精密義歯治療

HOME > 自由診療 > 精密義歯治療

精密義歯について

保険の入れ歯が合わない方へ

自由診療の義歯治療

歯を失った後の治療法の一つ、義歯(入れ歯)治療。その中でもまだまだ多くの方が選択される治療法が義歯(入れ歯)治療です。

入れ歯を作る時、多くの方が保険適用可能な義歯を選択されます。しかし、うまく咀嚼ができなかったり、温度を感じなかったり、すぐに合わなくなることから「もっと良い入れ歯」を希望されることもあります。

当院では「しっかり噛める入れ歯」を求められる患者様に、いくつかの入れ歯をご提案が可能です。「インプラント以外の治療」「丈夫な入れ歯」など、ご要望に応じて入れ歯をお作りいたしますので、まずはお気軽にご相談下さい。

精密義歯の種類

BPSデンチャー

外れにくくよく噛めて、自然な見た目にこだわって作るオーダーメイドの精密入れ歯です。

メリット
  • 金属味がなく味覚に影響しにくい
  • 修理や調整が金属より容易
  • 歯ぐきに近い審美性
  • 義歯専門の職人によるオーダーメイド
デメリット
  • 保険適応外なので費用がかかる
  • 保険適応外のため費用がかかる
  • 義歯の中では治療期間が長い

金属床デンチャー

金属により強度を補填し、熱を伝える壊れにくい入れ歯です。

メリット
  • コバルト コストパフォーマンスが高い
  • チタン アレルギーが少ない。症例が多い。丈夫で強く、軽い
  • プラチナ 歯ぐきに近い審美性
デメリット
  • コバルト やや重く、金属床の中では温 度が伝わりにくい
  • プラチナ 変形しにくく修理が困難

ノンクラスプデンチャー

弾力性のある樹脂を使ったクラスプという針金の見えないタイプの入れ歯です。

メリット
  • 針金がなく審美的
  • 装着や取り外しが簡単で手入れが楽
  • 義歯が落ちたりせず食事や会話が楽しめる
  • メンテナンス性に優れている
デメリット
  • 保険適応外のため費用がかかる
  • 素材自体の寿命が短いためオーバーホールが必要
  • 適応が限られている(主に前歯部)

コーヌスクローネ デンチャー

茶筒のように2重構造でできた冠をはめ込み、摩擦の力で義歯を固定する義歯です。

メリット
  • コンパクトで薄く、装着・着脱が容易
  • 雑菌もつきにくく、口腔ケアも容易
  • フィット感・装着感が良く 破損しにくい
  • 他の義歯に比べて発音も容易
デメリット
  • 保険適応外のため費用がかかる
  • 適用症例が限られる
  • 残っている歯を削る必要がある
  • 治療技術や手間がかかる
この記事の編集・責任者は歯科医師の幸田昇です。

精密義歯についてのQ&A

精密義歯についてのよくある質問

Q.自由診療の義歯にすると入れ歯が合わなくなくならないですか?
A.いいえ、入れ歯が合わなくなるのは義歯の故障ではなく、ご自身の骨の変化や歯ぐきの後退によることが多いため、いずれ合わなくなります。しかし、トラブルが少なくなったり、耐久性が強いため壊れにくくはなると思います。義歯のトラブルはについては装着後2〜4年で多く発生し、10年以上経過した症例はほとんどトラブルがないという部分義歯についての論文データがあります(※10。

※1)本調査の全症例における経時的なトラブルの発生率の推移をみてみると必ずしも経過年数に従って上昇するとはかぎらず,2〜4年と6〜10年に高くなるというパターンを示した.

