歯の根の治療

HOME > 一般診療 > 歯の根の治療
サムネイル

このページの目次

歯の根の治療

歯の根の病気と治療

歯の根の治療とは

歯には一般的に「神経」と呼ばれる歯髄というものがあります。この歯髄は、歯の根から歯の中に入っており、歯に栄養を供給することで、歯の成長を手伝ったり、歯のダメージの回復を行う重要な役割を果たしています。「歯の根の治療」とは、この歯髄がむし歯や外傷などなどに伴い、炎症や感染を起こした際に必要な処置のことを言います。

しかし、歯髄は一度炎症や感染を起こすと、そのまま死んでしまうことが多く、炎症や感染の際の処置とは「治療」と呼ぶものの「抜髄」という歯髄を取って歯髄が入っていた根管とう管の内部をキレイにする処置になることがほとんどです。

歯の根の治療「抜髄」が必要になるのは、むし歯・外傷・破折(歯の亀裂)などが原因となります。抜髄をした歯は、神経を失うものの根は残ります。しかし生活反応がないため回復力をもっておらず、歯髄がある歯に比べ寿命が短い歯となってしまいます。

歯の根の病気と治療法

歯髄炎

歯髄炎とは、進行したむし歯や外傷などにより、歯の根が炎症を起こした状態です。

歯髄炎になると、強い痛みを感じたり、リンパの腫れに伴って顎や顔が腫れ上がったり、発熱を伴うこともあります。

歯髄炎の治療法はこの炎症を起こした歯髄を除去することで痛みや腫れを消失させ、炎症の広がりを防ぎます。

歯髄炎の治療の手順

  • ①むし歯をが神経(歯髄)まで到達してしまった状態です。

  • ②むし歯に感染した部位もしくはその周辺を除去します。

  • ③細くて先の尖った器具を使い、歯の神経を除去します。

  • ④神経が入っていた空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。

  • ⑤コアという歯を立てる土台を入れて補強し、型取りをします。

  • ⑥被せ物をセメントでセットして治療終了となります。

根尖性歯周炎

根尖性歯周炎とは、歯の根の先端に膿が溜まる病気のことです。この歯の根の先に溜まる膿は、むし歯や外傷などにより、歯の神経が死んでしまったり、歯の根の治療を途中で中断したり、治療した歯が何らかの原因で再感染した際に発生します。歯の根に膿がたまると、時には耐え難いほど激しい痛みを伴うこともあります。歯に神経がなくても痛むのは、この根尖性歯周炎の特徴の一つです。

治療は根管内の感染物質を除去してキレイにし、お薬を入れてから再度被せものをします。

根尖性歯周炎の治療の手順

  • ①歯の根の先端に膿が溜まり、炎症を起こしています。

  • ②被せ物とコアという土台を外して膿を抜きます。

  • ③細くて先の尖った器具を使い、根管内をキレイにして消毒します。

  • ④状態が良くなれば根管をガッタパーチャという薬で封鎖します。

  • ⑤新しいコア(土台)を入れて補強し、型取りをします。

  • ⑥被せ物をセメントでセットして治療終了となります。

歯の根の病気と治療

歯髄炎・根尖性歯周炎の治療の後は

歯の根の治療は、患者様が思っている以上に歯質を削られる場合があります。これは例えばむし歯や感染源を取り除くだけではなく、歯の形を補綴物(詰め物や被せ物)に合うよう整えるためです。この処置を「形成」と言い、形成の良し悪しは補綴の適合を左右します。歯の根の病気の後の多くは、被せ物になることが多く、場合によっては大きな詰め物(アンレー)になることもあります。歯の根の治療を途中で中断してしまうと、そこから再感染を起こして更に状態が悪化したり、場合によっては抜歯につながってしまうこともあります。歯を削られるのは嫌かもしれませんが、しっかり最後まで治療しましょう。

image

歯の根の治療を繰り返さないために

歯の根の治療は、一度行っても繰り返し痛くなり、その都度再治療を行っているという方もおられうのではないでしょうか?これは、一度目の治療でしっかり感染部位や歯髄が除去しきれていなかったり、見落としている根管があるためです。歯の根の治療は何度も繰り返すとその都度歯質が薄くなり、最終的には再治療が不可能となり、抜歯を余儀なくされる場合もあります。

