根管治療でよく使われる用語

HOME > 歯医者で使う用語集 > 根管治療でよく使われる用語

根管

歯の神経が通っている管のこと。根幹治療とはこの管をキレイにする治療です。

歯髄炎

虫歯を放っておくと、虫歯は深くまで進んで神経(歯髄)に達して、歯がしみたり、痛んだりします。 これを歯髄炎と良い、歯髄が細菌に感染してしまった状態です。こうなると抜髄、いわゆる「歯の神経を取る治療」が必要となります。歯の神経を取ると歯はもろくなり、割れやすくなります。ですから虫歯になってしまったら、早めに治療するようにしましょう。

根尖性歯周炎

むし歯や打撲などにより、歯の神経が死んでしまった場合や、根の治療を途中で止めてしまって放置していた場合、あるいは過去に治療した際に抜髄した歯などが、何らかの原因によって感染し、 その際歯の根の先端(根尖)に膿が溜まった状態を指します。こうなると(再)根管治療が必要になります。

リーマー

歯の神経を取り除く際に使用する器具です。

ガッタパーチャ

根管充填の際に使用するゴムに似た個体の詰め物、根管内を無菌状態にするための薬剤です。

根管充填

歯髄を除去した後に、内部を清潔に保ち、根幹充填剤で密閉する治療です。

コア

神経をとった後、歯に被せ物(クラウン)をしますが、その際に歯を補強するための歯の土台です。種類はファイバーコア、ゴールドコアなどがあります(自由診療)。保険治療の場合は金属のコアになります。

マイクロスコープ

歯科用顕微鏡のことです。肉眼ではとらえられない箇所を細部まで正確に見るために使用します。マイクロスコープを使用することで、根管治療の精密さは大きく変わってきます。

タグ: , ,

根管治療でよく使われる用語 | 公開日: 2021/05/10 | 更新日: 2021/05/12 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

5月12日から水曜日・お昼の休憩時間も診療します。詳細→診療時間変更のお知らせ

診療情報

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top