フルマウス(全顎的)治療

HOME > 自由診療 > フルマウス(全顎的)治療

歯がボロボロになってしまったら

歯がボロボロすぎて歯医者に行けないとお悩みの方へ

どれだけ悪くても安心してお越しください

監修:梅田アップル歯科 歯科医師新殿にいどの 慶太けいた先生

歯医者が苦手で歯が痛くても治療に通えない」「嘔吐反射で治療ができない」「歯がボロボロになりすぎて歯を見せるのが恥ずかしい」など、歯科医院には毎日いろんな理由で歯がボロボロになってしまった方がお越しになられています。

その中には「もっと早くに来たかった」けど「歯医者に口の中を見られるのが恥ずかしい」「怒られそう」などの理由で治療に踏み切れなかったという方が多くいらっしゃいます。

しかしそんな心配は御無用です。私たち歯科医師はどんな状態でもそこから良くすることが仕事です。少なくても当院の歯科医師は、「何とかしてあげたい」と奮起することはあっても、怒ったり笑ったり、患者さんを咎めたり辱めるようなことはいたしません。まずは安心して相談にお越しください。

どれだけ悪くても諦めないで下さい

歯がボロボロになってしまった方へ

たくさんのむし歯があったり、むし歯で根だけ残ってしまっている状態や、歯周病で多くの歯がグラグラしたり抜けてしまったり…、「困っているけどなかなか歯医者に行けない」という方、そんな方ほど歯医者に来て欲しいと、少なくとも私達は考えています。

歯がボロボロになってしまった患者様に、いつも私達がお伝えするのが「どれだけ悪くても怒るようなことはありません」「どんな状態でもこれ以上悪くならないよう、今より良くするのが私達の仕事です」という2点です。どれだけボロボロになっていても恥ずかしがる必要も、「怒られる」とご心配される必要もありません。私達はそんな状態の患者様を毎日のように診て、少しでもよくするために治療することが役目です。大切なのは良くなりたいという思いです。まずは勇気を出して、ご相談だけでもお越しください。

どうして歯がボロボロになるの?

歯がボロボロになる方には、いくつか理由があります。

  • 歯医者が怖くてむし歯になっても通えなかった
  • 仕事や学業が忙しくて、なかなか歯医者に通うことができない
  • 咬み合わせが悪く、徐々に歯が悪くなってしまった
  • 過去に歯医者でされた治療がトラウマで、歯が痛くても歯医者に行こうと思わなかった
  • 妊娠・出産時にホルモンバランスの崩れから口腔内が悪くなり、その後も育児で歯医者に行けなかった
  • セルフメインテナンス(歯磨き)が苦手で、さぼっていたら悪くなった

など様々ですが、一つだけ共通していることがあります。それは「歯医者に行っていない」こと。もちろん、歯医者に通っているのに虫歯ができたという方もおられるかもしれませんが、それでも定期的に歯科に通う方は、「ボロボロ」になることは考えにくいです。ボロボロになるのを防ぐ、ボロボロになった歯を良くするには、歯医者に通って頂く必要があります。

歯がボロボロになる疾患

歯がボロボロになるのは、何らかの疾患が影響しています。2016年に行われた歯科疾患実態調査によると、歯を失う原因は1.歯周病(37.1%)、2.むし歯(29.1%)、3.破折(17.8%)となっています。では、なぜこれらで歯を失うことになるのでしょうか。

歯周病 歯周病は進行を伴う感染症です。歯周病はサイレント ディジーズ(沈黙の病気)とも呼ばれるほど初期には症状が見えないため、気がつけば進行が進み、手がつけれない状態にあることもあります。
むし歯 歯周病と同じく進行する感染症です。1本の歯が虫歯になれば、その歯は時間と共に進行によって歯質が溶かされ、その菌が他の歯に感染し、同じく時間の経過とともに悪くなっていきます。
不正咬合 悪い咬み合わせが原因で、特定の歯に力が加わり続けることで歯が割れたり、手入れが困難な歯並びによる清掃不良がむし歯や歯周病が進行してしまいます。

ボロボロになった歯はどんな治療をするの?

