矯正するべき?口ゴボだけど歯並びはいい

HOME > 梅田wiki歯ディア > 矯正するべき?口ゴボだけど歯並びはいい

出っ歯・口ゴボだけど歯並びは悪くない人に

口ゴボと叢生は異なる不正歯列

そもそも口ゴボとは口元が「モコッ」と膨らんだ顔貌の方を言います。その原因は、顎の大きさや習癖によって歯が生える向きが前突してしまう上顎前突上下顎前突という不正歯列の場合や、口元の軟組織が分厚いなど、軟組織が原因の場合が考えられます。

一方の叢生というデコボコ歯並びは、顎が小さいために歯がまっすぐ並ばない場合や、乳歯が早く抜けてしまった場合などに、乳歯の移動により歯が生えるスペースが奪われたことが原因で起こることもあります。

口ゴボは不正歯列が原因でない場合もありますが、もし上顎(上下顎)前突という不正歯列の場合、叢生(デコボコ)を併発する場合もあれば、歯の並び自体はキレイに並んでいる場合もあります。

この場合、「歯並びは悪くない」ように見えるため、矯正をするべきか、あるいは矯正をした方が良いのかどうか、悩まれる方も多くいらっしゃいます。

正面からだと気にならない歯並び

横から見ると前歯が出ている

口ゴボは治療した方が良いの?

口ゴボだけど歯並び通い場合、「不正歯列ではない」という思い込みを持ってしまうと、不正歯列のリスクを持ったまま生活してしまうことになります。

もし、口ゴボの原因が上顎前突・上下顎前突の場合、以下のようなリスクがあることを理解しておく必要があります。

  • 奥歯を失いやすい(構造上奥歯をよく使うため)
  • 前歯を折りやすい(転倒や衝突時にぶつけやすい)
  • 虫歯・歯周病になりやすい(口が閉じれず口腔内が乾燥し、菌が繁殖しやすい)
  • 顎関節症になりやすい(奥歯や顎に負担がかかりやすい)

口ゴボ(出っ歯)は必ずしも治療しなければならないわけではありませんが、見た目以外にもリスクのある不正歯列です。もし、治療するべきかどうかお悩みなら、歯科医師と相談してから決めるのも良いかもしれません。

歯並びは良くても口ゴボになる原因と対策

骨格の問題

上顎の歯が並ぶ骨が狭いために下顎が前に成長できない場合など、骨の異常による「骨格性」と呼ばれる上顎・上下顎前突による口ゴボです。そもそもの骨格が原因の場合も多いですが、顎の成長は幼少期に硬いものを食べなかったり、顎をしっかり使えていなかったなど、食生活や習慣によって成長が抑制された場合もあります。

骨格の問題であっても矯正治療で改善出来る場合もありますが、場合によっては外科矯正という顎の骨を切る手術が必要なこともあります。

歯の向きの問題

前歯の傾斜による出っ歯・口ゴボです。歯槽性上顎前突と言って、骨格の問題ではなく歯の生える向きの問題です。幼少期の指しゃぶりや、口で息をする口呼吸が原因の場合、舌で歯を前に押す「舌癖」などが原因で起こる、主に後天的な上顎前突です。

治療法としては主に歯列矯正が有効です。ただし、習癖が原因の場合、矯正後の後戻りに拍車をかける場合もありますので、習癖(指しゃぶりや爪噛みなのどのくせ)や舌癖(舌で歯を押したり舌の不正なポジション)なども改善する必要があります。

唇・軟組織の問題

歯や骨の問題がなく、唇が分厚い・口元の皮膚が厚い場合の口ゴボです。また、逆に顎の軟組織(皮膚や筋肉)が薄い場合もかえって口がモコッと見える場合もあります。ダイエットや表情筋のトレーニングで変わることもありますが、遺伝的な口唇の厚みや顔貌は改善が難しいこともあります。

口唇や皮膚は歳を重ねると薄くなる場合もありますが、どうしても改善したい場合は、歯列矯正である程度口元を引っ込めたり、美容整形を検討する必要がある場合もあります。

口ゴボ・出っ歯を歯列矯正で治す方法

歯を後ろに送る

歯を奥歯から後ろに送ることで、突出した前歯を引っ込める方法です。ただし奥に送れる距離には限界があります。

歯を小さくしてスペースを作る

歯を少しずつ削るストリッピングという技術を使い、数ミリずつの隙間を作り、歯を内側に引っ込める方法です。

抜歯をしてスペースを作る

歯を抜いてそのスペースを利用して突出を下げる方法です。一般的には4番目の歯を抜歯することが多いです。

外科矯正をする

上顎の歯を抜いて骨ごと切り取って移動したり、下顎の骨を切り離し、下顎を前に移動する手術による矯正です。

口ゴボ・出っ歯は自分で治せる?

残念ながら口ゴボをご自身で治療することは、概ね無理だと思われます。概ねというのは口ゴボの原因が「軟組織」であり、且つ軽度の症例である場合なら、表情筋のトレーニングやダイエットで改善出来る場合がありますが、おそらく口ゴボで悩まれている方のほとんどは、この症例に該当しない方のほうが多いと思います。

口ゴボを治すためには、まず歯科(矯正歯科)による矯正治療や、場合によっては美容整形が必要となります。

ただし、口ゴボの原因を改善するためにはご自身のご協力が必要です。習癖や舌癖の改善をするトレーニングは、口ゴボの治療の際に是非ご協力下さい。

口ゴボの矯正方法

もし口ゴボが矯正治療で治る場合、どんな治療の選択肢があるの?

マウスピース矯正

マウスピース型矯正装置は「出っ歯が苦手」とされていたこともありましたが、現在では多くの上顎(上下顎)前突の症例に対応可能です。ただしそれでも症例によっては難しい場合もあります。

ワイヤー矯正(表側)

一般的に皆さんが想像される矯正装置です。ほとんどの不正歯列に対応可能な矯正装置で、上顎(上下顎)前突の治療実績も現時点で最も多い装置と言えます。

ワイヤー矯正(裏側)

裏側矯正は奥から歯を引く力をかけていくことが可能なため前歯を引き込みやすく、前突の治療に適した治療です。ただし滑舌や痛みの問題などもあるため、他の矯正より耐える覚悟は必要かもしれません。

私の口ゴボは歯医者で治る?

口ゴボで悩まれている方の多くは、その治療をどこにお願いすれば良いかわからないという方もおられます。また、ご自身では「骨格性なのか」「歯槽性なのか」「軟組織の問題なのか」わからず、歯列矯正で治療ができるかどうかわからないと言う方もおられます。しかし、それは歯科医師が見ればわかることですので、ご自身で悩まれる必要はありません。まずは相談だけでも受診して下さい。

口ゴボの方の多くは歯列矯正で治療が可能ですが、外科矯正が必要な場合や、歯や歯列以外が原因の場合もあります。

いずれにしても、相談にお越し頂ければ無碍に歯科で改善が可能なのか、どの程度までお手伝いができるのか、どんな選択肢があるのかなど、色々お伝えすることができます。

口ゴボを治したい、口ゴボで悩んでおられるなら、まずはお気軽に相談のつもりでお越し下さい。

この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。
タグ: , ,

矯正するべき?口ゴボだけど歯並びはいい | 公開日: 2022/07/13 | 更新日: 2022/10/13 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

大阪府 枚方市周辺で歯科をお探しなら

枚方くずはアップル歯科

枚方くずはアップル歯科 枚方くずはアップル歯科
  • 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • TEL072-856-5088

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top