小児矯正

HOME > 自由診療 > 小児矯正

小児矯正

お子様の歯並び治療

小児矯正の目的

「歯並び」というと、美しさや見た目をイメージする方も多いのではないでしょうか?しかし歯科では悪い歯並びのことを「不正咬合」と言って、「咬み合わせ」として捉えます。不正咬合は見た目ももちろんですが、「むし歯や歯周病になりやすい」「しっかり噛めないため消化器官や脳に影響を及ぼす」「口呼吸から脳の発達に影響する」など、様々な身体的な問題に関わってきます。ですから、歯並びを単なる見た目の問題と捉えず、心身の健康のためと捉えると「不正咬合に対する治療」として矯正治療をご提案することがあります。

矯正治療の中でも、「小児矯正」というお子様の矯正治療は、大人の矯正治療と違って骨格にアプローチが可能な治療です。単に歯並びを綺麗にするだけではなく、大人になった時に歯が綺麗に並ぶスペースを作る為に口腔習癖や顎、顔面の成長発育を考えて行う矯正になります。

もし、お子様の歯並びや将来の口元をご心配に思うのであれば、まずはカウンセリングだけでも受診ください。

歯並びが悪くなる原因

日本人は、実は人種的に「歯並びの良い人種」ではありません。世界的に見ても歯並びは悪い方とも言われていますし、平成28年の国の調査では「叢生(ガタガタの歯並び)」がある人が26%、歯列に空隙のある人は10%程度いるという結果が出ています。(※1)

では、そもそも歯並びが悪くなる原因は何かというと、主に以下の3つが原因であると言われています。

遺伝
体の特徴や骨格が親から遺伝するように、顎の骨や形状も遺伝するため、当然歯並びも遺伝します。
習癖・習慣
指しゃぶりや爪噛み・頬杖・うつぶせ寝・舌突出癖・口呼吸・食生活など、様々な習癖が少しずつ歯を押し出し、歯並びが悪くなります。
口腔内の環境悪化
むし歯・歯周病・親知らずなどによる欠損や歯ぐきの変化など、口腔内環境のバランスが乱れると、歯並びにも影響します。

※1)叢生のある者は約26%(表23、図23)、歯列に空隙のある者は約10%(表24、図24)であった。 オーバージェットの状況は表25、図25、オーバーバイトの状況は表26、図26、正中のずれの状況は 表27、図27に示した通りである。

小児矯正を始める時期

小児矯正には乳歯列期(乳歯のみの時期)と混合歯列期(乳歯と永久歯両方生えている時期)に行うⅠ期治療と永久歯が生えそろった後に行うⅡ期治療があります。

当院ではⅠ期治療から積極的に治療を行う方針でお子様の矯正に取り組んでおります。

年齢的には、症例や個人差によって異なりますが、5〜12歳の間で歯の生え変わりの状態を見ながら矯正時期を検討します。

矯正が必要な状態・習癖や噛み合わせ・歯並び

小児矯正の適応症例

乳歯の早期喪失

乳歯が虫歯や何らかの原因で早くに抜けてしまった場合

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が前方に突き出ている状態

下顎前突(受け口)

下の歯が上の歯より前に出ている状態、受け口とも言います

開咬(ポカン口)

奥歯を噛んだいるが上下の前歯が噛んでいない状態、常にポカンと口が開いているような状態

切端咬合

奥歯で噛んだ時に上下の前歯が先端同士で当たっている状態

叢生

いくつかの歯が傾いたり重なったりしている状態、デコボコの歯並び

Ⅰ期治療とⅡ期治療

矯正治療は「Ⅰ期治療」と「Ⅱ期治療」といって、年齢によって異なる2つの治療に分類されます。

ここまででご説明している「小児矯正」は所謂「Ⅰ期治療」のことを言い、咬合育形成とって顎を育てる(広げる)治療のことを説明してきました。「Ⅱ期矯正」とはいわゆるみなさんが思い描いている歯に装置を着けて並べるような矯正です。(現在はマウスピース型も増えています)