歯がぼろぼろになってしまった場合、主に上の3つに対する処置が必要となります。「治療できるむし歯は治療して」「歯周病の進行を止めて」「抜けてしまった歯の治療を行う」、この3つを状態に応じて行う必要があります。

歯周病の場合

  • 歯周病の原因となる、歯垢や歯石を除去し、歯肉の状態を整えます
  • 必要に応じて歯周外科や再生療法を行う場合もあります
  • 抜歯が必要になる場合や歯を失ってしまっている場合は欠損補綴が必要です

むし歯の場合

  • C1〜C2のむし歯は、歯をを削り、補綴(詰め物や被せ物)による治療を行います。
  • C2〜C3のむし歯は根の治療が必要な場合もあり、その後補綴治療を行います。
  • C4のむし歯は、抜歯後欠損補綴(入れ歯・ブリッジ・インプラント)を行います。

不正咬合の場合

  • 主に奥歯から整えていきます
  • 歯並びが必要な場合は、先に矯正を行うこともあります
  • 最後に補綴(詰め物や被せ物)で、しっかりした咬み合わせを作ります

全体的な補綴治療

虫歯や歯の欠けで、歯冠部分が大幅に失われていても、歯根という歯の根っこの部分が残っていれば、被せ物の治療で歯冠を修復することができます。

歯の根の治療は神経を取ったり、根管を清掃するという処置が必要なため、通院回数は膨らむ可能性が高いです。しかし、天然の歯を残せるのであればそれに超したことはありません。

ただし、残根(歯茎の中に埋まっている残った根の部分)が10mmを切ると、抜歯となります。ただし、両隣の歯の根が残っていれば、入れ歯・インプラントに加え、ブリッジという両隣の歯を土台にして欠損部の上に連結した歯を並べることもできます。

被せ物の治療

入れ歯を使った欠損治療

歯周病で歯が抜けたり抜歯適応となってしまったり、C4以上の虫歯で抜歯となる場合、歯を失った後にそのままにすることはできません。そのままにしていると顎の骨はどんどん吸収され、徐々に咀嚼への影響も現れ始めます。

歯の欠損に対する治療の一つが、入れ歯治療です。ブリッジは両隣の歯が必要であり、インプラントは費用が嵩むため気軽に選べる治療ではないかもしれません。

入れ歯には、部分的な欠損に対する部分入れ歯と、全ての歯を失った方向けの全部床入れ歯(総入れ歯)があります。また、自由診療には、しっかり噛めてとれにくい精密義歯や、金属を使った耐久性の高い義歯、部分入れ歯なのに金属のフック(クラスプ)がないものなど、様々な義歯があります。

入れ歯治療

フルマウスインプラント治療

自由診療にはなりますが、チタン製の人工歯根を歯の根の代わりに埋入し、その上に歯冠を立てるインプラント治療を全顎的に行うことも可能です。

人間の歯は、一般的に親知らずを除く片顎14歯ずつで咬み合わせを作っています。しかし、一般的に全顎治療では12歯で咬み合わせを作ることが多くなります。これはインプラントを埋入する骨幅を確保すること、より安定性をもたせるため、顎への負担を抑えるためでもあります。しかし、フルマウスインプラント治療と言っても12歯のインプラントを埋入するわけではありません。

通常は片顎9本のインプラントを埋入し、ブリッジの技術を用いて12歯の咬み合わせを作ります。

フルマウスインプラント

オールオン4治療

全ての歯を失った方や抜歯が必要な方に対し、フルマウスインプラントより費用や期間を抑えることができる、インプラントを使った全顎治療にオールオン4という治療があります。

オールオン4は片顎4〜6本のインプラントを埋入し、その上に全ての歯を並べる治療です。

治療期間は半年程度で、治療回数も5〜7回程度、フルマウスインプラントに比べると片顎200万円前後の費用軽減が可能です。

オールオン4

これ以上悪くならないために

実は知らない、咬み合わせの話

歯がボロボロになってしまう方の中には、むし歯・歯周病以外に「咬み合わせ」の問題がある場合があります。

例えば、咬み合わせが原因で特定の歯に咬合力がかかり、ダメージの蓄積から歯にヒビが入り、そこからむし歯菌が入り込んでしまったり、「開咬」や「反対咬合」という不正咬合に当てはまる場合は、咬み合わせが原因で歳とともの歯が悪くなってしまう場合もあります。

そして、1本の歯を失うと、これまでその歯と支え合ったり噛み合っていた歯が、支えや噛み合わう相手をなくしてしまい、横に倒れてきたり上下に伸びたようになってしまいます。これが咬合崩壊という、咬み合わせが壊れる初期段階で、1本の欠損歯を放っておくと、咬み合わせがおかしくなり、複数の歯に影響が及んでしまいます。

これを咬合崩壊と言い、たった1本の欠損がきっかけとなり起こる怖い咬み合わせの疾患です。

歯を失うことで壊れる咬み合わせ

まずは相談から始めよう

歯がぼろぼろになってしまう人は、悪くなっていく段階で「治療をしなければ」という思いが必ず起こっているはずです。

しかし、悪くなるほど「こんな状態を歯医者に診られるのは恥ずかしい」「怖い」という思いから、結局痛みや不具合を我慢してしまい、結果として更に悪くなるという負のループを繰り返しがちです。

