短期集中歯科治療のQ&A

HOME > 自由診療 > 短期集中歯科治療 > 短期集中歯科治療のQ&A

短期集中治療についてのよくある質問

Q.短期集中歯科治療は1回で全ての治療が終わりますか?
A.短期集中歯科治療1回では全ての治療は終わりません。例えていうなら10回かかる治療を3回にまとめるようなイメージです。詳しい回数や費用は、まずは資料を撮らせていただき、カウンセリングにて治療の方針を立て、その上で期間や費用のお見積りをご提出いたします。
Q.仕事で何度も通うことができません。どれぐらい回数は短縮できますか?
A.短期集中治療にて回数を減らすことは可能です。しかし、そもそも患者様ごとに必要な治療が異なってきますので、一概に「何回回数を減らせます」とお伝えすることは難しいです。まずは1時間、検査の時間を空けていただき、足をお運びいただきましたら、診断の上、どの程度の治療回数でどのような治療が可能なのか、患者様ごとの治療計画をご提案いたします。
Q.静脈内鎮静法を使って治療をした場合、治療後すぐに帰宅できますか?
A.当院が帰宅しても問題ないと判断できましたらご帰宅いただいて結構です。
当院では静脈内鎮静法の使用には「歯科診療における 静脈内鎮静法ガイドライン」に即して行っております。付添人やタクシーで変えられる場合と歩いて帰られる場合などに分けて検査基準が設けてありますので、それを1つの判断基準とさせていただいています。鎮静が覚めるまでには個人差がありますので、治療後のスケジュールはゆとりを持って組んでいただきますようにお願いしております。

静脈内鎮静法ガイドラインの参考文献

Q.たくさんの治療を行うことで痛みや顔が腫れたりしませんか?
A.長時間の治療をすることではなく、治療の内容によってお痛みや腫れたりする場合がございます。説明をよくお聞きになり、処方させていただくお薬を服用いただき、当日はゆっくりお休みください。
Q.短期集中歯科治療は保険で受けられますか?
A.残念ながら自由診療のみとなります。保険診療は健康保険等の公的医療保険制度が適用される診療のことです。各疾患に応じて検査や治療内容等が決められているので、その制限内での治療等をしなければなりません。保険治療は、どの医療機関であっても同じ内容の診療を、同じ金額で受けることができる仕組みです。短期集中歯科治療はそのルールに準じた治療ではありません。ですから、必然的に補綴(詰め物や被せ物)も自由診療のものをご選択頂く必要があります。また、静脈内鎮静につきましても、当院での治療においては自由診療のみとなります。
この記事の編集・責任者は歯科医師の幸田昇です。
タグ: , ,

短期集中歯科治療のQ&A | 公開日: 2021/02/20 | 更新日: 2021/05/13 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

5月12日から水曜日・お昼の休憩時間も診療します。詳細→診療時間変更のお知らせ

診療情報

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top