当院の設備・医療機器

HOME > 医院紹介 > 設備紹介 > 当院の設備・医療機器

設備・医療機器について

自由診療の義歯治療

当院は常に新しい歯科治療機器・設備にアンテナを立て、臨床において多くの患者様に役立つと判断した物はなるべく早くから導入することを心がけています。 歯科においても以下と同じく、機器や設備は日進月歩、毎年・毎月良いものが生まれています。そしてそれらは、患者様の治療に役立つだけでなく、これまで何らかの理由が受けられなかった治療が受けられるようになったり、歯科医師の技術力や勘だけに頼らない、視覚的にも確実な診断を可能にしてくれます。

また、治療に限らず、当院を選んでくださった患者様に快適に過ごしていただくためにいろいろなサービスもご用意しています。当院は、技術力を磨くとともに、そこに機械やaiの恩恵を加えた、未来志向の治療を心がけております。

歯科用CT診断装置

断層写真により歯の根や顎の根の状態を3Dで確認する診断装置です。当院のCTはシロナ社製の「Axeos」という歯科用CTを導入しています。このCTの特徴は、低被ばく・短時間のX線照射はもちろんですが、3D画像を最大サイズで撮影することが可能ということです。従来のCTでは歯は歯の根の周辺の骨を確認できる程度のものでしたが、Axeos直径17cm×高さ13cmという広範囲の3D撮影が可能ですので、顎の先から鼻の上、つまりは上顎洞や顎関節も一度に撮影できるCTとなります。

Axeosでできる画像診断

  • 骨や顎関節の状態
  • 親知らずの萌出状態
  • 歯根の膿の大きさ
  • 根の神経の走行と本数
  • 顎骨の病変の発見
  • 潜在性の虫歯の発見
  • 神経・血管の走行
  • インプラントのシミュレーション
  • 気道の厚みの診断
  • 矯正分析

2次元では分かり得なかった情報を事前に正確に可視化できることで患者様の治療すべき箇所を見逃すことなく、より安全で負担の少ない治療を提案することが可能です。当院では初診で来院された全ての患者様にX線撮影を行なっております。身体的・心理的要因により、X線撮影を希望されない場合はお気軽にお申し付けください。

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)

肉眼では判断が難しいものも、倍率を上げて拡大観察することができます。主に根の治療に用います。従来であれば暗く狭い根管を手指の感覚のみで清掃します。それではもちろんバイ菌の取り残しのリスクは高くなってしまいます。取り残しはせっかく治療したとしても後々痛みや腫れを引き起こす原因となります。それを回避するために、しっかり治療したい方や、再発リスクを下げたい方には、マイクロスコープを用いた根管治療をお勧めしています。

光学式口腔内スキャナー(iTero5D)

iTero5Dは、口腔内をデジタルスキャンし、データとして歯型をとる機械です。

通常の歯型採得は柔らかい材料を口いっぱいに入れて固まるのを待つという手法でしたが、このiTeroはカメラの先端を口腔内に挿入し、撮影するだけですので、嘔吐反射を起こす方もほとんどおられません。

更にこの取ったデータから歯並び矯正のシミュレーションを行うことがでるため、撮影から約15分でシミュレーションまで行える機械です。その他にも、作成したデータ上の歯型から補綴(詰め物や被せ物)を作ったり、隠れた虫歯を発見したり、歯垢や歯石の取り残しの確認、咬み合わせのチェックできる機能も着いています。当院では歯並び治療だけではなく、患者様の口腔内を確認したいときに、このiTero5Dでお口全体をデータとして読み取って検査を行います。

※iTero5Dの使用に費用は頂いておりません

歯科用カメラ

アップル歯科では、全ての患者様に対して、口腔内写真の撮影を行い、診断・治療に用います。

虫歯や歯周病の診断はもちろん、お顔に対してのお口のバランスをみて、どういった過去があり将来どうなってしまうのかという点についても一人ひとり診断させていただいております。毎週行なっている症例検討会にて複数の全歯科医師が患者様の資料に目を通し、治療方針についてディスカッションすることで、診断の妥当性や診断漏れの確認などを行うことができます。患者様の治療方針は、複数の歯科医師による最善な治療計画をお作りしています。

また、一度治療に介入すると、初診時の状態にはもう2度と戻りません。ご自身の最初の状態、途中経過を記録することで治療内容の説明を容易に行うことができますし、何が原因でどこがどう悪くなったのか、後から患者様と見返して予防に活かすことも可能です。

DACユニバーサル

患者様の口腔内や口腔外で用いる切削器具を滅菌する滅菌システムです。日本の歯科医院で使用されているオートクレーブ(滅菌器)では、ハンドピースやタービンと呼ばれる切削器具は滅菌できません。しかしハンドピースもタービンも血液の付着の可能性のある器具です。梅田アップル歯科では患者様に使用するすべての器具に対し、滅菌・消毒を徹底しています。

オートクレーブ

オートクレーブとは滅菌器の内部を飽和蒸気によって高温高圧にすることで治療機器に付着した菌を滅菌する機械です。当院では、日本の歯科医院で一般的に使用されているヨーロッパ基準クラスNという、非包装の固形物を滅菌する滅菌機と、クラスBという真空状態であらゆる形状の機器を滅菌するDACプロフェッショナルというオートクレーブの2種類を使い分けています。シンプルな形状のものはクラスNで、複雑な形状の危機はクラスBの滅菌器で滅菌することで、あらゆる機器の菌を効率的に滅菌できます。

ヨーロッパ基準でいうと、クラスB>クラスS>クラスNの順で滅菌対象可能物の範囲が変わってきます。

口腔外バキューム

治療にて浮遊する歯や補綴物の削りかす、唾液、血液、細菌など目に見えない粉塵を吸引する機械です。また、歯科特有の嫌な臭いの除去にも有効です。

タグ: , , ,

当院の設備・医療機器 | 公開日: 2021/01/21 | 更新日: 2021/01/21 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

5月12日から水曜日・お昼の休憩時間も診療します。詳細→診療時間変更のお知らせ

診療情報

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top