銀歯がむし歯になりやすいって本当?

HOME > 梅田wiki歯ディア > 銀歯がむし歯になりやすいって本当?

銀歯とむし歯の話

むし歯予防のためのメタルフリー治療

むし歯の原因

皆さんは、むし歯の原因が何かご存知でしょうか?

むし歯はお口の中の細菌・糖分・歯質が密接に関わり、発生し、これが時間の経過とともに進行していく病気です。この内の一つでもなくすことができれば、むし歯は発生しません。つまり、細菌を完全になくす事ができれば理論上むし歯にはならないことになります。

しかし、残念ながらお口の中の細菌は常在菌と言って完全に無くすことはできない菌なのです。

むし歯になりやすい歯とは

ですから皆さんはお口の中の細菌を0にするのではなく、なるべく歯に細菌がくっつかないように毎日歯磨きをしているわけです。しかし、どんなに歯磨きをしてもむし歯ができてしまうという人がいます。これは細菌がくっつきやすい歯の形をしていることが原因になっている場合が多いのです。

では、細菌がくっつきやすい歯の形とはいったいどのようなものなのでしょうか。

それはずばり銀歯です。銀歯が2時カリエス(むし歯の再発)になりやすいことは、様々な論文でも証明されています(※1)。

むし歯になりにくい素材

天然の歯はエナメル質という固い素材で覆われていますが、銀歯は金属ですがエナメル質に比べれば非常に柔らかく細かな傷がつきやすい性質です。その細かな傷に目に見えないほど小さな細菌が溜まり、結果として歯に付着する細菌が多くなってしまいむし歯のリスクを大きく向上させてしまうというわけです。

つまり、むし歯の予防として銀歯を外し、傷が付きにくい固い滑らかな素材を用いることがむし歯予防することにつながります。

その「硬い滑らかな素材」がセラミックです。セラミックは見た目が綺麗なだけでなく、むし歯予防に関しても大きく貢献しています。

※1)再治療の原因では二次う蝕によるものが多く,特にコンポジットレジン(78.2%),メタルインレー(72.4%)で著明であった

実際にお口の中の菌はどう変わる?

下の写真は、むし歯を繰り返すことでお悩みの患者様の治療前後の口腔内の菌の検査です。白い塊があると菌の存在を表しています。菌の数が多いと、むし歯のリスクは高くなります。

初診時



画像A:ミュータンス菌

画像A:ラクトバチルス菌

メタルフリー治療後



画像B:ミュータンス菌

画像B:ラクトバチルス菌

画像Aは銀歯が入ったお口の中の画像とむし歯菌の検査結果です。ミュータンス菌というのがむし歯の原因菌、ラクトバチルス菌というのがむし歯を進行させる菌です。写真には大きな塊がいくつもあり、むし歯菌が検出されていることがわかります。

この方はむし歯を繰り返すのが嫌で、銀歯を全て取りセラミックに変えられました。それが画像Bの状態で、むし歯菌がほとんど歯にくっつかない環境になったことがわかります。

つまり、お口の中の菌を減らすことに成功したのです。このように、銀歯をセラミックにかえることでむし歯を予防を行う事ができます。
※菌の数の減少にはメインテナンスの状態などの個人差があります。
※口腔内の状態は人によって異なるため、すべての患者様が同じ結果が得られるものではありません。

治療の内容 銀歯を除去して二次カリエスを削りセラミックによる補綴へのやり変え
期間・回数 約1ヶ月(短期集中5回)※通常は4ヶ月(10回程度必要)
費用 自由診療:セラミックインレー×10本 計450,000円(税込495,000円)
リスク・副作用
  • 二次カリエスが大きい(神経まで達していた)場合には、神経をとる必要があったり、治療後に知覚過敏が生じる場合があります。
  • 食いしばりが強い場合、セラミックのインレーが破損する恐れがあります。
  • セラミックインレーにしたからと言って、う蝕(むし歯)のリスクがゼロになるわけではありません。

歯医者がセラミックを進める理由

銀歯は1960年から始まった治療で、もうかれこれ60年以上前の治療となります。 60年前の医療といえば、ようやく抗生剤が使われ始めたころで世の中に感染症が溢れ、下水道等の公衆衛生も不十分であり、水俣病が流行した頃になります。予防の概念はもちろん存在しない時代です。その時代の治療法とほぼ同じ治療が現在も行われているということになります。

そもそも人間ドッグや予防接種のように、予防は保険診療には適用されません。そのためかどうかはわかりませんが、この銀歯を今でも歯科は保険診療として治療に使われています。

しかし、現在の歯科の考え方は「歯科疾患は予防が第一」というのが主流です。むし歯になりにくい環境を得るための手段として、セラミックはとても有効なのです。このように、歯科医師がセラミックを進めるのには、むし歯を作りたくないという考えが含まれています。いくら歯を磨いてもむし歯が再発してしまうという方、お口の中に銀歯はありませんか?もしその銀歯がむし歯の原因でどんどん大切な天然の歯質を削ることになっているのなら、セラミック治療について歯科医師に相談してみてはいかがでしょうか。

この記事の編集・責任者は歯科医師の幸田昇です。
タグ: , , ,

銀歯がむし歯になりやすいって本当? | 公開日: 2021/08/17 | 更新日: 2021/08/17 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top