Ⅰ期矯正は顎を育てる治療です。歯が並ぶすスペースを確保することで、いわば歯に自ら並んではえてもらうように仕向ける治療です。そのため、歯のねじれや細かな位置の調整などはできません。一方のⅡ期治療はワイヤーやマウスピースの矯正力を使って歯を動かす治療です。ねじれや位置の移動も可能ですが、歯が並ぶスペースがなけれれば抜歯を必要とすることや、矯正力が強すぎると歯根吸収のリスクを伴うことがあります。

小児矯正にはメリットもあればデメリットもあります。中には「しない方がいい」という歯科医師もおられます。アップル歯科の見解としては「お子様によってはした方が良い場合がある」という考えです。もちろん、しない方が良い患者様もおられます。しかし、歯を失うリスクを回避し、骨格を変えることでその先の悩みやトラブルを防ぐためにも小児矯正は有効な治療であると考えています。

まずは定期的なチェックから

お子様の歯並びは、デンタルIQ(歯に対する知識)が高い保護者の方ほど、気になって仕方がないという傾向にあります。そのため「いつから始めればいいの?」「うちの子には矯正が必要?」という質問をたくさんいただきます。

小児矯正を始める時期としては、混合歯列期といって、乳歯と永久歯が混在する5歳〜12歳ぐらいの間ですが、そのお子様にとっての開始時期というのは、生え変わりの状態や成長の度合いにより個人差があります。

そのため、「この時期ぐらいから矯正を検討」し、「この時期から開始しましょう」という判断をするためにも、定期的に歯科にお越しいただくことを推奨しています。また、小児矯正はお子様の協力が必要な治療です。ですから、歯科や歯科治療に慣れていただくためにも矯正を始める前に定期検診等をご利用いただき、長い目でお子様のお口の変化を診させていただければと思います。

小児矯正の費用

種類 説明 料金

咬合育形成
11歳ごろまで可能な顎を広げて歯を並べる子供の矯正です。
治療期間…3〜4年、治療回数…36〜48回
440,000円~550,000円(税込)
この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。

子供のマウスピース矯正

子供の歯の矯正はいつから始められる?

基本的には幼少期からスタートできます

永久歯と乳歯が混在する6〜12歳頃に治療することをⅠ期治療と言い、矯正治療はこの時期から始めることができます。矯正をⅠ期治療で始めることのメリットはいくつかあり、永久歯が生え揃ってから始めるⅡ期治療よりも歯を動かす量を減らせたり、期間を短縮できる可能性があります。

また、顎や歯が正しくかみあっていない状態(不正咬合)で過ごす時間が長くなるほど、虫歯や歯周病を悪化させるリスクがあるため、小児期から治療し、歯にダメージを与えることなく綺麗なまま保存できることがあるのも利点の一つです。

骨格が成長しきってから矯正を始めると、歯科ではなく、美容整形あるいは外科矯正で治療せざるをえない場合もある上に、小児期よりも歯が動きにくくなることもあります。

もちろん患者様によって状態は異なりますので、必ずしも小児期から矯正する方が良いとは言えませんが、後のことを考ええると、早めにご相談をされることをお薦めしています。。

Ⅰ期治療でできること

  • 歯列弓(歯のアーチ)育形成・・・すきっ歯やガタガタの調整
  • 骨格の形成・・・下顎前方誘導、口蓋の拡大
  • 習癖の除去・・・指しゃぶりや舌の突出の除去
  • Ⅱ期矯正治療の効率性を高める

進化し続ける歯並び矯正

これまで、小児期の矯正治療は拡大床とワイヤーを使った矯正で、主に顎の大きさを広げて歯が並ぶような土台づくりとして顎の成長をコントロールさせるものでした。

もちろん、全ての歯が綺麗に並ぶこともありますが、成長が進むにつれて叢生(歯のがたつき)の部分が残るケースも多々ありました。

しかし近年では、マウスピース型の矯正装置が開発され、中でもインビザライン社のマウスピース矯正装置「インビザラインファースト」はお子様の歯を1つ1つ動かして歯を並べることができるようになり、注目を集めています。

