科治療が痛くないこと、そして私たち医療従事者が怖くないことが大切であると考えています。これまで歯医者が苦手だった方も笑顔で通える歯科医院を私達は目指しています。

image

特徴3

痛くない治療

治療の痛みが苦手な人が通える歯科を目指します。

歯科治療は痛いものと、多くの人が信じて疑わないかと思います。もちろん、歯を削り、神経に触れることもある歯科治療の痛みは、麻酔なしでは我慢できないほどの痛みであることは確かです。しかし、現在ではこの「痛み」に対して、有効な手段がたくさんあります。そもそも、歯科治療時の痛みは麻酔をしっかり効かせることができれば、しっかり消失できると言われています。ですから私たちは、まずその麻酔が痛くないように、そして麻酔をしっかり効かせて治療時の痛みを抑えることを、アップル歯科の歯科医師の第一段階として定義付け、トレーニングを行っています。歯医者の痛みが苦手な方も治療が受けられる歯科医院、私たちはそんな歯医者を目指しています。

image

特徴4

インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセント(説明と同意)を徹底し、よく説明し、同意を得た上で治療します。

歯科治療のトラブルの多くは、説明不足や勘違いから起こることが多くあります。「こんなに削られるとは思っていなかった」「こんな歯になるとは思っていなかった」「こんなに費用のかかる治療は望んでいなかった」これらのトラブルは、しっかり説明をし、患者様の同意を得て行えば起こり得ないトラブルです。ですからアップル歯科では、すべての患者様に1回以上のカウンセリングを行うことで、説明と同意を徹底しています。また、普段の治療においても「今から○○をします」と、処置をする前にお声掛けすることも大切にしています。

image

特徴5

時間を大切に

予約時間を守り、待ち時間をなくす努力をします。

歯医者の嫌いな特徴として「待ち時間の長さ」があげられることが多くあります。これは歯医者の治療には、病院の「診察」と違って処置が伴うことが原因の一つとして考えられます。例えば病院なら、問診をして、聴診器を当てて、お口の中を診て、お薬が出て終わることもあるかもしれません。しかし歯医者はむし歯があればそれを処置する必要がありますし、お痛みがあればその原因を突き止め、痛みの原因を取り除く必要があります。しかし、どの処置も訓練を積み重ねれば、時間通りに終えることができるようになります。アップル歯科ではご予約制で処置にかかる時間をしっかり取ることで、待ち時間の少ない歯医者を徹底しています。私たちは患者様のご予約を「お約束」と考えています。

image

特徴6

長いお付き合い

資料を安全に保管し、永年に渡るお口の健康維持に役立てます。

アップル歯科は、治療にあたるための「資料の作成と保管」を徹底しています。特に初診の患者様のお口の状態は、その時点でしか保管することができません。そしてその資料には、今回歯医者にかかることになった疾患の原因が隠されています。レントゲン・写真、場合によっては光学印象・模型やCTなど、これらは治療をするためだけではなく、治療後に悪くならないためのヒントと言えます。また、私たちはいくら技術が上達しても、私たちが人間であることを忘れません。人は失敗をする生き物です。だからこそ失敗をしないために、自分以外の歯科医師の診断や見解を得るため、患者様ごとの資料を複数の歯科医師で治療法を検討しています。私たちは大切な資料からきちんと治療し、保管することで予防につなげています。

image

STEP7

日々勉強

常に新しい治療、良い治療を取り入れます。

医療は日進月歩、歯科治療も然りです。歯科の業界では、実は毎月・毎週のように至るところでセミナーや勉強会、学会が行われています。そしてその場には、新たに開発された治療や器具、お薬などが集まっています。私たちアップル歯科の歯科医師は、これらの新たな情報をつぶさにキャッチし、良いものはすぐに医院に落とし込めるよう、国内外のセミナーに参加し、診療の合間を縫って研鑽を続けています。私たちはライセンスを取れば終わりの仕事ではなく、スマートフォンやパソコンにアップデートがあるように、歯科医師もアップデートが必要な仕事であると考え、学びを続けています。

