矯正装置の種類

HOME > 自由診療 > 矯正歯科 > 矯正装置の種類

選べる矯正装置

矯正を始めることになったら

どんな矯正装置があるの?

歯列矯正を検討する上で、患者様にとって大きな選択のひとつが装置の種類になります。矯正装置にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴や適応症例があります。

アップル歯科では、できるだけ患者様のご希望に添える装置がご提案できるよう、複数の装置を導入しています。

矯正治療は一度始めれば短くても半年、平均2〜3年程度は使用し続けるもので、なかなか途中で変更できるものでもありません。

「見た目に目立たないもの」「痛みが少ないもの」「治療期間が目立たないもの」等、患者様のご希望に即し、且つ歯科医師側から患者様の症例に適した装置をカウンセリングにて相談しながら決めていきましょう。

もちろん「この装置で矯正したい」というご希望もにも最大限添えるよう治療計画を検討しますので、お気軽にご相談下さい。

特徴ごとの種類

アップル歯科で取り扱う矯正装置

マルチブラケット矯正

主な特徴

もっともポピュラーな矯正装置です。一昔前までは歯につける器具(ブラケット)が銀色のものが主流であったため、それが嫌で矯正に踏み切れない方もおられました。現在では白や透明で目立ちにくいものが主流となっています。固定用ゴムも透明からカラフルなものまで多種多様なバリエーションから選択可能です。

舌側矯正

主な特徴

歯の裏側にブラケットという矯正装置を着けるオーダーメイドの矯正装置です。見えない矯正装置とも呼ばれるほど、見た目の印象を変えることなく矯正できる装置です。ただし、裏側にブラケットがあることによって滑舌に問題が生じやすいため、下顎を表側にプラケット着けるコンビネーション矯正などのオプションもあります。

マウスピース型矯正装置

主な特徴

ほとんど透明で目立たないマウスピースを使った矯正です。他の方法と違うのは、マルチブラケットやワイヤーを使わないことであり、自身でステップに応じて装置を切り替えていきます。また、取り外しが可能なことも大きなメリットですが、患者様ご自身の協力がなければ歯が動かないため、デメリットにもなり得ます。

スタンダードな矯正

マルチブラケット装置の種類

現在のところ最も多くの治療実績がある矯正装置です。スタンダードな形で、「矯正」というとこの形を思われる方も多いと思います。

適応症例が最も多い矯正で、あらゆる不正歯列・咬合の治療に対応可能です。ただし、綿密な治療計画と管理を要するため、矯正医の技術力も必要とされる装置でもあります。

クリアブラケット

透明のマルチブラケットを歯に貼り付けて、ワイヤーの矯正力で歯を動かします。ワイヤーも白にすることができますが、カレーやコーヒーなど、食品により着色してしまうとかえって目立つ場合もあります。

メタルブラケット

金属のメルチブラケットを歯に貼りつけて、ワイヤーの強制力で歯を動かします。銀色のブラケットに抵抗があり、希望される方は多くありませんが、費用を少しでも浮かせたいという方にはご提案可能です。

見えない矯正

舌側矯正の種類

舌側矯正は歯の裏側にマルチブラケットを着けるため、正面から見ても矯正装置が見えません。

装置にはインコグニート・ハーモニー矯正などのメーカーによる違いがありますが、どちらもカスタムメイドで患者様ごとにブラケットが作られます。マルチブラケット矯正と同じく、矯正医の技術力が不可欠です。

舌側矯正

両顎とも舌側(歯の裏)にマルチブラケットを装着します。ブラケットは見えませんが、滑舌の問題やお痛みが生じることもあります。

コンビネーション矯正

目立ちやすい上顎は舌側(歯の裏)、目立ちにくい下顎は唇側(歯の表)にブラケットを装着することで滑舌への影響を抑えます。

着脱可能な透明矯正

マウスピース矯正の種類

現在のところ最も多くの治療実績がある矯正装置です。スタンダードな形で、「矯正」というとこの形を思われる方も多いと思います。

適応症例が最も多い矯正で、あらゆる不正歯列・咬合の治療に対応可能です。ただし、綿密な治療計画と管理を要するため、矯正医の技術力も必要とされる装置でもあります。

インビザライン

無色の薄いマウスピースを段階ごとに付け替えることで歯を並べていきます。インビザラインには全顎的なインビザラインフルと部分的なインビザラインGOがあります。

ASOライナー

軽微な叢生や歯の移動、矯正治療後の後戻りに対する治療として使用するマウスピース型の矯正装置です。費用は多少抑えられますが、大きな歯の移動には適していません。

この記事の編集・責任者は歯科医師の丸尾瞳子です。
タグ: , ,

矯正装置の種類 | 公開日: 2020/12/16 | 更新日: 2021/06/04 | by 梅田アップル歯科

このページの関連記事

医院情報

梅田アップル歯科
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル 5階
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

5月12日から水曜日・お昼の休憩時間も診療します。詳細→診療時間変更のお知らせ

診療情報

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR大阪駅 から徒歩3分(御堂筋出口から北へヨドバシカメラ超えてすぐ)
  • 阪急大阪梅田駅 茶屋町口から徒歩1分(御堂筋「芝田1」交差点渡ってすぐ)
  • 地下鉄梅田駅 5番出口を出て北へ徒歩2分
  • 阪急中津駅 西出口から南へ徒歩9分

他のエリアのアップル歯科で治療を希望される方へ

その他のアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2021 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top