ウォーキングブリーチ

HOME > 自由診療 > ホワイトニング > ウォーキングブリーチ

失活した歯の黒ずみ治療

ウォーキングブリーチとは

無髄歯・失活歯のように、歯の神経が死んでしまったことが原因で、その歯だけ黒くなってしまう「変色歯」は、一般的なホワイトニングでは白くなりません。

しかし「歯髄を失った」歯であっても、歯冠が残っている以上「削りたくない」という気持ちは患者様のみならず歯科医師も同じです。

そこで有効な治療の一つがウォーキングブリーチ(インターナルブリーチとも言いいます)です。ウォーキングブリーチは一般的なホワイトニングとは異なり、歯の内側から行うホワイトニングです。通常ホワイトニングは歯の表面に薬剤や光を当てて歯を白くしていきますが、ウォーキングブリーチは抜髄(神経を取る処置)を行った歯髄腔から直接アプローチするホワイトニングです。

神経を取った歯が黒くなる理由

無髄歯・失活歯が黒くなる原因はいくつかあります。

  • 一つは、死んでしまった歯髄がボロボロになったものと血液中の鉄分が象牙細管に入り込み、その成分が黒く変色するため。
  • もう一つは根管治療の際に血液の成分が根管内に入り込み、それが原因で黒く変色するため。

つまり、無髄歯・失活歯の黒ずみの原因は歯の内側が着色することで、それが透けて黒く見えているということです。そのため、一般的なホワイトニングでは効果が現れず、ウォーキングブリーチが有効になります。

ウォーキングブリーチの治療の流れ

  • 1

    まずは根管治療を行います。根管内を徹底的にキレイにしてあげることで、黒ずみの原因である血液・鉄分の付着した歯髄の残骸を取り除きます。

  • 2

    根管治療を行った根管から、歯の漂白剤を導入します。これを2〜3回、立て続けに繰り返すことで黒ずみが徐々に白っぽくなっていきます。

  • 3

    漂白剤を入れていた窩洞をキレイに洗浄し、コンポレットレジンという樹脂で根管を塞ぎ、形をキレイに整えて治療終了となります。

ウォーキングブリーチの治療例

Before


After


治療の内容 失活歯の黒ずんだ2歯をウォーキングブリーチにより改善を行った。
期間・回数 1ヶ月・4回(カウンセリング含む)
費用 自由診療:ウォーキングブリーチ✕2歯 合計 44,000円(税込)※根管治療費は別途
リスク・副作用
  • 歯質が弱い、あまり残っていない場合には適応できない場合があります。
  • 神経が生きている歯には適応できません。
  • お薬(漂白剤)の影響で歯が内部吸収を起こすおそれがあります。内部吸収を起こした歯は、割れるリスクが高まります
  • 治療中に漂白剤の影響で根管内の内圧が高まり、歯根破折を起こす可能性があります。
  • 治療中・内圧が高まるために痛みを覚えることがあります。
  • 治療後、白くなった歯でも後戻りすることがあります。
この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

5月12日から水曜日・お昼の休憩時間も診療します。詳細→診療時間変更のお知らせ

診療情報

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top