image

アップル歯科の治療の特徴

特徴1

予防中心

予防や検診を大切にしています。

当院では、単純にむし歯や歯周病を治療するだけではなく、今回治療した歯が再びむし歯や歯周病にならないように治療するよう努めています。実は歯医者の治療の大半は、むし歯の西市町と言われています。また、歯周病は大げさにいうと日本人の80%が罹患しているとも言われています。せっかく治療をしても、しばらくするとまた同じ悩みで歯医者にかかる、そんな繰り返しをなくすために有効な手段が予防歯科です。しかし、保険診療が行き渡る日本では、治療費を抑えられるという反面、悪くなってから治療をするという習慣が常態化しています。歯は、一度削ると二度とは元に戻りません。大切な体の一部をこれ以上失わない為に予防をする、そんな予防歯科の普及を私たちは目指しています。

image

特徴2

笑顔と優しさ

私たちは患者様を笑顔でお迎えします。

日本には「歯医者が嫌い」という方がたくさんおられます。その理由の多くは「痛いから」「怖いから」。確かに、歯医者の治療は痛かったかもしれませんし、小さな虫歯をじっと見つめてムスッとした歯科医師に治療をされるのは心地の良いものではないかと思います。しかし、私たち歯医者で働く人間も何も嫌われたいわけではありません。できれば患者様と笑顔でご挨拶できる、そんな間柄でありたいと思っています。そのためには、まず歯科治療が痛くないこと、そして私たち医療従事者が怖くないことが大切であると考えています。これまで歯医者が苦手だった方も笑顔で通える歯科医院を私達は目指しています。

image

特徴3

痛くない治療

治療の痛みが苦手な人が通える歯科を目指します。

歯科治療は痛いものと、多くの人が信じて疑わないかと思います。もちろん、歯を削り、神経に触れることもある歯科治療の痛みは、麻酔なしでは我慢できないほどの痛みであることは確かです。しかし、現在ではこの「痛み」に対して、有効な手段がたくさんあります。そもそも、歯科治療時の痛みは麻酔をしっかり効かせることができれば、しっかり消失できると言われています。ですから私たちは、まずその麻酔が痛くないように、そして麻酔をしっかり効かせて治療時の痛みを抑えることを、アップル歯科の歯科医師の第一段階として定義付け、トレーニングを行っています。歯医者の痛みが苦手な方も治療が受けられる歯科医院、私たちはそんな歯医者を目指しています。

image

特徴4

インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセント(説明と同意)を徹底し、よく説明し、同意を得た上で治療します。

歯科治療のトラブルの多くは、説明不足や勘違いから起こることが多くあります。「こんなに削られるとは思っていなかった」「こんな歯になるとは思っていなかった」「こんなに費用のかかる治療は望んでいなかった」これらのトラブルは、しっかり説明をし、患者様の同意を得て行えば起こり得ないトラブルです。ですからアップル歯科では、すべての患者様に1回以上のカウンセリングを行うことで、説明と同意を徹底しています。また、普段の治療においても「今から○○をします」と、処置をする前にお声掛けすることも大切にしています。

image

特徴5

時間を大切に

予約時間を守り、待ち時間をなくす努力をします。

歯医者の嫌いな特徴として「待ち時間の長さ」があげられることが多くあります。これは歯医者の治療には、病院の「診察」と違って処置が伴うことが原因の一つとして考えられます。例えば病院なら、問診をして、聴診器を当てて、お口の中を診て、お薬が出て終わることもあるかもしれません。しかし歯医者はむし歯があればそれを処置する必要がありますし、お痛みがあればその原因を突き止め、痛みの原因を取り除く必要があります。しかし、どの処置も訓練を積み重ねれば、時間通りに終えることができるようになります。アップル歯科ではご予約制で処置にかかる時間をしっかり取ることで、待ち時間の少ない歯医者を徹底しています。私たちは患者様のご予約を「お約束」と考えています。