Ⅰ期治療をインビザラインファーストで行うメリット

成長期を活かして歯並びを治療します

インビザラインファーストは、お子様の顎の成長をコントロールすることと並行して、歯の並びを整えるマウスピース型の矯正装置です。

従来の矯正では「顎の大きさのコントロール」と「歯列矯正」は別々の時期に行っていましたが、インビザラインファーストは同時進行することができるのです

また、将来的に永久歯が萌出する予定のスペースをあらかじめ担保しておくこともできます。そのため、永久歯と乳歯が混在する時期でも本格的な歯科矯正治療を実現できます。

1.目立たない

インビザラインファーストは薄くて透明なプラスチック製の矯正装置です。従来の矯正器具のようにワイヤーが目立つ、というようなことはありませんので、お子さんがコンプレックスを持つことなく治療できます。

2.違和感が少ない

従来の装置と比較して、装着した際の違和感が少ないので、子供でも抵抗なく装着してくれることが多いです。また、大きな器具が入らないため、口腔内に傷をつけにくいのです。 もちろん着け始めは違和感を伴いますが1週間もあれば慣れるお子様がほとんどです。

3.痛みが少ない

凹凸のある器具は使わないので、頬や歯茎を傷つけることがほぼありません。ワイヤー矯正と比較しても1度にかける力が小さいため、歯を動かしている際の痛みも感じづらいです。

4.虫歯や歯肉炎になりづらい

マウスピース矯正装置は、いつでも取り外しが可能なので、装置と歯の隙間に食べかすがたまっても、歯磨きで除去できるので、虫歯予防にもつながります。

5.スポーツや金管楽器にも

矯正装置にワイヤーやブラケットが付いていないため、装置を取り付けたままスポーツをしてもお口の中を傷つけません。同様に、金管楽器で演奏する際も邪魔になることは少ないでしょう。

6.治療期間が短い

従来まで、顎の拡大と歯並び改善を、それぞれ異なる期間に分けて行っていましたが、マウスピース矯正では同時に行うことができるので、治療期間の比較的短く済みます。

7.指しゃぶりや舌の突出癖などの習慣改善にも

小児期に起こる歯列不正の主要な原因のひとつが指しゃぶりです。

指しゃぶりは、指を口で吸うことで上下の前歯が噛み合わなくなったり、顎の咬み合わせがズレてしまったりと、歯と顎の成長に影響を与えてしまう可能性があります。

具体的には、上の前歯が突出した「出っ歯」や、上下の前歯の間に隙間ができる「開咬」という状態になってしまうきっかけになってしまう恐れがあります。

マウスピースをしている間は指しゃぶりしづらく、同時に矯正も行うため、歯並びの悪化を防ぐことができます。

インビザラインファーストの注意点

1.毎日装着しないと効果が現れない

インビザラインファーストは、取り外しできるのが大きな利点ではありますが、そのメリットの反面、きちんと装着していただけねば、矯正の結果は現れません。 お子様の協力がもちろん必要ですが、保護者の方の管理も重要となります。

目安としては、1日20時間以上はアライナー(矯正装置)を装着していただかないと、想定通りの治療効果が得られない可能性があります。

2.治療期間について

患者様の歯列の状態によって、治療期間は変動しますが、基本的には最大でおよそ18か月となります。

ワイヤー治療に比べてⅡ期治療の必要性は低い傾向があるとはいえ、最終的な仕上げとして永久歯が生えそろった時期の矯正も想定していただければと思います。

インビザラインファーストによる矯正治療が終了した後のⅡ期矯正移行は、治療後10年以内におこなうことをお勧めとされています。

また、Ⅰ期治療の終了後にⅡ期治療に移行するかどうかは、歯科医師の判断と患者様のお気持ちによって決まります。

3.インビザライン矯正ができない場合もあります

残念ながら全ての患者様に適応できるわけではありません。歯並びや顎の状態によっては、インビザラインファーストによる治療が適さない場合がございます。その場合、他の治療法を提案させていただきます。

マウスピース型矯正装置(インビザラインファースト)の適応条件

第一大臼歯を有し、切歯(乳歯もしくは永久歯)の少なくとも2歯が2/3以上萌出。

少なくとも3/4顎 に乳歯(C、D、E)又は未萌出の永久歯(3、4、5)を2歯以上有していること

インビザラインファーストの費用

インビザライン

  • 税込440,000円〜880,000円
  • マウスピース矯正
  • 歯並びの状態により異なります。

調整料

  • 0円
  • 3ヶ月に1度程度
  • マウスピース型矯正装置はトータルフィー(調整費込)となります。

お子様の歯並びでお悩みの方に

インビザラインファーストによる子供の歯並びは、顎の成長に合わせて治療することで、身体への負担を小さくし、歯も動きやすいのでスムーズに治療が進められる場合が多く、結果的に成人から治療を始めるよりも費用を抑えることも期待できます。

