咬み合わせの診断

HOME > 一般診療 > 咬み合わせの治療 > 咬み合わせの診断

咬み合わせの検査と診断

なぜ咬み合わせの検査が必要なのか

アップル歯科では、あらゆる治療において「咬み合わせ」に重点を置いて治療計画を検討しています。これは、歯を長く健康に保ち、心身に悪い影響を与えないために「咬み合わせ」はとても重要なファクター(因子)であると考えるからです。

しかし、患者様にとっては日常の生活で不具合がなかったり、見た目の問題がない限りは特に気にされることはありません。そして、ある日歯や身体の不調が現れ始め、初めてそこで「咬み合わせ」の問題を知る、ということも多くあります。だからこそ当院では、初診に取るあらゆる資料から患者様の咬み合わせを診断することで、この先起こり得るリスクや問題点を発見し、カウンセリングにてご説明するように努めています。ご自身の咬み合わせをご理解頂き、今後のセルフケアや治療にお役立て下さい。

咬み合わせの検査

パノラマレントゲン

口全体のレントゲンで口腔内に問題が生じていないかを確認します。

セファログラム

側方で顎の骨の位置や状態、正面で顎の左右差などを精査します。

口腔内写真

口腔内に視覚的な問題・歯の状態を確認・保存します。

顔貌写真

歯だけでなく、顔や唇の動き、傾き、見え方を確認します。

模型

現在のお口の状態を模型にすることで、立体的な総合診断を行います。

光学印象

不正歯列の判定や、早期接触・咬頭干渉・無接触など接触の状態を確認します。

※すべての資料を初診時に撮るわけではございません。資料採得の種類は患者様のお口の中の状態や主訴によって異なります。

光学印象を使った咬み合わせの検査

光学印象とは、光学式のスキャナーを使って口腔内を撮影することで口腔内を計測し、3Dデータ上で歯の模型を作る新しい印象方法です。

当院が使用する光学式スキャナーはiTero 5Dという光学印象をするだけでなく、様々な機能により咬み合わせの診断に役立てる事ができます。

  • 不正咬合の治療シミュレーションが可能です
  • 印象データだけでなく口腔内写真としても保存します
  • 咬合の接触状態を確認し、咬み合わせの癖がわかります
  • 咬み合わせや印象のみではなく隣接面の隠れたむし歯も発見できます
  • 歯垢(プラーク)や歯石の状態もチェックできます

光学印象を行うことで、咬み合わせやお口の状態を画像を見ながら説明することが可能です。

この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。
タグ: , ,

咬み合わせの診断 | 公開日: 2020/11/19 | 更新日: 2021/05/13 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

5月12日から水曜日・お昼の休憩時間も診療します。詳細→診療時間変更のお知らせ

診療情報

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top