image

特徴6

長いお付き合い

資料を安全に保管し、永年に渡るお口の健康維持に役立てます。

アップル歯科は、治療にあたるための「資料の作成と保管」を徹底しています。特に初診の患者様のお口の状態は、その時点でしか保管することができません。そしてその資料には、今回歯医者にかかることになった疾患の原因が隠されています。レントゲン・写真、場合によっては光学印象・模型やCTなど、これらは治療をするためだけではなく、治療後に悪くならないためのヒントと言えます。また、私たちはいくら技術が上達しても、私たちが人間であることを忘れません。人は失敗をする生き物です。だからこそ失敗をしないために、自分以外の歯科医師の診断や見解を得るため、患者様ごとの資料を複数の歯科医師で治療法を検討しています。私たちは大切な資料からきちんと治療し、保管することで予防につなげています。

image

STEP7

日々勉強

常に新しい治療、良い治療を取り入れます。

医療は日進月歩、歯科治療も然りです。歯科の業界では、実は毎月・毎週のように至るところでセミナーや勉強会、学会が行われています。そしてその場には、新たに開発された治療や器具、お薬などが集まっています。私たちアップル歯科の歯科医師は、これらの新たな情報をつぶさにキャッチし、良いものはすぐに医院に落とし込めるよう、国内外のセミナーに参加し、診療の合間を縫って研鑽を続けています。私たちはライセンスを取れば終わりの仕事ではなく、スマートフォンやパソコンにアップデートがあるように、歯科医師もアップデートが必要な仕事であると考え、学びを続けています。

image

むし歯の治療について

むし歯とは

口の中にいる細菌が、私達が食べたり飲んだりする糖分を餌にして作りだした酸によって、歯が溶けた状態のことを言います。むし歯菌はほとんどの人の口の中にいるような細菌ですが、口の中で増やさないようにすること、酸をつくりにくいような生活習慣をすることで、十分予防のできる病気です。通常は痛みなどの症状はありませんが、進行すると痛みが出るだけでなく、歯の内部の神経にまで影響が及ぶと、耐えがたい痛みの原因になったり、全身に細菌が回ってしまうこともあります。

むし歯とは、むし歯原因菌によって作り出された酸によって、歯質が溶けていく歯の疾患のことを言います。むし歯の原因菌が直接歯質を蝕むのではなく、お口の中の食べかす等の糖分を餌にして酸を発生します。その酸によって歯の表面の歯質であるエナメル質からカルシウムやリンが溶け出し、徐々に穴が開いていきます。

つまり、むし歯は「歯の質」「糖分」「細菌」が原因となり、「時間の経過」によって進行していくという病気です。

image

むし歯の原因

歯の質

image

酸に弱い歯の質。歯質の違いによってむし歯になりにくい人となりやすい人がいます。

糖分

image

砂糖を中心とした糖分。糖分は細菌の餌となり、細菌が酸を作る原因となります。

細菌

image

ミュータンス菌を主とした細菌。この細菌が酸を発生し歯を溶かします。

むし歯の進行と治療法

むし歯は、徐々に進行していく病気です。

CO

初期むし歯

状態
むし歯になりかけの時期。白っぽい斑点や薄茶っぽいシミのような状態。
症状
痛みはありません。見た目にも明らかにむし歯とわからないことも多いです。
治療法
この段階であれば歯を削る必要はありません。再石灰化によって自然治癒することもありますので、フッ素塗布などで再石灰化を促します。

C1

エナメル質のむし歯

状態
エナメル質という、歯の一番外側の歯質に小さな穴が開いた状態です。
症状
痛みはありません。茶色や黒っぽい小さな穴が開いているのがわかります。
治療法
むし歯に感染した部分のみを削り取り、レジンという樹脂で治療痕を埋めます。場合によっては削らずに経過を見ることもあります。