私達歯科医師にとって、悪くなったお口を見ることが何ともなくても、患者様にとってはそうとは聞いても嫌なものだというのも理解できます。

それならばいっそのこと、相談のつもりでお越しになられてはいかがでしょうか?その上で勇気が出たらお口の中を診させて頂き、できそうなら治療まで進んでみてはいかがですか?当院はそれでも問題ありません。

どうせいつかは治療にいくなら、今は相談のつもりでお越しください。できることから始めていきましょう。

歯科医師との相談風景
この記事の編集・責任者は歯科医師の新殿 慶太です。
梅田アップル歯科院長

多数歯を治療するフルマウス治療

全顎的治療の種類

全顎的治療(フルマウス治療)とは

むし歯や歯周病、咬み合わせの問題などで歯がボロボロ、多くの歯を失ってしまった場合、単に1本1本を治療するだけではなく、咬み合わせを考えた全顎的治療(フルマウス治療)を検討する必要があります。

歯は単に1本1本が無造作に生えているわけではなく、左右の歯が支え合い、上下の歯が噛み合うことで機能し、咬み合わせを保っています。例えばこれが1本なくなっただけでも、隣り合う歯を失った歯は傾きはじめたり、噛み合う歯を失った歯は伸びはじめることもあります。これが複数の歯となると、どんどん咬み合わせや歯列は崩れていき、やがてすべての歯に影響が出始めるという最悪の事態も考えられます。これを歯科では「咬合崩壊」と言います。

この咬合崩壊を防いだり、崩れてしまった咬み合わせを整えるためにも必要なのが、咬み合わせを考えた全顎的な治療です。アップル歯科では1口腔1単位として考える、全額的な治療に力を入れています。

ほとんどの歯を失った場合の治療法

入れ歯治療

義歯床という、人工の歯ぐきなような部分を口腔内の粘膜と密着させ、総入れ歯を安定させることで歯の機能を回復させる方法です。入れ歯は種類は限られますが保険が適用されるものがあります。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット
  • 全顎的な治療の中では比較的治療期間が短い
  • 保険が適用されるものがある
  • 外科的な処置(手術)を必要としない
デメリット
  • 違和感を強く感じる場合がある
  • 毎食後取り外してのお手入れや、保管時に水に浸すなどメインテナンスが面倒
  • 歯肉や顎の骨の退化とともに合わなくなってくる

All-on-4治療

片顎に4〜6本のインプラントを埋入し、その上にすべての歯を並べる治療です。全顎インプラント治療に比べて治療期間が短く、費用も抑えられます。また、手術当日に仮歯が入るため見た目の回復も早いです。手術は半日程度かかりますが、入院は不要です。通常、静脈内鎮静法という眠ったかのような状態にする麻酔を使用して治療を行います。

All-on-4治療のメリット・デメリット

メリット
  • フルマウスインプラント治療に比べて費用が抑えられる
  • フルマウスインプラント治療に比べて治療期間が短い
  • 手術当日に仮歯が入るので見た目の回復が早い
デメリット
  • 外科処置(手術)を必要とする
  • 保険の効かない自由診療のため、費用の負担が大きい
  • 咬合力が強い方の場合、歯冠部が割れることがあり、修理が必要となる

全顎インプラント治療

フルマウスインプラントと言う、抜けた部分をそのままインプラントで補う治療です。残っている歯に咬み合わせや歯列の問題があるようなら、矯正治療を合わせて行うこともあります。

全顎インプラント治療のメリット・デメリット

メリット
  • 見た目には天然の歯に最も近い仕上がりになる
  • 天然の歯に近い咀嚼力の回復が見込まれる
  • 天然の歯と同じ歯磨きでのセルフケアが可能
デメリット
  • 自由診療のため費用の負担が全顎治療の中でも最も大きい
  • 数回の外科的処置(手術)を要する
  • 全顎治療の中でも治療期間が最も長い

どんな状態でも恥ずかしがる必要はありません

まずはご相談にお越し下さい

ほとんどの歯を失った方にとって、そこから治療をしようと一念発起するのはかなり勇気のいる選択です。中には「歯医者に口を見られるのも恥ずかしい」とおっしゃられる方もたくさんおられます。

しかし、私達は歯の治療のいわばプロです。どんな状態であっても、そこから少しでも良くしようとするのが私達の仕事です。「どんな治療が自分に合っているのか」「費用の問題」「期間の問題」など、治療の障壁となる問題は人それぞれです。どんな治療があなたに合っているかは、相談の上決めていただければ結構です。まずは相談にお越し下さい。

