デジタル歯科検診(自由診療)

HOME > 一般診療 > 定期検診・予防歯科 > デジタル歯科検診(自由診療)

お口の中の見えない部分の検診

デジタルデンタルドック

デジタル歯科検診とは

デジタル歯科検診とは、様々なデジタル診断装置を使い、目では確認できない歯の状態や歯槽骨(歯を支える骨)の状態を確認し、現在発生しているお口のトラブルや、今後発生し得るお口のトラブルを予測し、治療や予防につなげるための検診です。

例えば、目視では確認が難しい隣接面の隠れたむし歯、萌出していない親知らずの生え方やむし歯の有無、咬み合わせによる歯のすり減りの状態や今後考えられるトラブルなど、通常の検診では確認が難しい疾患や問題を、デジタル機器の機能を使って徹底的に調べる検診です。検査後はデジタル検診でわかったことをカウンセリングにてご説明し、治療や対策が必要であればその方法を一緒に検討していきます。

精密診断装置による検査

デジタル歯科検診の内容

歯科用コーンビームCT

低被ばくの歯科用CTで、歯根や顎の骨の状態を立体的に確認できる診断装置です。

デジタルレントゲン

口腔内全体を撮影できるパノラマレントゲン・頭部X線写真など、骨や骨格を確認します。

光学式口腔内スキャナー

歯型・咬合状態や隣接面う蝕のDATA化、歯並び診断も可能な口腔内をDATA化するスキャナー。

検診結果をお伝えします

検診後のカウンセリング

検診のあとは全てのデジタルデータから治療の必要性、患者様ごとに必要な治療、現在の状況をご説明致します。

デジタルデータを活用することにより、今後起こり得るリスクや気をつける点、セルフメインテナンスの注意点などもより詳しく読み解くことが可能となります。

検診により治療が必要になった場合は、保険・自由診療を含めた複数の治療計画を歯科医師からご提案致します。

デジタル機器の安全性

歯根や骨の内部、顎・血管・神経の状態を3Dで確認

歯科用CT診断装置

歯科用CTは放射線を使った断層撮影です。お口の周りの診断に特化していますので、医科(全身)のCTよりも高い解像度で、歯や歯を支える骨、顎関節等の情報を詳細に診ることができます。

CTというと気になるのは被ばく量ですが、歯科用CTの被ばく量は、およそ0.1ミリシーベルトという比較的低被ばくの照射となります。具体的な例えでいうと、東京〜ニューヨーク間の高度による宇宙線が0.2ミリシーベルトと言われていますので、その半分の被ばく量ということになります。パイロットや客室乗務員さんが月に何度もフライトをされていることを考えれば、問題のある放射線量とは言えないということがわかるのではないでしょうか。とはいえ、何度も撮ることは身体に良いことではありませんので、直近で医科用CTを撮影された方や、妊婦の方の場合はお控え頂くこともあります。

歯の状態や骨の中の異常、下歯槽神経を確認

デジタルレントゲン

デジタルレントゲンはCTと同じくX線を照射することによって歯や歯を支える骨の状態を確認する資料になります。

放射線量は、パノラマレントゲンで0.03ミリシーベルト、デンタルレントゲンで0.01ミリシーベルトと、歯科用CTに比べても遥かに低い被ばくとなります。妊娠中の方であっても胎児に問題がでるような被ばく量ではないため、妊婦さんの治療や検診時も必要であればご説明の上撮影を行います。

お口の3D模型による咬合状態やう蝕診断

光学式口腔内スキャナー

光学式口腔内スキャナーは、通常歯型をデジタル形式で取得するために使用する機材です。当院が使用するiTero5Dという機種には、この印象という歯型を取る機能以外に、肉眼では発見しにくいむし歯を見つけたり、歯石やプラークをモニターで確認したり、咬み合わせの状態・歯のすり減り具合を確認したり、歯の矯正のシミュレーションや歯列矯正を管理する機能が備わっています。

iTero5DはレントゲンやCTのようにX線を使用せず、近赤外線(Niri)という赤外線によって歯の内部構造をスキャンしますので、ほぼリスクのない検査となります。また、口腔内の測定(印象)や口腔内写真、咬合クリアランスツールなど、一度のスキャンで全て活用できますので、患者さん自身の負担も少ないスキャナーとなります。

iTero 5Dで出来ること

3Dデジタル印象

口腔内の状態を測定し、3Dデータとして読み取る、デジタル印象(模型)です。

隣接面う蝕の診断

肉眼では確認が難しい隣接面のむし歯を近赤外線を使って投影します。

歯垢・歯石の確認

口腔内カメラ機能を使い、磨き残しや歯石を口腔内写真から確認します。

歯並びシミュレーション

マウスピース矯正による歯並び改善の予測や矯正の管理が可能です。

咬合クリアランス

咬み合わせによる歯の擦り減りや咬合の状態を確認することができます。

タイムプラス

定期的に撮影することで時間経過の変化を比較する事ができます。

デジタル歯科検診の費用

デジタル歯科検診一式(60分)

  • 10,000円+税
  • 自由診療
  • 口腔内スキャナー・レントゲン・CT・歯科医師による検診
この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。
タグ: , ,

デジタル歯科検診(自由診療) | 公開日: 2020/12/15 | 更新日: 2020/12/15 | by アップル歯科尼崎駅前

このページの関連記事

梅田アップル歯科

  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビルディング5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2021年1月26日開院

休診日:水曜・日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top