C2

象牙質のむし歯

状態
エナメル質の奥の象牙質にまでむし歯が到達した状態です。
症状
一時的な痛みや冷たいものを口に含むとしみたりすることがあります。
治療法
むし歯を削り、その周囲を形成して樹脂や金属、セラミックの詰め物をします。保険診療では樹脂もしくは銀色の金属による治療となります。

C3

歯髄付近のむし歯

状態
むし歯が歯髄(歯の神経)もしくは歯髄近くまで達した状態です。
症状
何もしなくても痛む「自発痛』を感じたり、激しく痛む場合もあります。
治療法
歯髄を取る抜髄という処置を行い、コアという歯を補強する土台を立て、被せ物をします。保険診療では強化プラスティックや銀色の金属の治療となります。

C4

歯根まで進んだむし歯

状態
むし歯により歯冠のほとんどがなくなり、歯根のみ残った状態。
症状
歯髄が蝕まれて痛みがなくなるか、根に膿がたまると激痛になることもあります。
治療法
歯を保存することが難しい場合が多く、抜歯となることが多いです。歯を抜いた後は、保険診療の場合入れ歯かブリッジ(銀歯)となります。
image

保険の詰め物と被せ物について

保険診療の詰め物や被せ物は、保険のルール上材料が決まっているので、自由に選べないこともあります。
(例:CAD&CAM冠を希望しても欠損があるため金属なる)
保険診療の費用はどこの歯科でも同じになります。

レジン修復

コンポジットレジンという樹脂による治療です。プラスティックとセラミックの合成樹脂ですが、着色しやすく、割れる・欠ける・取れるというようなリスクがやや高いです。

金属による修復

パラジウム合金という銀色の金属を使った治療です。強度はありますが、柔軟性に欠けるためたわみがなく、経年とともに歯との接着面にすき間ができることもあります。

CAD&CAM冠

ハイブリッドレジン冠とも言いますが、強化プラスティックによる治療です。保険で入る白い歯ですが、金属に比べれば強度は劣り、色は白いですが天然の歯とは見た目も異なります。

自由診療の詰め物・被せ物の種類

「見た目」や「予防」に特化した素材や治療をご希望される場合は
自由診療の詰め物や被せ物が必要となります。
当院では、以下の詰め物や被せ物をご用意しています。

詰め物の種類と特徴

セラミックインレー

セラミックを使った詰め物で、天然の歯と同じ風合いに仕上がります。

  • メリット
  • 審美性に優れ、強度もある
  • プラークがつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • デメリット
  • 歯を削る量が金属の物より多い
  • 咬合力が強いと割れるリスクがある
  • 最もコストがかかる

ゴールドインレー

金を使った詰め物で、適合性が固くむし歯が再発しにくい素材です。

  • メリット
  • しなやかさがあり歯との適合性が高い
  • 虫歯が再発しにくい
  • 人体への親和性が高い
  • デメリット
  • 健康な天然歯にも負担をかけない
  • 色が白くない
  • コストがかかる

ダイレクトボンディング

樹脂による治療で、短期間で白くて目立ちにくい仕上がりになります。

  • メリット
  • 治療回数が少ない
  • 白い素材で目立ちにくい
  • コストが抑えられる
  • デメリット
  • むし歯の場所や大きさで適応が限られる
  • 樹脂なので着色によわい
  • 割れたり欠けるリスクがある
  • 経年により劣化する

被せ物の種類と特徴

プレミアムジルコニア

ジルコニアセラミックのメリットを活かしながら、審美性に特化した被せ物です。セラミック技工を得意とする技工士によるクラウンで、見た目にこだわりたい方にお薦めしています。

  • メリット
  • 審美性に優れ、強度もある
  • プラークがつきにくい
  • 審美性に特化したジルコニアセラミック
  • 金属アレルギーの心配がない
  • デメリット
  • 歯を削る量が金属の物より多い
  • セット後の研磨・調整が難しい
  • 最もコストがかかる