また、矯正装置が目立ちにくいのでお子様のコンプレックスになりにくく、周囲の人に気づかれずに矯正できる可能性もあります。

小さなお子様にとってさまざまな利点がある治療ですが、マウスピース矯正は自費診療となりますので、費用の負担は決して小さくありません。

そのため医院側から無理に勧めることはありませんのでご安心ください。

この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。

小児用トレーニング矯正装置

口腔習癖による歯並びの悪化

歯並びは習癖(くせ)で後天的に悪くなることがあります。

口腔習癖が歯並びに与える影響

口腔習癖によって口の周りの組織から異常な力が歯に加わると正常な成長発育を阻害し様々な不正咬合を引き起こす事もあります。口腔習癖の全てが必ずしもも不正咬合を引き起こすわけではありませんが頑固で長い時間続くものは不正咬合になる可能性が高くなるので以下の習癖には注意してください。

矯正が必要な状態・習癖や噛み合わせ・歯並び

代表的な習癖

指しゃぶり

哺乳の時以外は上顎の幅が小さくなったり奥歯の噛み合わせが悪くなる原因になります

おしゃぶりの長期使用

開咬、上の前歯が前に傾く原因になります

口呼吸(ポカン口)

正常な鼻呼吸がが妨げると口呼吸になりこれが長期にわたって持続すると口が閉じにくくなり、上顎の幅が小さくなったり上の前歯が前に傾く原因になります

爪を噛む

歯がすり減ったり傾く原因になります

唇を噛んだり舌を突き出したりする

上は前歯が前に出たり、すきっ歯になったり、下は前歯が舌側に傾く原因になります

※1)対象とした 66 名中,装置を継続使用した 52 例(78.8 %)で被蓋改善が認められ,咬合の安定が認められた

悪い口腔習癖を治すには

許容時期を過ぎた指しゃぶりや口呼吸などは将来の歯並びや顎や顔貌などに影響を及ぼすことがあります。このような習癖を改善し正常な発育を促すための治療や取り外しの可能なマウスピース型の装置があります。

口腔筋機能療法
MFTという、習癖によって悪くなった舌や口唇、頬などの口腔顔面筋のトレーニングをとおして整えます
ムーシールド
反対咬合に有効な低年齢児に効果が認められる(※1)マウスピース型矯正装置
プレオルソ
子供の成長にあわせて顎を広げて永久歯の生えるスペースをつくっていくマウスピース型矯正装置
マイオブレース
習癖によって後天的に悪くなった歯並びを根本的原因に働きかけることで整えるマウスピース型矯正装置

お子様の癖が気になる方

指しゃぶりをやめない、気がつけば頬杖をついている、爪を噛むなど、お子様の習癖に悩む親御さんは少なくありません。しかし、それによってお子様の歯並びや咬み合わせが悪くなる可能性があることは、意外に知られていません。「両親は歯並びが良いのに、お子様は歯並びが悪い」というのは、もしくかしたら習癖が原因かもしれません。

習癖による歯並びの悪化は、早ければ早いほど改善できる可能性は高くなります。また、ムーシールドのように、低年齢児のみに有効な反対咬合の治療もあります。矯正が必要かどうか、マウスピースによる改善が可能かどうかなど、まずは歯科医師に診せることが肝心です。お子様の歯並びや咬み合わせが気になる場合は、お気軽にご相談下さい。

小児矯正の費用

種類 説明 料金

T4K
マウスピース型の小児用矯正装置です。就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。 ※小児矯正治療費に含まれます
小児矯正治療 440,000円〜(税込)

プレオルソ
マウスピース型の小児用矯正装置です。就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。 ※小児矯正治療費に含まれます
小児矯正治療 440,000円〜(税込)

ムーシルド
マウスピース型の低年齢児用矯正装置です。お子様の反対咬合の早期治療です。 1装置88,000円(税込)
この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top