歯の根の治療

HOME > 一般診療 > 歯の根の治療 > 歯の根の治療

歯の根の病気と治療

歯の根の治療とは

歯には一般的に「神経」と呼ばれる歯髄というものがあります。この歯髄は、歯の根から歯の中に入っており、歯に栄養を供給することで、歯の成長を手伝ったり、歯のダメージの回復を行う重要な役割を果たしています。「歯の根の治療」とは、この歯髄がむし歯や外傷などなどに伴い、炎症や感染を起こした際に必要な処置のことを言います。

しかし、歯髄は一度炎症や感染を起こすと、そのまま死んでしまうことが多く、炎症や感染の際の処置とは「治療」と呼ぶものの「抜髄」という歯髄を取って歯髄が入っていた根管とう管の内部をキレイにする処置になることがほとんどです。

歯の根の治療「抜髄」が必要になるのは、むし歯・外傷・破折(歯の亀裂)などが原因となります。抜髄をした歯は、神経を失うものの根は残ります。しかし生活反応がないため回復力をもっておらず、歯髄がある歯に比べ寿命が短い歯となってしまいます。

歯の根の病気と治療法

歯髄炎

歯髄炎とは、進行したむし歯や外傷などにより、歯の根が炎症を起こした状態です。

歯髄炎になると、強い痛みを感じたり、リンパの腫れに伴って顎や顔が腫れ上がったり、発熱を伴うこともあります。

歯髄炎の治療法はこの炎症を起こした歯髄を除去することで痛みや腫れを消失させ、炎症の広がりを防ぎます。

歯髄炎の治療の手順

  • ①むし歯をが神経(歯髄)まで到達してしまった状態です。

  • ②むし歯に感染した部位もしくはその周辺を除去します。

  • ③細くて先の尖った器具を使い、歯の神経を除去します。

  • ④神経が入っていた空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。

  • ⑤コアという歯を立てる土台を入れて補強し、型取りをします。

  • ⑥被せ物をセメントでセットして治療終了となります。

根尖性歯周炎

根尖性歯周炎とは、歯の根の先端に膿が溜まる病気のことです。この歯の根の先に溜まる膿は、むし歯や外傷などにより、歯の神経が死んでしまったり、歯の根の治療を途中で中断したり、治療した歯が何らかの原因で再感染した際に発生します。歯の根に膿がたまると、時には耐え難いほど激しい痛みを伴うこともあります。歯に神経がなくても痛むのは、この根尖性歯周炎の特徴の一つです。

治療は根管内の感染物質を除去してキレイにし、お薬を入れてから再度被せものをします。

根尖性歯周炎の治療の手順

  • ①歯の根の先端に膿が溜まり、炎症を起こしています。

  • ②被せ物とコアという土台を外して膿を抜きます。

  • ③細くて先の尖った器具を使い、根管内をキレイにして消毒します。

  • ④状態が良くなれば根管をガッタパーチャという薬で封鎖します。

  • ⑤新しいコア(土台)を入れて補強し、型取りをします。

  • ⑥被せ物をセメントでセットして治療終了となります。

歯の根の病気と治療

歯髄炎・根尖性歯周炎の治療の後は

歯の根の治療は、患者様が思っている以上に歯質を削られる場合があります。これは例えばむし歯や感染源を取り除くだけではなく、歯の形を補綴物(詰め物や被せ物)に合うよう整えるためです。この処置を「形成」と言い、形成の良し悪しは補綴の適合を左右します。歯の根の病気の後の多くは、被せ物になることが多く、場合によっては大きな詰め物(アンレー)になることもあります。歯の根の治療を途中で中断してしまうと、そこから再感染を起こして更に状態が悪化したり、場合によっては抜歯につながってしまうこともあります。歯を削られるのは嫌かもしれませんが、しっかり最後まで治療しましょう。

image

歯の根の治療を繰り返さないために

歯の根の治療は、一度行っても繰り返し痛くなり、その都度再治療を行っているという方もおられうのではないでしょうか?これは、一度目の治療でしっかり感染部位や歯髄が除去しきれていなかったり、見落としている根管があるためです。歯の根の治療は何度も繰り返すとその都度歯質が薄くなり、最終的には再治療が不可能となり、抜歯を余儀なくされる場合もあります。

ですから、「できるだけ精密に治療をしたい」というご要望もよくいただきます。そんな方には自由診療にはなりますが「精密歯内療法」をご提案しています。精密歯内療法は、マイクロスコープや特殊なファイルを使い、しっかり防湿を行った上で時間と手間をかけて行う根管治療です。歯の根の治療を繰り返したくない方は、お気軽に精密歯内療法についてのカウンセリングをお申し付け下さい。

image
この記事の編集・責任者は歯科医師の幸田昇です。
タグ: , ,

歯の根の治療 | 公開日: 2020/11/04 | 更新日: 2021/05/13 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top