オールセラミックジルコニア

セラミッククラウンのメリットを活かしながら、強度を増した被せ物です。強度はありつつも食いしばりや咬合力に弱いというセラミックの弱点をジルコニアで補った被せ物です。

  • メリット
  • 審美性に優れ、強度もある
  • プラークがつきにくい
  • 変色しにくく天然歯の美しさを保つ
  • 金属アレルギーの心配がない
  • デメリット
  • 歯を削る量が金属の物より多い
  • セット後の研磨・調整が難しい
  • コストがかかる

E-maxセラミック

E-maxという特殊なセラミックを使った被せ物です。透過性があり天然の歯に近い風合いになります。ただし歯ぎしりや咬合力が強い方にはお薦めできないこともあります。

  • メリット
  • 審美性に優れている
  • プラークがつきにくい
  • 変色しにくく最も天然歯に近い
  • 金属アレルギーの心配がない
  • デメリット
  • 歯を削る量が金属の物より多い
  • 歯ぎしりや咬合力が強いと割れるリスクがある
  • コストがかかる

ゴールド

金を使ったしなやかさのある被せ物です。しなやかさがあるため歯との適合性が高いので虫歯になりにくく、弾力性もあるので対合の歯にも優しい被せ物となります。

  • メリット
  • しなやかさがあり歯との適合性が高い
  • 虫歯が再発しにくい
  • 人体への親和性が高い
  • 健康な天然歯にも負担をかけない
  • デメリット
  • 色が白くない
  • コストがかかる

隣接面むし歯にご注意

むし歯の中でも、歯と歯の間の見えづらい場所にできるむし歯を隣接面う蝕歯(隣接面むし歯)と言います。この隣接面むし歯の怖いところは「発見しにくいこと」にあります。歯と歯の間ですから自身では見つけにくく、歯科医師でも肉眼では発見できないこともあります。レントゲンであれば、薄っすら写ることもありますので見つけることは可能ですが、それでも100%発見できるとは限りません。

そして次に怖いのは、「むし歯が内側に進行する」ことです。横に広がらず歯の内部へ進行したむし歯は、エナメル質を溶かして象牙質に達し、遂には歯髄に達してしまうこともあります。初期のむし歯は痛みがないため、痛みを感じる頃には歯の内側に空洞ができて抜髄が必要な状態になっているということもあります。

当院では、この隣接面むし歯を放射線を使わず発見することができる近赤外線を使ったNiri検査が可能です。お気軽にお申し込み下さい。(Niri検査のみの費用は必要ありません)

image

見た目は小さなむし歯

image

内側に進行したむし歯

むし歯の予防法

むし歯は一度罹って進行が始まると、削って治療することがほとんどです。そして削った歯質は戻ることはありません。また、神経を抜いた歯は脆くなり、歯の寿命が短くなったり変色することもあります。

そのため、むし歯にとって最高の治療は「予防(むし歯にならないようにする)」ことです。むし歯の原因は歯質・糖分・細菌、そして時間ですから、これらから歯を守る行動が大切にになります。歯質を強くするためにフッ素入の歯磨き粉や歯科医院でのフッ素塗布、糖分の摂取を制限したり口腔内に残らないように食後に歯磨きをする、細菌の温床となるプラークや歯石がたまらないように毎日のセルフケアと歯科医院でのクリーニングを行う、そして時間の経過とともにむし歯ができていないか検診でチェックすることが予防となります。

つまり、ご自身のセルフケアだけではなく、歯科医院でのプロケアが必要ということです。予防歯科は月に何度も通う治療と違って、年に数回通うだけの痛みを伴わない検査と施術です。歯を守り、歯のトラブルによるストレスを感じないためにも、予防歯科の習慣を見に付けましょう。当院は予防を第一に考える歯科医院です。

image
この記事の編集・責任者は歯科医師の幸田昇です。

梅田アップル歯科

  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビルディング5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2021年1月26日開院

休診日:水曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top