Q.保険診療の義歯から自由診療の義歯に変えるのに期間のしばりはありますか?
A.いいえ、保険診療から自由診療の義歯に変えるのには期間のしばり、ルールはありません。保険診療の入れ歯から新たに保険診療の入れ歯を作り変える場合は6ヶ月以上開ける決まりがあります。
Q.自由診療の義歯にすると咀嚼力は上がりますか?
A.多少の違いは出るかもしれませんが、過度な改善は期待できないこともあります。自由診療の義歯にはそれぞれ特徴があり「壊れにくさ」「見た目」「外れにくさ」など、保険の義歯には勝るものがあっても、義歯であることには違いがありません。ご自身には何が合っているのか、よくご相談の上ご決断いただくこととをお薦めいたします。
Q.インプラントと精密義歯はどちらが良いですか?
A.一概に「どちらが良い」ということは言い切れません。インプラントは、天然の歯と同じように1本で歯を支えますが、入れ歯は支台歯にフックをかけたり、床を粘膜に貼り付けることで歯冠を固定します。論理的に考えると、インプラントの方が良いように感じますが、それでもインプラントが合わず、入れ歯の方が良いと言われる方もおられます。また、インプラントは手術を伴う治療のため、そのリスクを負いたくない場合や、全身に疾患があり手術ができない場合は入れ歯治療の方が良いこともあります。比較するとメリットはインプラントの方が多いですが、結局の所はご自身の希望の治療が一番良い選択であると思います。私達歯科医師は、その判断のお手伝いのために、それぞれの治療のメリット・デメリットをご説明いたします。詳しくはカウンセリングを受けて頂ければ、詳細なご説明をいたしますので、お話を聞いてから決めて頂ければ結構です。
Q.自由診療の義歯ができれば保険で作った入れ歯
A.施術後一時的な症状でしみることおありますが、24〜48時間でおさまることがほとんどです。もし強く症状が出た場合はご連絡ください。(虫歯や知覚過敏の症状がある方はでやすいです)
Q.入れ歯安定剤は使ったほうが良いですか?
A.必要なければ使わないほうが良いと思います。ただし、そのうち入れ歯が合わなくなり、プカプカ浮くような状態になるのであれば、使っていただいて結構です。ただし、その状態で使い続けるより、一度修理にお越しいただいた方が良いかと思います。
Q.入れ歯洗浄剤は使ったほうが良いですか?
A.補助的な使用であれば使用しても構わないと思います。毎日使うと入れ歯自体が傷むこともありますので、2〜3日に1回使用する程度が良いかと思います。
Q.他院で作った自由診療の義歯の修理はできますか?
A.おそらく可能です。一度見せて頂ければと思います。
この記事の編集・責任者は歯科医師の幸田昇です。

自由診療【精密義歯の費用】

自由診療における義歯治療費用

種類 説明 料金

BPSデンチャー
「よく咬める」「痛くない」「外れない」「美しい」をコンセプトに作られた機能性と審美性を追求した義歯です。 オーダーメイド 600,000円+税
セミオーダー 400,000円+税

金属床デンチャー
口腔内の粘膜との接合部である「床」というところを金属で補強する入れ歯です。上部で壊れにくく、熱を通します。 コバルト 260,000円+税
チタン 350,000円+税
プラチナ 570,000円+税

ノンクラスプデンチャー
クラスプという義歯を歯にひっかける針金がないため、見た目にわかりにくい義歯です。取り外しが簡単で手入れもしやすいですが、寿命が短い・適応が限られるなどのメリットもあります。 少数歯210,000円+税
多数歯400,000円+税

コーヌスクローネデンチャー
義歯を維持する装置が二重構造でできた冠を使ったはめ込み式の義歯です。維持装置は茶筒と同じ原理で固定するため、多くの人が嫌がるクラスプをかける必要がありません。 500,000円+税※別途支台歯費用
支台歯1本 120,000円+税

エステティック
義歯の見た目をキレイに仕上げるオプションです。 200,000円+税

メタル人工歯
咀嚼力を高めるために金属の歯を使用するオプションです。 200,000円+税

梅田アップル歯科

  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビルディング5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2021年1月26日開院

休診日:水曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top