歯垢除去率UP!歯垢デンタルフロスの正しい使い方

HOME > 新着情報 > 歯垢除去率UP!歯垢デンタルフロスの正しい使い方

デンタルフロスが必要な理由

歯ブラシだけでは落とせない歯の汚れ

「歯磨きはしているけれど、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助道具は使っていない」という方は少なくないようです(※1) 。「面倒だから」、「歯ブラシだけで十分」というお考えかもしれませんが、歯医者がフロスや歯間ブラシを推奨するには訳があります。

実は、歯ブラシのみの歯磨きではいくら頑張っても落としきれない汚れがあります。とくに歯と歯の間は毛先が届きにくく、食べかすを除去しづらい構造になっています。そのため、デンタルフロスや歯間ブラシ、あるいはその両方を併用することで、歯ブラシだけでは落とせない汚れを落とす必要があるのです。

ライオン研究所によると、歯垢除去率は歯ブラシのみ使用で58%、歯ブラシ+デンタルフロスで86%、歯ブラシ+歯間ブラシで95%という調査結果が出ています。(※2)

image

どちらがおすすめ?

デンタルフロスと歯間ブラシ

調査結果を見ると、歯垢除去率が最も高いのは歯間ブラシですが、歯の隙間が狭い場合は歯ぐきを傷つけてしまう可能性があるため、無理に歯間ブラシを通さないようご注意ください。

歯と歯が接している面などの隙間が狭い部分はデンタルフロスを、歯の根元まわりなどの比較的、隙間が広い部分には歯間ブラシを使用するなど、使い分けることが重要です。

もちろん、歯ブラシ+デンタルフロスだけでも歯垢の除去率は大幅に上がりますが、できれば歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシの3つを併用することが、最も多くの歯垢を除去できる方法ということになります。

image

※1)全世代における歯間清掃用具の使用状況は、デンタルフロスで「常時」使用が30%、「常時+時々」使用が43%、歯間ブラシで「常時」使用28%、「常時+時々」使用が56%であった。

※2)参考

デンタルフロスには2種類のタイプがあります

ホルダータイプ(Y字タイプ、F字タイプ)

プラスチックの持ち手に糸が付いているタイプで、片手で使えるところが便利です。ホルダータイプの中にも「Y字タイプ」と「F字タイプ」の2種類があります。

Y字タイプは前歯に、F字タイプは奥歯に使用しやすい形にはなっていますが、歯並びなどによって詰まりやすい場所も違えば、ご自身の得意・不得意もあると思いますので、ご自身が使いやすい方をご使用下さい。

image

ロールタイプ(糸巻きタイプ)

使用する分だけフロスを切って使用するタイプです。最初は使いづらいと感じるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。コンパクトな物が多く、持ち運びがしやすい上に、ホルダータイプよりも経済的である場合が多いです。

ロールタイプには糸にワックス加工が施しているタイプとそうでないものがあります。ワックス加工がされているものは、滑りが良いため歯間に糸をいれやすく、ノンワックスは糸の繊維がバラけることで歯垢をしっかりとかき出せるという特長があります。

フロスに慣れるまではワックス加工されているタイプのほうが使いやすいとは思います。また、唾液や摩擦で糸が膨らむエクスパンドというタイプもあります。糸が膨らむことで広い範囲の汚れを除去できる長所はあるものの、歯間が狭いと糸が抜けなくなってしまうこともありますので注意が必要です。

image

どのタイプのデンタルフロスがおすすめ?

ご自身に合ったものを見つけましょう

デンタルフロスにもいくつか種類があるため、いくつかのタイプを試していただいた上で、ご自身の歯に合ったものをお選びいただくと良いかと思います。あるいは、歯科治療や検診時に、歯科医師や歯科衛生士に相談していただければ、あなたのお口や歯磨きの状態に応じた提案もできるかと思います。

歯科医師や歯科衛生士のTBI(歯磨き指導)では、デンタルフロスを使用することも多いので、歯磨きに合わせてデンタルフロスや歯間ブラシの方法についても学んで頂ければ、セフルケアの状態はより良くなると思います。

image

デンタルフロスの使い方(清掃方法)

手順1

準備

image

①デンタルフロスの糸を、歯と歯の間に当てます。

手順2

糸の入れ方

image

②ノコギリを使うように、優しく糸を前後に動かし、歯と歯の間に入れます。

手順3

清掃

image

③糸が入ったら、歯の側面に沿って上下左右に動かして汚れを除去しましょう。

デンタルフロスを使用する際の注意点

image

①歯ぐきを傷つけないように気をつけましょう

強い力で歯ぐきにあたると歯ぐきが傷つき、出血する場合もあります。糸を動かす際は、歯ぐきには触れないようにご注意ください。 また、糸が入りにくいからといって力を入れすぎないよう気をつけましょう。糸を入れる際は、「ゆっくりかつ優しく」を心がけてください。

使い方を誤ると、かえって歯周病などの原因につながります。

image

②使いまわしは避けましょう

使用済みのデンタルフロスは、繰り返し同じものを使い続けることは衛生的にも効果的にもおすすめできません。

一見綺麗に見えたとしても、目に見えないほど小さな細菌が残っている可能性もありますし、一度の使用で繊維が解けたり摩耗することで歯垢除去力が落ちている可能性があります。

歯間ブラシの場合はくり返し使えるものもありますが、使用後はしっかり洗浄・乾燥することが大切です。交換するタイミングは製品によって異なりますので、パッケージの商品説明をよく読んで使用しましょう。

image

③就寝前の使用がおすすめ

お口の中の細菌は、就寝中がもっとも繁殖してしまうため、寝る前には必ずフロスを使用して歯磨きをしましょう。毎食後使用しても良いものですが、せめて就寝前の歯ブラシ時だけでも使用していただくことで虫歯のリスクは抑えることができます。

歯間ブラシはデンタルフロスほど使用する頻度は高くなくても良いですが、1日1回、できれば就寝前の歯ブラシが良いと思います。

歯の汚れをしっかり落として虫歯を予防

健康な歯を末永く保つために

デンタルフロスと歯間ブラシを使用すると、歯磨きにかかる時間が長くなり、億劫に感じてしまう方もおられるかもしれません。 それでも、歯の汚れや歯垢を磨き残してしまうと、虫歯や歯周病を引き起こす原因となります。

歯磨きの時間が億劫なら、虫歯や歯周病で月に何度も歯医者に通うことは、もっと面倒なことではないでしょうか。時間をかけてでも日頃のメインテナンスしっかりと行っていただき、歯を大切にしていただければ幸いです。厚生労働省の調べでは、年齢が80歳になっても歯が20本以上残っている方の割合は51.2%という結果がでています。(※3)

つまり半数近くの方が何らかの理由で、80歳で8本以上の歯を失ってしまうということです。歯を失う理由はむし歯が29.2%、歯周病は37.1%というデータからもわかるように(※4)、継続的にお口の中の細菌を減らすことはとても大切だといえます。また、セルフケアに加えて、歯科検診も定期的に行くことで歯を失うリスクを大幅に軽減することができます。

image

※3)参考:

※4)歯が失われる原因で最も多かったのが「歯周病」(37%)で、以下「むし歯」(29%)、「破折」(18%)、「その他」(8%)、「埋伏歯」【注】(5%)、「矯正」(2%)の順でした。

この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。
タグ: , ,

歯垢除去率UP!歯垢デンタルフロスの正しい使い方 | 公開日: 2022/06/28 | 更新日: 2022/06/28 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top