マウスピース矯正で出っ歯の治療はできる?

HOME > 新着情報 > マウスピース矯正で出っ歯の治療はできる?

マウスピース矯正で出っ歯の治療は難しい?

基本的には出っ歯の治療も可能です

「マウスピース矯正は出っ歯の治療が苦手」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、実はそんなことはありません。インビザラインは「非抜歯矯正」という歯を抜かない矯正治療を得意としています。しかし、抜歯をせずに出っ歯を治療しようとすると、帰ってゴリラのような願望に近づくなどリスクも高く、その結果「苦手」と思われることも少なくない様です。

つまるところ、難易度の高い低いはあるものの、出っ歯でも治療可能な症例が多いです。重度の出っ歯であるほど難しい治療になり、「非抜歯」ではできないものの、マウスピース矯正でも抜歯矯正は可能です。

しかし、咬み合わせに問題があり、出っ歯になっているケースなどは外科手術が必要になる可能性もあります。そのため、どのような出っ歯でも必ずマウスピース矯正で治療ができるとは言い切れず、状態によって難易度は変わると言えます。

image

インビザラインのマウスピース矯正

インビザライン矯正の精度は?

ワイヤー矯正と並んで主流になりつつあるマウスピース矯正ですが、まだまだ矯正の世界でも新参者で、一概に信用できない方もおられるかもしれません。

もちろん、マウスピース矯正と言っても多種多様で、それぞれの特徴があります。当院では主にインビザラインジャパン社のインビザラインシステムを使用したマウスピース矯正を主として提供しております。いくつかの特許を取得しているインビザライン矯正だからこそ可能と言われる動きがあります。

以下ではインビザラインにおける矯正治療方法についての説明を行います。

image

マウスピース矯正での出っ歯の治し方

前歯を引っ込めるためのスペースを確保します

前歯に限らず、他の歯も矯正治療をする際は、動かす歯を収めるためのスペースが必要となります。

スペースをつくる方法と聞くとまず抜歯を思い浮かべて、不安になるかもしれませんが、実は他にも方法はあります。

抜歯を含め、スペースを作る方法は以下の4つです。

image

抜歯

image

中間の歯(主に小臼歯)を抜いてスペースを作ります。

ストリッピング

image

歯と歯の間を削ってスペースを作ります。

遠心移動

image

奥歯から一本一本歯を後ろに移動しスペースを作ります。

拡大

image

歯のアーチを横に広げることでスペースを作ります。

これらの方法をお口の状態に合わせて治療法を選択していきます。

歯を削って並べるストリッピング

ストリッピングはスペースの確保と、歯の大きさを調整できます

先ほども述べましたが、出っ歯の改善にはスペースづくりが必要です。マウスピース矯正でスペースづくりを行う際に一番よく使われるのがこのストリッピング(IPR)です。

ストリッピングは、専用のヤスリを使用し、歯のエナメル質の部分を0.2〜0.5mm削ります。

ストリッピングを行うことで、動いた歯が収まるスペースを確保できるだけでなく、歯の大きさも調整することができるので、見た目の改善につなげることができます。

image

ストリッピングについてよくある質問

Q:歯を削ることで滲みたりしませんか?
A:ストリッピングが原因で歯が滲みることはありません。本来、歯はエナメル質と言われる組織で表面を覆われています。ストリッピングでは硬いエナメル質の範囲内の量しか削りません。エナメル質の内側にある、象牙質に触れると痛みを感じますが、象牙質まで削ることはありませんので滲みる心配はありません。
Q:削ることで虫歯になりやすくなることはありませんか?
A:ストリッピング後は表面を研磨しますので、細菌が停滞しやすくなると言うことはありません。ただし、歯と歯の間にわずかな隙間ができますので食渣はつまりやすくなります。それまで以上にこまめなフロス清掃が必要になります。清潔な口腔内を保っていただければ虫歯リスクが高まることはありません。

歯を後ろに送る方法

出っ歯で前へ突出している歯を引っ込めます

歯を後ろに送ることを遠心移動と言います。

1本1本奥歯から順に遠心移動をおこなうことで、前歯のスペースを引っ込める作ることが可能となります。

これはワイヤー矯正よりもマウスピース矯正が得意とする動きです。

image

歯を抜いて並べる抜歯矯正

ガタガタの歯が多い場合は抜歯が必要となる可能性があります

従来のワイヤー矯正では多くの症例で抜歯矯正を行います。しかしマウスピース矯正では抜歯を行わずに矯正できるケースが多々あります

その理由としては前述した、マウスピース矯正が得意とする奥歯の遠心移動やストリッピングを組み合わせることによって、歯1本分のスペースを作り出すことが可能になったからです。

ただし、マウスピース矯正であっても、抜歯が必要な場合はあります。例えば、叢生(歯のガタガタ)の量が大きいケースです。歯1本分以上のスペースを作り出す必要があるほど叢生量が大きいケースはマウスピース矯正であっても抜歯を必要とすることがあります。

image

マウスピースによる出っ歯治療の注意点

歯科医師の指示を守り、マウスピースの装着はしっかりと行いましょう

出っ歯を治療する際には歯を大きく移動することとなります。マウスピース矯正は患者さんの装着時間に矯正力を委ねることとなります。歯科医師の指示する装着時間をしっかりと守っていただかない限り、計画通り歯が並ぶことは難しくなります。特に抜歯を伴う場合はより厳密に装着していただきます。

もしも装着時間を守っていただかないと、計画通りに歯が並ばないだけではなく、歯の神経が死んでしまったり、悪い方向に歯が動いたり、歯の根が吸収されたりと大きなリスクを伴うことがありますのでご注意ください。

前歯のマウスピース矯正についてお悩みがあればお気軽にお問い合わせください。

インビザライン矯正の費用・治療期間はこちら

image
この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。
タグ: , , , ,

マウスピース矯正で出っ歯の治療はできる? | 公開日: 2022/05/26 | 更新日: 2022/05/26 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top