治療の痛みを抑える方法

HOME > 痛みの少ない治療 > 治療の痛みを抑える方法

治療時の痛みを抑えるために

世の中には「歯科医院が嫌い」という方が少なからずおられます。そして歯医者が嫌いな方の多くの理由は「痛い」からという理由ではないでしょうか?

当院では、そんなみなさんが嫌いな「歯の治療時の痛み」をいかに抑えることができるかを考え、治療にあたっています。

ここでは、そんな歯科治療時の痛みについて、当院が行っている痛みの抑え方の一部をご紹介しています。歯科治療の痛みが苦手、痛みが怖くてなかなか歯医者に行けないとう方も、「これなら受けれそう」と思ったらお気軽にご相談にお越し下さい。

治療時時の痛みを抑える3つの基本

麻酔時の痛みを抑えるために

表面麻酔

麻酔の針を打つ場所に、表面麻酔を置いて染み込ませることで、麻酔針の挿入時の「チクッ」という痛みを消失させます。表面麻酔はその効果と有用性を認める論文もあり、副作用も少ない安全な麻酔薬です。表面麻酔は保険の対象ではありませんが、費用は頂いておりません。

35ゲージの針

現在医科でも使用されている針の中でも最も細い針を使用しています。針先の太さがわずか0.2mmと注射針の中でも極めて細い注射針です。糖尿病の患者さんが自分でインスリンを打つ際に、少しでも痛みを抑えるために開発された33ゲージの針より更に細く、痛点にあたりにくいことから痛みを抑えることができます。

歯科医師の技術

麻酔を効かせるには、痛点の少ない可動性粘膜という場所に、テンションをかけながら針先の角度を確認しながら穿刺することで穿刺時の痛みを抑えます。その後初めはゆっくり、徐々にスピード上げながら麻酔液を射出し、およそ1本の麻酔に2〜3分かけて注射します。手間をかけることで痛みを抑えることができます。

※1)nzocaineは即効性があって,麻酔時間は長くつづくことが明らかとなり,有効な表面麻酔剤であった.

「オエッ」となる嘔吐反射がある方には

歯の治療時の痛みが怖い方へ

歯の治療の痛みが怖いという人は、実は子供だけではなく成人された方にも多くおられます。これは、過去の治療の経験から昔の歯医者での恐怖や痛みが「トラウマ」になってしまったり、歯科の治療は痛いものという思い込みがあるためではないでしょうか?確かに、私たち歯科医師からしても、昔の治療は痛かったという経験を持つ者も少なくありません。しかし、現在では歯科の治療の痛みはかなり抑えれるようになってきています。

これは技術や道具の進歩も然りですが、歯科医師自身も患者様の「痛み」に対して配慮が必要という時代の流れでもあります。
過去の記憶やトラウマでなかなか歯科治療を受けられない方、試しに一度ご相談のつもりでお越しください。当院は可能な限り痛みを抑えた治療に尽力致します。

この記事の編集・責任者は歯科医師の幸田昇です。
タグ: , ,

治療の痛みを抑える方法 | 公開日: 2020/10/23 | 更新日: 2021/05/13 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

5月12日から水曜日・お昼の休憩時間も診療します。詳細→診療時間変更のお知らせ

診療情報

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top