この記事の編集・責任者は歯科医師の新殿 慶太です。
梅田アップル歯科院長

フルマウス治療のQ&A

フルマウス治療についてのよくある質問

Q.全顎インプラントにすれば元通りの口に治りますか?
A.元通りというわけにはいきませんが、見た目の回復や歯としての昨日を取り戻すことは可能です。天然の歯とインプラントは構造的には似ていますが、天然の歯のように「たわむ」柔らかさがありません。また、インプラントには歯の根と歯槽骨の間にある「歯根膜」がという組織がありません。この歯根膜は歯と骨をつなぐ役割に加え、歯のセンサーのような役割も持っています。つまり、この歯根膜がないことで、歯に感じる微妙な感覚や噛んだときの感触が天然の歯とはちがってものに感じると言われています。しかし、それでも全顎的な治療の中でも、もっとも天然の歯に近い見た目と構造を発揮する治療であると言えます。
Q.フルマウス治療の治療期間はどれぐらいかかりますか?
A.期間は選ばれる治療や患者様の状態によって異なります。
概ねの期間でいうと、保険の入れ歯の場合で1ヶ月程度(治療回数6回前後)、All-on-4治療の場合で5ヶ月前後(治療回数4〜5回前後)、全顎インプラント治療の場合で1〜2年程度(治療回数15回前後)となります。
Q.上顎はAll-on-4、下顎は保険の入れ歯と、保険と自由診療をわけることはできますか?
A.はい。可能です。だだし、保険のルールとして混合診療と言って保険の歯と自由診療の歯の治療を混合して行うことはできません。そのため、入れ歯の治療とAll-on-4の治療を同時に行うことはできません。
Q.総入れ歯からAll-on-4にすることはできますか?
A.はい。可能です。
Q.全ての歯をインプラントにすれば虫歯になることはなくなりますか?
A.はい。虫歯にはなりません。ただし不潔な状態が続けばインプラント周囲炎というインプラントの歯周病のようなものに罹患してしまいます。インプラント周囲炎になると口臭が強くなったりインプラントが脱離する恐れもあります。天然の歯と同様のお手入れと、定期的な検診を受診いただけますようお願いします。
Q.All-on-4は4回前後の通院なのに半年近くかかるのはなぜ?
A.All-on-4は「検査」「術前クリーニング」「手術(仮歯セット)」「最終補綴」と最短4回で終わる治療です。しかし、手術後「免荷期間」と言ってインプラントが骨と結合するまで期間を開ける必要があります。そのため、回数は少なくても期間がかかってしまうということです。免荷期間はおおよそ下顎で2~4ヶ月、上顎で3~6ヶ月程度となります。免荷期間中は仮歯が入っていますので、食事も摂れますし見た目にも歯が入っています。
Q.どの治療が一番いいですか?
A.どの治療が患者様にとって一番良いかは、患者様毎に異なります。入れ歯で何も不満がない方は入れ歯で結構ですし、インプラントを使った治療をしたからといって誰もが満足のいく結果を得られるという保証はございません。自分にとって治療をすることで何を治したいのか、何に重点を置くのかによってご提案する内容も変わってきます。詳しくはカウンセリングを受診して、じっくり検討していただければ結構です。カウンセリングはご家族の方と一緒に受診いただくことも推奨しています。大切な歯のことですから、しっかり考えて、あなたにとって一番を一緒に検討していきましょう。
この記事の編集・責任者は歯科医師の新殿 慶太です。
梅田アップル歯科院長

医院情報

医院名:梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪府 大阪市北区芝田2丁目3−9 EXCEL UMEDA 2F ヨドバシカメラ マルチメディア梅田南側
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

休診日

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日

日曜・祝日診療

13時迄

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR 大阪駅 から徒歩5分(ヨドバシカメラ南側、グランフロント梅田タワーB正面)
  • 阪急 大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩3分(御堂筋「芝田1」交差点渡って3つ目の交差点を右)
  • 大阪メトロ 梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩3分
  • 阪急 中津駅 西出口から南へ徒歩9分

アップル歯科の治療は大阪・兵庫の8医院で受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺の歯科

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目3−9 EXCEL UMEDA 2F
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺の歯科

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

大阪府 枚方市周辺の歯科

枚方くずはアップル歯科

枚方くずはアップル歯科
  • 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • TEL072-856-5088

兵庫県 尼崎市周辺の歯科

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1階
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 伊丹市周辺の歯科

アップル歯科伊丹駅前

アップル歯科伊丹駅前
  • 伊丹市西台1-1-1 伊丹阪急駅ビル4階
  • TEL072-783-5777

兵庫県 神戸市中央区周辺の歯科

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top