治療した歯がしみるワケ

HOME > 梅田wiki歯ディア > 治療した歯がしみるワケ

むし歯を取ったのに歯が痛むのはなぜ

むし歯治療後に歯が痛む?

多くの人ができれば受けたくない「むし歯の治療」。がまんして治療したのに、家に帰ってしばらすくすると「ズキズキ」としみ始めた。メール相談やLINE相談にはそんな方からの相談がよく来ます。運良く神経を残すことができても、患者さんからしてみれば「なんで治療したのに歯が痛むの?」「むし歯が残ってるんじゃないの?」と思われるのも仕方がありません。

しかし、ほとんどの場合は問題がないことが多く、むしろ仕方がない痛みなのです。そしてそのために治療後に「痛み止め」を処方されていると思います。

では、その痛みの原因は何なのでしょうか?そしてどうすれば良いのでしょうか?

治療後も神経が残っている場合

むし歯治療後も運良く神経を取る処置を回避出来た場合で、治療した歯が痛むのは、歯質が薄くなり、神経までの距離が短くなったためです。私たち歯科医師は、MI(ミニマルインターベンション:治療の最小介入)という考え方のもと、まずはむし歯を出来る限り小さく削ることを考えます。しかし、ある程度まで進行してしまったむし歯の場合、その広がりを抑えたり、しっかり詰め物で蓋をする形状にするため、やや大きめに削らざるを得ない場合もあります。

このとき、時には歯の神経の近くまで削ることがあります。もちろん露髄といって、神経が切削面から出ていないことは確認していますが、薄くなった歯質は刺激を伝えやすくなり、噛んだときの衝撃や食べ物・飲み物の熱に過敏になってしまうのです。特に金属の修復物を選んだ場合、熱を伝えやすいという性質から、熱いものや冷たいものを口に入れるとしみたり痛みを感じたりする症状がでやすいと言われています。

神経を取る処置をした場合

むし歯が神経にまで達し、神経を抜いた歯の場合、「神経を失ったら痛みは感じない」と思う方も多数おられるようです。しかし、歯の神経というのはその下の組織にまでつながっていて、抜髄というのはそのつながった神経を切り取る処置でもあります。そのため、神経の切断面がお口の中にある以上、切り取られた痛みが残ってしまうのです。

そして、むし歯は菌による病気です。その菌が歯の中で悪さをして、炎症を起こすことで痛みや腫れ、化膿を引き起こします。つまりこの菌が残っているうちは、炎症や痛みが続いてしまいます。

しみたり痛み収まる時期は

神経を残した治療(詰め物)の場合、しみたり痛みが収まるまでに約2週間から長ければ2ヶ月程度かかってしまう方もおられます。削った歯の上に「第二象牙質」という新しい象牙質が形成されるまでの期間です。ほどんどの場合はそれで治まりますが、中には数%ですが痛みが治まらず、抜髄という神経を取る処置が必要になってしまう方もおられます。

神経を取った歯の場合、根管という神経があった部分が無菌状態になっていれば一週間程度で痛みは治まってきます。しかし、精密な根管治療ができていなかったり、根管の内部がキレイに洗浄されていなかったり、肉眼では見えない根管があった場合などは、痛みが続き、再治療を要することもあります。可能であれば、マイクロスコープや柔軟性・強度のあるファイル(神経を取る道具)を使った根管治療をお願いできれば、そのリスクは低くなります。

治療した歯が痛いときの注意点

まずは治療後の歯科医師の話に耳を傾けて下さい。「このあと痛みがでることがあります」とか、「痛くなったらお薬を飲んで下さい」などの説明があると思います。例えば当院の場合、「治療した歯がしみるとき」というリーフレットをお渡しすることで、痛みがでることを想定してご説明しています。

また、お薬は歯科医師の指示に従って飲むようにしてください。お薬は痛み止めだけではなく、炎症を抑えたり細菌の増殖を抑制したり殺したりする働きのあるお薬をお渡しすることもあります。この場合、継続して飲むことでしっかりその効果が現れるものですので、「痛くないから」「出来る限り薬には頼りたくない」などの理由で独断で飲むのを止めてしまうと、しっかりお薬が作用せず、再発したり炎症を起こしたりすることもあります。

特に、神経を取る処置を行った後とういのは、歯に大きなダメージを追った状態です。万が一「痛みがない」場合でも、その歯は傷を追っていることを考える必要があります。また、治療しているところからバイキンが入ると、更に炎症を起こしたり、今度は歯の根の先端に膿袋ができてしまうこともあります。お薬もそうですが、治療を途中でやめることは絶対にせず、最後まで治療に通うようにして下さい。

ここまではあくまで「治療がきちんとできている」ことを前提としていますが、中にはそれ以外の原因で痛みが出る場合があります。薬を飲んでも痛みが治まらない場合や、激しい痛みがある場合、長期間痛みが続く場合などは遠慮せずに担当医に相談しましょう。

(参考)当院がお渡している資料

この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。
タグ: , ,

治療した歯がしみるワケ | 公開日: 2021/09/01 | 更新日: 2021/09/01 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top