根管治療の前後で歯が痛い時の原因と対処法

HOME > 新着情報 > 根管治療の前後で歯が痛い時の原因と対処法

歯が痛い!根管治療が必要かも

歯の根の治療について

軽度〜中程度のむし歯治療は歯の表面を削って詰め物を被せる治療になりますが、歯の神経「歯髄」までむし歯が進行してしまうと歯は激しい痛みを伴う場合があり、長く続くと私生活に大きく影響してきます。早く治したいこの症状を治療できるのが「根管治療」になります。

実際の診療で「神経を取りましょう」と言われてもどうなるのか想像しにくいですが、単純なむし歯治療と比較すると難しく時間のかかる治療で、治療中や治療後に痛いと感じることも少なくありません。

そんな根管治療の「痛み」について、治療前・治療中・治療後と分けてお話しします。

根管治療

根管治療前:痛みは少ないが違和感がある

慢性期の歯の痛み・症状

慢性期とは比較的痛みも少なく症状も穏やかな状態のことを指します。我慢できる程度の痛みである場合も多いですが、寝不足で免疫力が落ちている等のきっかけによって症状がひどくなる場合があります。

現れる症状としては「噛んだ時に痛い」「歯を押すと違和感がある」「歯ぐきが腫れる」などがあります。ずっと続いたり断続的に現れたりと個人差が大きいので、激痛というわけではないので大抵の場合見過ごしがちです。

歯の中の状態は、むし歯の影響ですでに神経が壊死していたり、歯の根の先に膿が溜まっている可能性もあるのでいつ痛みが激しくなってもおかしくはありません。むし歯以外には歯が割れてしまう「破折」を起こしている場合も考えられます。

image

慢性期の対処法

この時点での対処法は、痛みの際に市販の鎮痛剤を服用する等で治る場合も多いですが、症状が小さいだけで歯は重篤な状態である可能性もあります。早期の歯医者での診察をお勧めします。

image

根管治療前:我慢できないほど痛い時

急性期の歯の痛み・症状

慢性期の症状が長く続くと、急に痛みが激しくなり急性期の痛みになります。急性期になると我慢しづらい痛みが続き、眠るのも困難になる場合があります。

現れる症状は「耐え難い激痛」「運動や飲酒等で血流が多くなったときの激痛」などが挙げられます。ひどくなると食べ物を飲み込むのも困難になったり、痛みを生じている上下の反対側の歯も痛むような感覚に陥ります。

歯の中の状態は神経が壊死している可能性が高く、歯の根の先に膿が溜まっているいると歯ぐきから膿が出ることもあります。

image

急性期の対処法

この時点での対処法は、実際にひどく痛みが出ている状態ですので、痛み止めの服用の他、患部を氷などで冷やす処置も有効でしょう。

しかし、強い痛みが出ている状態では痛み止めが全く効かないことも珍しくなく、早急な治療が必要になります。多くの場合、歯医者での応急処置したあと根管治療となります。

image

根管治療中の痛み

麻酔が効きにくい

急性期の痛みが出ている時には麻酔が効きにくいことがほとんどです。特に下あごの奥歯は骨もしっかりとしていて、痛みがなくとも麻酔は効きにくい箇所とされています。

一般的に歯医者で使われる麻酔は表面麻酔や浸潤麻酔(しんじゅんますい)と呼ばれる歯ぐきに麻酔をして痛みを和らげるものです。骨がしっかりしていると麻酔の効きが遅く、痛みが強いとその部位の血流が多くなり麻酔の成分がすぐに散ってしまします。

浸潤麻酔

浸潤麻酔のようす

根管治療中の痛みの対処法

鎮痛剤の服用で痛みが緩和できる場合は、応急処置として薬を服用してもらってから日を改めて治療するということも有効です。

痛み止めも効かず、緊急性が高いと判断される場合は「髄腔内麻酔」(ずいくうないますい)という方法で痛みを感じる神経に直接麻酔をします。この方法は麻酔時に強い痛みがあるので最後の手段ではありますが、ほぼ確実に麻酔がかかるのでその後の治療はかなり楽になるでしょう。

髄腔内麻酔

根管治療後の痛み

治療後も違和感があり痛い

治療を行った直後は当然痛みも継続して出やすく、麻酔が切れると余計に気になるかもしれませんが、大抵はすぐにおさまります。

また、悪くなっている部分を取り除いた後も、膿を追い出そうとする身体の作用によって痛みを伴う場合もあります。処方してもらった痛み止めがある場合、用法を守って服用しましょう。

治療後しばらくしても痛みが続く場合は、膿が溜まってできる急性の根先性歯周炎の可能性が考えられます。

image

根管治療後の痛みの対処法

一時的な痛みの場合は、痛み止めの服用で十分な場合が多いです。痛みが再発するのを防ぐため、熱いお風呂や激しい運動も控えた方がよいでしょう。

根尖性歯周炎は再度治療を行っていくことになります。対処法は限られていますが、その痛みのほとんどが細菌による感染によって起こるものであり、予防することは可能です。

治療後の痛みのリスクなどを長期的に考えて、ラバーダムやマイクロスコープの使用など、適切な治療器具を使った治療を選ぶことも大事になってきます。

マイクロスコープ

痛みが続く時はすぐに歯医者へ行きましょう

精密根管治療も対応可能です

保険診療の範囲でできる根管治療には限りがあり、最大限の治療後までのケアができないのが現状で、そのリスクの把握のないままに保険診療を進められる患者様も少なくありません。

アップル歯科では保険診療と自由診療の両方を提案可能で、感染を防ぐラバーダムや歯科用顕微鏡なども自由診療にて対応することができます。

痛みが続く場合は無理に我慢することなく、できるだけ早くの治療をおすすめいたします。

image
この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。
タグ: ,

根管治療の前後で歯が痛い時の原因と対処法 | 公開日: 2022/06/21 | 更新日: 2022/06/21 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top