ですから、「できるだけ精密に治療をしたい」というご要望もよくいただきます。そんな方には自由診療にはなりますが「精密歯内療法」をご提案しています。精密歯内療法は、マイクロスコープや特殊なファイルを使い、しっかり防湿を行った上で時間と手間をかけて行う根管治療です。歯の根の治療を繰り返したくない方は、お気軽に精密歯内療法についてのカウンセリングをお申し付け下さい。

image
この記事の編集・責任者は歯科医師の幸田昇です。

歯の根の治療のQ&A

歯の根の治療のよくある質問

Q.歯の根の治療は痛いですか?
A.基本的には麻酔で「痛み」は消失できることが多いです。ただ、歯の根の治療の場合は根管に細い器具を通しますで、圧迫されたように感じをうけることはあるかと思います。 それ意外で「痛い」と感じる場合は、麻酔がしっかり行き届いていない場合に痛みを感じることもありますので、当院では歯の根の治療時は特に気をつけて麻酔を行うよう心がけています。
Q.神経を取る必要があるかはどうやったらわかりますか?
A.基本的には診させて頂いた上での判断となりますが、目安としては「自発痛」といって「何もしなくてもズキズキと脈打つような痛み」が出るようになると抜髄となる可能性は高いと言えます。現在では一昔前であれば抜髄となっていた状態でも、歯髄温存療法(間接覆髄法、暫間的間接覆髄法、直接覆髄法、部分的断髄法、覆髄法※主に自由診療)という神経を残す治療も出来てきてはいますので、早ければ早いほど歯髄を残せる可能性は高くなります。少しでもお痛みを感じたら、治療にお越しいただくことが大切になりますが、できれば定期的に歯科をご利用いただき、むし歯にならないように予防に取り組んだり、小さなむし歯のうちに対処できるよう検診をご利用いただくことをお薦め致します。
Q.歯の根の治療は何回ぐらいで終わりますか?
A.概ねにはなりますが、保険治療の場合歯髄炎であれば5〜10回、根尖性歯周炎の場合なら7〜15回程度通院いただくことになるかと思います。自由診療の精密根管治療であればもう少し回数を減らすことは出来ます。カウンセリングでご説明しますので、どのような治療を選択するかは、患者様にご判断いただきます。
Q.歯の根の治療をしても繰り返し痛くなるのはなぜですか?
A.歯の根の先端に膿袋が出来ている可能性があります。膿袋は、体調やストレスなどさまざまな要因で炎症を起こす原因となり、ときよりズキズキ痛むことがあります。あるいは、被せ物があっていなかったり、経年劣化により被せ物が不適合になり、そこからバイ菌が入って炎症を起こしたり、むし歯の再発が起こっている可能性もあります。痛みが続く場合は排膿といって、被せものを一旦取って膿を出し切ったり、歯根の再治療を行ったり、歯根端切除術といって、膿袋ごと歯の根の先を切除する手術が必要な場合もあります。当院では再発リスクの低い治療のご提案も可能ですのでご相談下さい。
Q.歯の根の治療をしても痛みがひかないことはありますか?
A.はい、あります。一度目の歯の根の治療は抜髄と言って、神経を取る処置が必要となります。抜髄をすると歯の中の神経はなくなりますが、そこにつながっていた神経は切断された状態で残っています。そのため、この神経の切断部分が回復するまでは、痛みが出ることは仕方がないことでもあります。抜髄後は痛み止めを処方されると思いますので、お薬を服用しながらお痛みの回復をお待ち下さい。
Q.歯の根の治療をすると歯が弱くなるというのは本当ですか?
A.はい、本当です。正確には、神経を抜いた歯は生活反応を失い、免疫力がなくなります。そのため、「弱くなる」というより細菌が入った場合の「抵抗力を失う」という方が正しいかもしません。また、歯髄のない歯は血液が通っていないため、栄養を供給することが出来ず、脆くなり破折しやすくなります。しかし、強度自体は抜髄した歯と抜髄する前の歯でも変わりはないという論文もありますので、治療をする意義はあります。抜髄してもその歯は唯一無二のあなたの天然歯です。しっかり治療して、悪くならないようにメインテナンスを行うことが重要です。

※1)根管治療は歯の強度に非常に小さな影響しか与えない

Q.神経を抜いた歯が痛くなることはありますか?
A.はい、神経を抜いた歯でも再び虫歯になると痛みを感じることはあります。これは歯の中に神経がないだけであり、その歯の根の先端や周りには神経があります。そのため、バイ菌が入って炎症を起こしたり、膿が溜まったりすると痛みを感じます。気をつけなければならないのは、抜髄をした歯は多くの歯質を削っているため、何度も再治療ができないということです。再発したむし歯が進行したり、複数回治療を重ねると、これ以上削る歯質がなくなったり、治療できても歯質が薄いため破折してしまうこともあります。そのためにも、定期的に検診チェックすることが大切になります。
Q.歯の根の治療をした歯を噛みしめると痛いのですが、再治療が必要ですか?
A.破折している可能性があるかもしれません。まずは、再治療ができる状態なのか、破折をしていて抜歯が必要なのかを検査する必要があります。
この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。

梅田アップル歯科

  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビルディング5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2021年1月26日開院

休診日:水曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top